2008年10月11日

島津家(篤姫の実家)の家紋「十字」の意味は?

晴れみなさん、毎日ご苦労さまです猫
きのうは、今「篤姫」ブームになっている島津藩の島津邸の近くにあるレストランに行ってきました。フランス料理をひさしぶりにたべちゃったんです手(チョキ)錦江湾と桜島が見える素敵なレストランです。
お昼のランチは、安くて、和洋折衷のメニューでとってもおいしいです。みなさんも鹿児島にお出での際には是非御立ち寄り下さいませ。
レストランの名前は「磯くわはら館」レストランです。

ランチを堪能した後、すぐ近くの島津興行がやっている薩摩切子のお店に行きましたが、そこで、島津家にまつわる文鎮や携帯ストラップやらいろいろ買っちゃんですが、すべて島津家の家紋である「十字」が入っています。

その「十字」の意味は、みなさんご存知ですか?江戸時代からその十字に○印がついたのですが、それは、西欧列強のアジア進出に危機感を抱いた島津藩は、十字に○をつけたのです。

その「十字」とは、イエス・キリストの十字架を指しているのを知っていますか?薩摩藩と「イエス」とのつながりはいかに?

私の出している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり(たま出版)」という本の中にも書かれています。

また、そのつながりについてみなさんに語っていきたいと思っていますわーい(嬉しい顔)
posted by realistictime at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。