2019年01月15日

宇宙とのつながりを持つ

私たちの住んでいる太陽系は、銀河のディスクの外側にあり、銀河の周りを周期的に回っています。この周期は2万6000年です。マヤ暦では、この2万6000年周期が2つに分かれています。
 つまり、太陽系が銀河のディスクの下半分を回るのに1万3000年かかり、上半分を回るのに1万3000年かかります。過去地球に存在したアトランティス文明は太陽系がディスクの下を回り始めたときにはじまった文明です。
...

 太陽系が銀河のディスクの下を回る時期には、宇宙とのつながりを忘れている時期で、高度文明を謳歌したものの、分離と二極性に支配された文明でした。

 地球は、今このアトランティスの周期を終えて、銀河のディスクの上に浮上している時期です。つまり、マヤ暦の終わり、2012年から地球は新しく変わってきているのです。太陽系がディスクの上側に移動する時期は、銀河全体の電磁エネルギー、つまり強い宇宙エネルギーを受けるので、古い構造が崩れて、分離ではなく、統合、そして、新しものが生まれます。

 銀河のディスクの上か下かを通る違いによって、太陽系は異なるエネルギーを体験し、地球の文明の興亡や衰退とも大いに関係しています。

 新しい時代の変化の波についていくためには、意識の変容、つまり、宇宙とのつながりを持つことが大切です。一人ひとりが宇宙エネルギーとコミットするための時を持つことが重要です。








これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。


★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページを御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。








posted by realistictime at 23:04| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。