2009年03月25日

人はどこから来て、どこへ行くのか

 私たちが人間として形づくられるには、人間として誕生するためのあらゆる情報を保持し、実施するDNA(遺伝子)が必要です。

 人間は、人間として地上に誕生するためのDNA,動物には動物として誕生するためのDNAが存在します。地球上のあらゆる生物にはDNAが存在しますが、種(人間、動物、鳥類、魚類などの生物額的な分類)の起源に応じて、独自のDNAが存在するということで、種を超えて進化することは絶対にありません。

 ですから、人間は決して猿から進化したのではありません。ミクロ単位、つまり分子レベルで地球上のあらゆる生物を考察した時に、多くの科学者たちが進化論が間違っていることを認識していて、それらを立証できるまでに現在は科学が進歩しています。

 人間を含むすべての生命は、神である創造主の手によって、実に精巧で工学的なデータが満載されているDNAによって育まれ、この地球上に誕生します。DNAの仕組みは、人知を超えた実に驚異的で複雑な構造を持っています。

 従って、神の偉大で驚異的なわざに対して、畏敬の念でいっぱいになります。見えない世界へと視点を向け、神がなされるばらしいわざを見た時に、すべての人間が神の存在をはっきりと認識するに違いありません。

 あらゆる生命の源は、DNAであり、それは創造主のもとから来ました。人間の男性の精子には、その重要なDNAが搭載されているのです。一人の人間の誕生は、3億個の中のたった一つの精子と、500個の卵細胞のうちから選りすぐられたたった一つの卵子との受精によるものです。精子と卵子の受精におけるまでの過程は、人知を超えた神秘的で壮大なドラマの連続です。

 しかし、精子と卵子の受精だけでは決して人間として誕生することが出来ません。その受精卵に創造主の光が与えられてはじめて人間になることが出来ます。創造主は「光あれ」と言って宇宙の万物を創られました。

 つまり、人間は創造主の光によって、霊を与えられて一人の人間としてこの地上に誕生することが出来ます。霊とは生命の息(いき)のことで、すべての人間は神によって生命の息を吹き込まれたのです。

 人間は、DNAによって構成されている肉体と神から分けていただいた霊(分霊=わけみたま)と魂の三つから構成されています。人間は肉体の死を迎えても、霊と魂は永遠のいのちを持っていて、永遠に生きるのです。

 本来人間は神から霊をもらっている霊的な存在で、魂は転生輪廻を繰り返しす。肉体の死後、その魂は霊界(死後の世界)へ戻ります。この地上はあくまでも仮の世界、つまりヴァーチャルな世界です。従って、この世のものは、すべて消えて無くなる虚構の世界なのです。人間は霊界からこの地上に志願して生まれ出て来て、再び霊界に戻るのです。それは、すべて魂の進化覚醒のためなのです。

 霊界こそ、実世界です。ですから、霊界からこの地上へと魂を送りだす時、霊界の仲間たちは、その魂のために嘆き悲しむそうです。

 なぜならば、この地上の人間の意識レベルが低いために、霊界よりバイブレーションが低いので、病気や事故や災難などをはじめとし、地上で生きていく上において、ひじょうに苦しみや悲しみ、そして困難が多いからです。しかし、地上での生活は魂の進化、意識レベルを上げるために是非必要なのです。


★★★information★★★

★創造主そして、人類の起源について深く知りたい方は、「フォトンベルト・地球大七周期の終わり(たま出版)」をご一読下さい。他の書籍にはない、驚くべき、そして斬新な内容になっています。革新的な本ですが、これからの未来は、この書籍の内容通りになっていきます。

★ホームページにも「宇宙からの情報」「地球からの情報」として、宇宙の真理について概略が書いてあります。http://toyoigaku.jp

★5月3日(祭日)に当研究所(東洋医学研究所)主催の大講演会があります。かごしま県民交流センター、県民ホール(700名収容)にて午後一時から開催します。これからの激動の時代をどのように生きたらいいかのかをテーマに神の経綸について触れたいと思います。誰でも自由に参加できますので、ひとりでも多くの方のご参加をお待ちしています。

★「FC2」というネットでミステリー小説を連載しています。ノンフィクション小説ですので、みなさんも創造主の神秘性を是非体験して下さい。
 
 インターネットで「FC2」で検索→「小説」「ミステリー部門」「神秘な世界へようこそ」で順次検索してみて下さい。

posted by realistictime at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。