2009年06月28日

「寺」に隠された驚くべきミステリー

 「寺」と言えば、インド伝来の宗教である「仏教」の宗教施設のことだと多くの人が思っています。

 この「寺」には、日本人が大変驚くようなミステリーが隠されています。

 中国の唐の時代では、「寺」は、仏教とは全く関係がなく、実は「キリスト教会」だったのです。

 その当時、中国の都「長安」では、現在のイラン、イラク地方から、キリスト教の宣教師たちが来て、大々的にキリスト教を布教していました。

 何と驚くべきことに、その当時の「長安」の街は、まさにキリスト教一色で、キリスト教会が街の至る所に建てられ、「寺」と呼ばれていたのです。

 その当時、中国では、聖書が中国語に次々と翻訳され、「イエス・キリスト」こそが、人々の救世主であることが、広く人々に伝えられました。

 ですから、「長安」ではキリスト教が大流行し、中国のキリスト教の総本部が長安の「大秦」にありました。その中国の長安と日本の京都の街はひじょうによく似ていて、京都には「太秦(うずまさ)」という地名があります。

 京都の「太秦」は、長安の「大秦」が変化したもので、「ウズマサ」とは、「救世主・イエス・キリスト」というヘブライ語(アラム語)が変化したものです。

 平安時代の京都の街は、実はたくさんの外国人が行き交い、キリスト教が堂々と布教されていて、日本人の多くがキリスト教徒だったのです。

 但し、その歴史的事実が隠蔽されてしまっていて、いまだに多くの日本人が真実を知らされていません。

 古来より、日本の伝統的文化であり、遺産であると思われていた「寺」が、実は、典型的な仏教の施設ではなく、「キリスト教会」だったのです。これは、まさに驚愕する事実です。

 日本人に「イエス・キリスト」の教えを伝え遺すために、日本各地に神社仏閣が建てられました。寺のシンボルである「卍」は、「十字架」が変形したものです。そして、神社の主祭神である「天照大神(アマテラスオオミカミ)」は「イエス・キリスト」のことなのです。


 「私たちの神であり、救い主であるイエス・キリストの義によって私たちと同じ尊い信仰を受けた方々へ。神と私たちの主イエスを知ることによって、恵みと平安があなたがたの上にますます豊かにされますように。」

    (新約聖書 ペテロの手紙 第二 1章1〜2節)

■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。


 
posted by realistictime at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー体験・異次元世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。