2009年07月04日

死者が生き返る時代が来る

 死者が生き返るなんて、信じられないと多くの人が思うでしょう。

 しかし、この数年の間に、人間の人知では考えられてない、画期的なことが起こります。

 この地上のすべての出来事は、聖書の中に壮大な人類史として書かれていています。そして、これから起こるすべての出来事も、預言として詳細に渡って書かれています。

 但し、「預言と」は、神から啓示されたものであり、人間が先を予測する「予言」とは全く違います。

 最も注目すべきことは、聖書に預言されていることは、一部の狂いもなく確実に成就するということです。

 ずっと昔から人類の救い主がいつか必ず現れるとして、人々はその救世主の出現を心から待ち望んでいました。やがて、聖書の預言の通りに、人々が待ち望んでいた救世主「イエス・キリスト」がこの地上に誕生しました。預言が見事に成就し、歴史になりました。

 これからの未来に起こること、それは、6000年続いた物質文明の終焉時に、聖書の預言の通りに、再び「イエス・キリスト」が宇宙からこの地球に下りて来るということです。

 全世界のすべての人々が「イエス・キリスト」の姿を見ます。そして、イエスこそ、まことの神であり、「創造主」であることを認ます。

 また、イエスが宇宙からこの地上に下りて来る時に、イエスを信じて亡くなった人々、またイエスを信じるが故に迫害にあったり、殉教した人々が肉体をもってよみがえります。つまり死者が生き返る時代が来るのです。

 それから、この地上でイエスを心から信じている人々が一瞬のうちに雲の中に隠れている「UFO」に引き上げられます。それをラプチャー(空中携挙)と言います。

 世界中の人々が跡形もなく、突然いっせいにいなくなるので、地上では大混乱となります。

 これらのことは、これから数年のうちに、必ず起こります。しかも、人々が全く予期しない時に起こります。しかし、決して夢物語でもなく、空想上の出来事ではありません。

 これらのことは、聖書の預言が近いうちに成就し、人類の歴史に刻まれる画期的な出来事となります。


 「主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身が天から下って来られます。

 それからキリストにある死者が、先ず初めによみがえり、次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らと一緒に雲の中に引き上げられ、空中で主と会うのです。」

   (新約聖書 テサロニケへの手紙 第一 4章16、17節)

■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。



 
posted by realistictime at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 人類救済とラプチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。