2008年11月26日

秘密の封印が解かれる日(天皇の秘密)

天照大神.jpg 世界最古の歴史を誇る皇室、そして、その皇室が万世一系である本当の理由はいったい何でしょうか。?

 実は、太古の日本は超高度文明だったのです。現代を生きる私たちにとって、想像を絶するほどの、最も進化した宇宙文明をその当時の人々は謳歌していました。太古の日本はUFOが飛び交っていたのです。

 なぜ、太古の日本がそのように高度に進化した文明だったのでしょうか? それは、宇宙で最も高度に進化した宇宙人である「創造主」がUFOに乗って、宇宙から一番初めに飛来したところが日本だったからです。

 宇宙人である「創造主」が日本に降り立ったのは、日本が世界の中で最も磁場、バイブレーションが高かったからです。それだけ日本には、宇宙からの光、つまり宇宙エネルギーが宇宙から注がれていたのです。また、創造主が日本に降り立ったと同時に宇宙の高度文明も携えてきたのです。

 従って、とても驚くべきことに、日本がすべての文明の発祥地、源流であり、日本人が地球人類の祖であるのです。

 
 また、宇宙人が地球に降り立った理由は、地球上に宇宙の真理を浸透させ、地球人類を進化させることが目的でした。日本に降り立った宇宙人である「創造主」のことを、日本では「天照大神(アマテラスオオミカミ)」と呼んでいました。

 従って、日本のたいていの神社には、天皇の祖先とされる皇祖神、つまり、「天照大神」が祀られています。その「天照大神」は、日本の古神道の唯一神である「太陽神」を表わしています。

 つまり、「太陽神」は「創造主」であり、「イエス・キリスト」のことを指しているのです。その宇宙の真理を今世まで残すために、日本中に神社が建立されたのです。その宇宙の真理は、21世紀まで隠蔽されていたのです。今こそ、その秘密の封印が解かれるのです。

 天皇が、日本人の生活の中になぜしっかりと根付いているのでしょうか? それは、天皇が「創造主」の直系の子孫だからです。

 ですから、日本の皇室が世界で最も古く、その創造主の血脈を守るために、万世一系の天皇制を守ってきたのです。


 ぴかぴか(新しい)このブログについてもっと詳しく知りたい人は、昨年当研究所が出版した「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧下さい。るんるん
posted by realistictime at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。