2009年06月27日

マイケルジャクソンの死に思う

 昨日は、マイケルの突然の訃報に大変驚きました。

 マイケルは、小さい頃からステージの中で育ったも同然で、彼の踊りも歌も一世を風靡した時代がありました。そして、世界的なヒットを飛ばし、一躍有名になり、この世のあらゆる名誉や名声、財産を手に入れました。

 しかし、晩年のマイケルは、心の底から話し合える友人もなく、孤独で、しかも度重なる整形手術による薬物の後遺症と感染症により、心肺停止状態に陥ったようでした。

 マイケルの人生は、富と栄光に満ちているように人々に思われていますが、マイケル自身は、いつも心が満たされることなく、孤独で寂しい人生を送っていたように思います。

 マイケルの栄光の陰にある孤独と虚しさといつも満たされたない心が、晩年幼児虐待などの事件を起こす引き金になったのではないでしょうか。

 この心の孤独と虚しは、誰もが持っていることではないでしょうか。

 私たちは創造主によって創られ、いのちの息を与えられて創造主から生かされていることを感謝して生きているでしょうか。

 多くの人が、自分の力で生きていると思い込み、創造主の存在を知ることなく、神を離れて生きています。

 創造主はいつも私たちをこよなく愛し、あたたかく見守っていますが、私たちがそのことを思わずに自分勝手に生きています。

 神を離れて生きる人生は、病気や死やさまざまな不幸がその人の人生に訪れ、やがて滅亡に至ります。

 マイケルも、自分のためにだけ生きる人生ではなく、まことの神「創造主」とともに生き、神のため、世のため、人のために愛と奉仕の精神をもって生きているなら、このような孤独で虚しい人生を過ごすことなく、幸せな人生をきっとおくれたはずです。

 マイケルの死を通して、神とともに生きることの大切さとともに、決して自分自身のためにだけ人は生きるのではなく、愛と奉仕の精神を持って、人々のために生きていかなければまことの幸せは得ることができないということを知りました。

 「人は、たとい全世界を手に入れても、自分自身を見失い、損じたら、何の得がありましょう。」


   (新約聖書:ルカの福音書 9章25節)

■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。