2019年01月25日

マヤ暦終焉の意味

 2012年12月21日は、マヤ暦の終焉とされ、その時には、地球はいったいどうなるのだろうか?とか、終末論まで飛び交っていました。




 では、いったいマヤ暦は、なぜその日を境に終焉しているのでしょうか。




 以前から申し上げているように、今まで私たちの住んでいる太陽系が銀河のディスクの下を回っていましたが、その日を境に上に移行したのです。




 それは、人類の意識が二極性を持つ分離した世界、物質世界から二極性がはっきりしなくなる融合への世界へと向けられることになったのです。




 分離や対立よりも調和の時代です。そして、人類は、宇宙の真理へとより深く導かれるようになります。まさに、今が変化の時代です。




 変化の時代の兆候として、世界各国での争いや地震や噴火などの変動が起きています。また、人々の欲望が渦巻いていて、一見世界が崩壊しつつあるように思えます。

 

 しかし、これらは、今までの地球の分離から融合へのエネルギーの変化を現わしていて、地球の様々な変化は、人類の意識と大きく関係しています。




 そして、抑圧されている人間のエネルギーやカルマが浮上した時に、地震や火山の噴火が起きてきます。




 融合へのエネルギーに自分の意識をつなぐためにも、まず、自分自身を愛することです。自分を愛することなく、人を愛することはできません。そして、愛と奉仕の精神をもって生きることが大切です。




 


これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。


★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページを御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。


 
posted by realistictime at 11:32| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

人間誕生のなぞ

自分という人間のルーツを深く知るためには、現在の物質世界の視点を離れて、宇宙的な視点で見つめる必要があります。




 私たち人間の祖先は、宇宙からやってきました。





 地球外からきた宇宙の祖先は、ヒューマノイド、人間型でした。





 聖書の中にもあるように「神は人間を自分の姿に似せてつくった」とあるように、宇宙の祖先たちは、地球上で遺伝子的に進化させ、知的生命体である私たち人間を創ったのです。





 「神」という表現よりも、むしろ私たち人間を創った宇宙の存在は、人間を自分たちの姿に似せて創ったという表現が適切だと言えます。





 私たち人間を創った地球外から来た宇宙の祖先は、地球上の知的生命体である人間の意識が進化することによって、彼らもまたよりアセンションでき、宇宙との統合がより深くできるのです。それが人類創造の動機です。













これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。


★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページを御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 07:14| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

人間のDNA(遺伝子)の起源

現在に至るまで、人間は本当の自分の起源をいうものを知りません。
 両親の組み合わせのDNAを持つ体を与えられて人間が誕生します。
...

 物質的には、両親から人間が誕生すると多くの人が考えていますが、一人ひとりのDNAには人間の宇宙の起源が刻まれています。

 一人の人間には、その人独自の一種類のDNAだけが存在します。ですから、一人ひとりに個性、つまり、性質や気質、習慣などの特性が存在します。

 しかし、DNA内にヒストンというタンパク質が存在しますが、どんな環境にあっても決して変化しないそうです。DNAは、単に遺伝的性質を子孫に受け渡しているだけではなく、人間の宇宙の起源の情報を代々残しているのです。

 人間のDNAは、宇宙から来たものであり、広大な宇宙の一部であること、つまり宇宙とのつながりを忘れないように一人ひとりのDNAの中に刻まれています。









これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。


★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページを御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

posted by realistictime at 06:41| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

宇宙とのつながりを持つ

私たちの住んでいる太陽系は、銀河のディスクの外側にあり、銀河の周りを周期的に回っています。この周期は2万6000年です。マヤ暦では、この2万6000年周期が2つに分かれています。
 つまり、太陽系が銀河のディスクの下半分を回るのに1万3000年かかり、上半分を回るのに1万3000年かかります。過去地球に存在したアトランティス文明は太陽系がディスクの下を回り始めたときにはじまった文明です。
...

