2009年07月14日

神がつくった世界一不思議な本

 世界のロングセラー、ベストセラー、そして、月へ持っていかれた最初の本、それは「聖書」です。

 現在、世界中に多くの本があふれていますが、聖書だけはまったく不思議な本です。人類史上最も多くの人々に影響を与え、また最も激しい迫害に耐え抜いた書物です。

 聖書がこれだけ世界中に普及しているのにもかかわらず、日本人だけが聖書の価値観とすばらしさを知らないのです。そして、今も尚、聖書はキリスト教の教典という偏見を持っていて、悲しい意ことに、聖書にとても批判的です。

 しかし、現代において、聖書に書かれていることがすべて、科学的にも歴史的にも事実であり、日本人が考えているような神話的なものでは決してないということが大々的に実証されています。

 聖書は偉大な書物であり、数千年にわたって多くの人々に最も多くの影響を与え、人生の導きを与えてきました。

 そして、聖書は時代や民族の違いを超越した最も統一と調和のとれた普遍的な書物です。儒教の「大学」、ヒンズー教の「知識の書」、イスラム教の「コーラン」、神道の「古事記」「日本書紀」の何れの書物よりも古く、世界で最も古い書物です。

 アメリカの大統領だったアブラハム・リンカーンも「聖書は、これまでに神が下さった最上のギフトであると信じている。世界の救い主から発する一切の良きものは、この書を通してわれわれに伝達される。」と語っています。

 また、天王星を発見した天文学者ウイリアム・ハーシェルは「人間の発見のすべて、ただ、聖書に含まれる真理を確証するために役立つものであると思われると述べています。」

 聖書は、世界一不思議で世界で最も偉大なすばらしい書物です。
なぜならば、神からの霊感を受けて書かれた書物、つまり神からの啓示(神からのことば)によって書かれた唯一の書物だからです。

 「聖書はすべて、神の霊感によるものである。」

    (新約聖書 テモテへの手紙第2 3章16節)

■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

posted by realistictime at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。