2008年10月08日

異次元体験

愛してやまないみなさんへハートたち(複数ハート)

私は、東洋医学の治療を行っています。東洋医学っていったいどんな医学exclamation&questionってみなさん思われると思います。東洋医学と西洋医学の治療は、根本的に違っています。東洋医学は、人間が本来もっている自然治癒力手(グー)、つまり、人間が自分で治す力手(チョキ)、要するに免疫力、体力を高めて、自然に体を癒していく治療です。投薬とか手術とはまったく無関係です。猫

私は、以前医学部の教授とお話する機会があって、東洋医学と西洋医学の違いや接点について質問されたことがあります。現在、西洋医学だけでは、なかなか治らない病気が多いそうで、ひじょうに東洋医学について興味をもっていらっしゃいました犬。私は、西洋医学の検査などを経ての診断を基に、東洋医学の治療を行っていますとお伝えし、東洋医学と西洋医学が合併して、お互いの利点を用いて、広くいろいろな方々を癒せたら素晴らしいですねぴかぴか(新しい)と抱負を述べたところ、すべての教授たちが納得されていました手(チョキ)。つまり、東洋医学と西洋医学の合流ですexclamation×2

ところで、一番忘れてはならない大切な観点がありまするんるんそれは、人間は、この肉体だけではなく、見えない霊体(意識体)があるということです。よく、世間でいいますよね。幽霊やお化けが出るとか。。。人間には死後の世界があって、この肉体が死んでも、霊体(意識体)や魂は永遠に生きることをみなさん知ってますかexclamation&question

だから、このことを知らないと、人間は死んでから大変なことになっちゃうんですexclamation死後の世界、つまり霊界に行くことが出来ずに、霊体(意識体)でこの地上をさまよっちゃうんですちっ(怒った顔)。それが、世間で俗に言う幽霊やお化けですふらふら

私は、患者さんの治療をしていて、一番大変なのは、患者さんに一緒について来る、つまり憑依している霊体が私自身にかかってくるということですがく〜(落胆した顔)。霊的な関与があると、頭が痛い患者さんがくると私も頭が痛くなるし、浮遊霊などの低級霊が私にかかってくると、たいてい下半身、特に足の部分にへんな痛みを感じます。つまり、患者さんの病気と同じ症状が私に出で来るのです。憑依してくる霊体が三次元的(肉眼目)に見えないだけで、実は、それらの霊体は救いを求めて患者さんに憑依するわけです。

ですから、私は自分の体に痛みを感じたり、変調をきたした時には、患者さんに語りかけます。死後の世界の存在や霊界の仕組みなど。そうするとす〜っと痛みや具合の悪さが取れていきまするんるん、患者さんも私自身も。これもちょっとした異次元体験ですねわーい(嬉しい顔)
posted by realistictime at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー体験・異次元世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。