2008年11月16日

恐ろしい伝染病にかからないために!

ウイルス.jpg鹿児島は、篤姫人気もさることながら、11月の中旬だというのに、あたたかい日が続いています。やはり地球温暖化の影響だと思いますが、世間も色々な事件で騒々しいし、これからの時代に多くの人が不安を感じていることと思いますあせあせ(飛び散る汗)

 更に不安を与えるような話題を持ち出したくないのですがちっ(怒った顔)、やはり前もってお話ししておいた方が、これからの大変な時代を生き抜くための対処法として役に立つのではないかと思い、今日はこのテーマを取り上げてみました猫

 これからは、恐ろしい伝染病が世界的に流行してきます。もうすぐ「ブラインドネス」という映画が上映されますが、いずれ近いうちに起こることを前もって映画で現わしています。映画というのは、決して、作り話ではなく、宇宙からのインスピレーションが人間に与えられて、映画がつくられていくのです。

 「ブラインドネス」という映画は、ある恐ろしいウイルスに感染して、次々と人々が目が見えなくなるというストーリーです。

 現実に鳥インフルエンザが流行していて、大流行した場合には薬が足りなくなると懸念されています。しかし、薬が足りないどころか、今の鳥インフルエンザのウイルスの型が次々と変形し、人類が対応できなくなる時代がやがて近い将来来るのです。

 また、アフリカで、エボラ出血熱が発症し、現在世界的に蔓延しつつあります。高熱が出て、激しい痛みを伴って全身の血管が切れていくのです。そして、南アジアで発症したチクングンヤ熱も急速に拡がっています。高熱、頭痛、激しい関節痛を伴って、あまりの痛みに身体が曲がってしまうのですふらふら

 日本は、島国という環境のお陰で諸外国のウイルスに感染する確立が低いのですが、やがて日本にも恐ろしい伝染病が蔓延してきます。

 聖書の旧約時代にも、やはり今と同じように伝染病が流行し多くの人々が亡くなった時代がありました。但し、その時代にも、恐ろしい伝染病に感染しない唯一の方法がありました。それは、子羊を屠(ほふ)って、つまり殺して、その流れた血を各家の門扉に塗るとその伝染病から免れるというものでした。

 その言葉を信じた人々は、忠実にそのことをすぐに実行して、難を逃れ、見事に伝染病にかかりませんでした。しかし、そのことを信じなかった人は、すべて伝染病に感染して死にましたちっ(怒った顔)

 どうして、殺した動物の血を用いるのでしょうか?それは、罪を清めるためなのです。イエス・キリストが十字架にかかって処刑された時、そのイエスから流れた血によって、この地球人類のすべての罪が清められ、赦されたのです。

 宇宙万物を創生した創造主が人間の肉体を持って生まれたのが、イエス・キリストです。創造主は、人類を創られましたが、その人類の間に悪がはびこったために、人類は多くの罪を犯すようになりました。そして、人類が犯した罪を清めるため、またあがなうために、自らが人類を創った責任をとるために、イエス・キリストは敢えて十字架にかかったのです。

 ですから、イエス・キリストがこの地球に誕生する2000年前以前は、動物をいけにえとして神に捧げる風習が人類の間であったのです。つまり、動物の血を流すことによって、人類の罪を清めていたのです。

 イエス・キリストがこの地球に誕生し、十字架にかかって血を流されたことによって、現在の私たちは、動物をいけにえにする必要性がなくなりました。しかし、これから流行する恐ろしい伝染病にかからないようにするためには、イエス・キリストの血の代わりに、「宇宙の真理」を理解する必要があるのですぴかぴか(新しい)

 なぜなば、「宇宙の真理」を理解することによって、宇宙エネルギーが体内に取り込まれ、細胞の中のフォトンが活性化し、細胞が再生力を持ち、免疫力が高まり、恐ろしいウイルスに対する抗体が生まれるのでするんるん

 つまり、宇宙エネルギー、光が肉体にも意識体(精神)にも充填(じゅうてん)されるのです。闇は光に勝てないように、「宇宙の真理」を一人ひとりが把握して、自分の意識を創造主・イエス・キリストと繋ぐことが、伝染病にかからない唯一の方法です手(チョキ)

 「宇宙の真理」についての詳細は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり(たま出版)」という本を読んでみて下さい黒ハート

blog.gif



posted by realistictime at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。