2008年11月09日

イエス・キリストの実像!

イエス.jpgわーい(嬉しい顔)みなさん、お疲れ様ですexclamation×2

 このところ、アセンションについて書いていますが、アセンションとは、いったい何でしょうかexclamation&question

 地球は、2012年12月にフォトンベルトに入ります。フォトンベルトとは、宇宙の壮大なシステムで、2万6千年ごとに地球がこのシステムに入るのですー(長音記号1)

 このシステムを創ったのは、創造主です。創造主とは、一般的に神のことを表わしています。この地球上では、神というと、たくさんの神がいます。ラーの神とかアラーの神とか、特に日本においては、動物や石や火や水や亡くなった偉人までもが、神と称されています。それらを八百万(やおよろず)の神と言って、日本人の信仰の中に深く息づいています。

 しかし、2012年以降、やがて地球は宇宙文明(精神文明)時代を迎えますが、神と称される方は、創造主、つまりイエス・キリストだけに統一されますぴかぴか(新しい)

 なぜならば、宇宙万物を創ったのは、創造主であり、宇宙全体を創造主が治めているからです。そして、2012年以降、創造主が肉体を持って、この地球に現れます。それが、イエス・キリストです。

 イエス・キリストと言うと、日本人はみな一様にキリスト教の教祖と考えがちです。キリスト教の教祖に仕立て上げたのは、世界を裏で牛耳っているある世界的組織です。イエス・キリストが磔刑を受けた後、その世界的組織がローマ帝国の国教をキリスト教と定め、イエスをキリスト教の教祖的存在に位置づけてしまったのですダッシュ(走り出すさま)

 その目的は、イエスの名を利用して、全世界を統一支配することでした。ですから、現在のキリスト教は、全く形骸化(形式的な教義ばかりが優先していること)してしまって、本当の教えがないのです。

 2012年以降、再び、イエス・キリストがこの地球上に現れ、聖書の預言どおりにこの地球を統治されます。それは、およそ1000年間続くので、「千年王国」と言われています晴れ

 創造主であるイエス・キリストは、宇宙万物を創生し、宇宙の法則を使ってあらゆることが出来ます。宇宙で最も高度に進化した宇宙人です。

 イエスは、この地球上で唯一よみがえりを体験しました。およそ2000年前に、十字架にはりつけにされましたが、三日後に復活しました。それは、人類には肉体の他に意識体(霊体)があることを現わしているのです。

 そして、そのことが、十字架にすべて顕現されています。十字架の縦の棒は、宇宙と地球のつながりを現わし、横の棒は、人と人とのつながりを現わしています。

 イエス・キリストに対するイメージを今こそ変えるべきではないでしょうか?

 イエスは、キリスト教会の中にいるのではなく、みなさんの意識の中にいるのですハートたち(複数ハート)

 
posted by realistictime at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトンベルトと宇宙文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック