2009年07月27日

日本人であることのすばらしさ

 かつて阪神大震災が起きた時に、整然とした秩序を保ちながら救援活動が行われていました。非常事態にあって、日本人はきちんと秩序を守りながらお互いに助け合っていました。

 そこには、日本人がいかに道徳的で秩序を守り、礼儀や礼節を大切にする民族であるかがはっきりと現れていました。

 中国でかつて大地震があり、数十万もの死者が出た時がありました。ところが、被災地の農民たちが、被害に遭った家を次々と襲い、被災して苦しんでいる人たちを助けようともせずに略奪行為を始めたのです。ありとあらゆるものを根こそぎ盗んでいく農民たちの卑劣な行為に、中国政府は軍隊を派遣し、農民たちを銃撃しましたが、逆に反逆行為に出たそうです。

 中国では、このような非常識で非情な行為は昔から当たり前のように繰り返されて来たそうです。日本ではとうてい考えられないことです。

 日本人は、古来から助け合って生きるという助け合いと思いやりの精神と清き心を持っていました。そして、世界中のどの民族よりも清潔好きで、礼儀や礼節を重んじる道徳的な精神を持っていました。

 それらの日本人の象徴が「天皇」です。天皇は自分の祈りの部屋を持ち、毎日世界の人々の平和と調和を祈っています。自分の国の安泰や平安だけを祈るのではなく、すべての地球人類の平和を願っているのです。

 なぜならば、天皇は創造主の直系の子孫であり、創造主のDNAを持っているからです。そして、日本民族も間違いなく創造主の子孫であり、神から選ばれた民族です。

 ですから、まるで神を顕現するかのように、天皇は愛と慈しみに満ち、礼儀正しく思慮深いのです。

 日本人は世界の人々から絶賛されるほどに道徳的に生きていて、優しい心を持って助け合って生きている民族です。日本人であることのすばらしさをどれだけ多くの人が知っているでしょうか。そして、日本人であることの誇りを持って生きているでしょうか。

 これからの21世紀の世界のリーダー的存在になるのは、日本であり、日本人は、2013年以降始まる精神文明の担い手としてこれから活躍していくのです。

 日本人とイスラエル人の先祖は、神から深い愛を注がれて、神に選ばれた唯一の民族です。これからそのことがはっきりと開示されていくことでしょう。

「主は、ただあなたの先祖たちを恋慕って、彼らを愛された。そのため彼らの後の子孫、あなたがたを、すべての国々のうちから選ばれた。今日あるとおりである。」

   (旧約聖書 申命記 10章15節)

■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

 
 

 
posted by realistictime at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。