 太陽系が銀河のディスクの下を回る時期には、宇宙とのつながりを忘れている時期で、高度文明を謳歌したものの、分離と二極性に支配された文明でした。

 地球は、今このアトランティスの周期を終えて、銀河のディスクの上に浮上している時期です。つまり、マヤ暦の終わり、2012年から地球は新しく変わってきているのです。太陽系がディスクの上側に移動する時期は、銀河全体の電磁エネルギー、つまり強い宇宙エネルギーを受けるので、古い構造が崩れて、分離ではなく、統合、そして、新しものが生まれます。

 銀河のディスクの上か下かを通る違いによって、太陽系は異なるエネルギーを体験し、地球の文明の興亡や衰退とも大いに関係しています。

 新しい時代の変化の波についていくためには、意識の変容、つまり、宇宙とのつながりを持つことが大切です。一人ひとりが宇宙エネルギーとコミットするための時を持つことが重要です。








これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。


★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページを御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。








posted by realistictime at 23:04| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

願いごとを成就するには

 明けましておめでとうございます。




 今年もよろしくお願いします。




 新年を迎え、皆様多くの希望や夢、そして、願いがあると思います。喜びや幸せな人、悲しみや苦しみの中にある人、人それぞれ取り巻く環境は違います。




 しかしながら、どのような環境の中にあっても、新年を迎え、ネガティブな気持ちよりもポジティブな気持ちを持ちたいと思うのが人としての感情ではないでしょうか。




 では、どのようにしたら自分の願いや希望、夢を成就することができるのでしょうか?




 年頭に当たって、その秘訣を僭越ながら述べたいと思います。




 私は、去年末に、「初詣の願いを祈り」という本を著者の柳瀬広秀先生から直接戴きました。

 

 では、早速その本から引用させていただきます。「」の箇所は、本からの引用文です。その間に私の考えや意見を入れさせていただきました。




 「初詣で行う”願いごと”を”祈り”に変えることができれば、日本は変わるのではないでしょうか。初詣で行う”願いごと”が、地球のための、宇宙のための”祈り”にそのクオリティーが変わったとき、何千万人の日本人の”祈り”がすごいエネルギーを持つことを想像することができないでしょうか?」




 たぶん、多くの人が驚かれたと思います。願いごとを祈りということになぜ変えるのか?と。次の引用文でその謎解きができます。




 「”祈り”とは(意+乗り)。自分のためだけの願いに対して、多くの人が、賛成できる(乗れる)、願い(意)、思い、考え、神様も(乗れる)願いを、”祈り”だと考えます。」




 本来、日本人が初詣で行う願いごととは、神様への祈りだったのです。つまり、神様が乗れる、賛同していただけるような願い、思い、考えです。それなのに、私もずっと子供の時から、自分のエゴの入った願いごとばかりを初詣でしてきました。本を読んで、私の神様への願いごとの内容が間違っていたことに気づかされました。




 「”願い”は、自分だけのための願いになったときに、それは”祈り”ではなくなり、争いを生み出すものになり、カルマの原因になります。”願い”は自分のための”願い”に向かい、すべての考えや、思いの中心が、自分のため、利益のため、お金のためにならないでしょうか?そして、社会の仕組みが、そうなりがちになっているのではないでしょうか?」




 今まで初詣で願掛けをしても、願いが成就しなかったのは、自分のためにだけの願いだったからです。エゴや欲得の入った願いでした。人間の魂は輪廻転生します。人生は、今世だけではありません。必ず来世に生まれ変わります。来世において、幸福になりたかったら、自分のことばかり考えずに、人のため、地球のため、神様のために友愛と奉仕の精神を持つことが大切です。自分のことばかり願っていたら、それは、カルマとなって、来世で不幸な生き方しかできなくなります。




 「初詣は、新しい年を迎える儀式として、日常の時間を離れ、神社や仏閣に詣でて宇宙の本質と心の本質に触れるための日本人の所作です。その時、地球が見えたら、地球上のすべての人の姿が見えたら、環境破壊が見えたら、宇宙が観えたら、自然の有機的秩序を観じたなら、自分のためだけのご利益という概念は消失していきます。エゴの願いは自動的に、人のため、社会のため、自然のため、地球のため、宇宙のための願いに変わり始めます。」




 結論として、願いを成就するためには、自分のための祈り、エゴの願いではなく、人のため、地球のため、宇宙のための願いに変えることです。それが、願いごとを成就するための秘訣です。

 

 たとえば、人の病を治す手伝いをし、人を助け、救いたいからナースや医師になりたいという願い、また、貧困に喘ぐ世界の子供たちを助けたいから一生懸命働く、そして、環境破壊から地球を救うための研究や奉仕をしたいという願いなど、すべて自我を超えた、宇宙に響く願いです。




 願いごとの目的、目標をもう一度検討してみませんか?




 きっと、人生も日本も世界も変わります。




 





これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。


★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページを御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。











 

 




 
posted by realistictime at 18:44| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする