2009年08月20日

天使と悪魔の世界

 私たち人間が住んでいる地上を3次元と言い、物質世界と言います。しかし、この地上以外にも目に見えない世界、霊界が存在します。

 その霊界が地上に及ぼす影響はひじょうに強く、すでに霊界で決められたことがこの地上に起こる、つまり現象化するのです。

 霊界を創り、霊界を統治していらっしゃるのが「創造主、イエス・キリスト」です。イエスは創造主のことです。宇宙の最も高度に進化した宇宙意識体がひじょうに低い次元状態の地球で教えを説くことは絶対に不可能です。

 従って、イエスという人の形を持って地球に誕生し、地球人類の罪をあがない、再び神と人とを結びつけることが大きな目的でした。

 その創造主、イエスのすぐそばにいるのが天使です。天使は神の栄光に満ち溢れていて光輝いています。そして、物質的な体を持たず、空間と時間に左右されることのない体を持っていて、神のための働きをしています。

 一方、悪魔は天使で一番高い位にあったルシファーという天使が神と同じ地位に立ちたいという野心を持ったために、高い身分から落とされ、悪魔(サタン)となってしまったのです。

 ルシファーの堕落によって、善と悪、光と暗闇との戦いが始まりました。そしてルシファーは地球に追放されたために、この地球上に暗闇、絶望、死や不幸が入って来たのです。

 地球に入って来た悪魔によって、人類は悪魔の支配下におかれるようになりました。そして、悪魔の巧みな戦術によるコントロールによって、人々にあらゆる欲望を満たせようとさせています。

 その結果、むなしさや魂が枯渇し、犯罪や自殺、精神病が増加しています。悪魔に洗脳された人々は本当の生き方がわからずに、人間性が失われてしまうのです。また、神と人間との関係を断ち切らせ、神を離れて生きること、つまり自分がすべての中心であり、それこそが自立した人間の自由な生き方であると人間を巧みに洗脳し、人間のエゴイズムを煽っているのが悪魔なのです。

 悪魔の支配を逃れ、幸福に生きるためには、イエスの十字架が必要です。創造主の分身であるイエスは、罪もないのに、自ら十字架にかかって、神を離れた人類の罪をすべてあがない、再び人と神を結びつけて下さったのです。

 悪魔との関係を断ち切るためには、十字架で流されたイエスの血が必要だったのです。十字架の縦の線は、天と地、つまり神と人類をつなぐという意味です。そして横の線は、人と人とをつなぐという意味です。

 創造主が人類に多大なる愛と慈しみを注いで下さっていることの証しがイエスの十字架です。尊いイエスのいのちを犠牲にしてまでも人類を
救済して下さっている創造主の心をどれだけの人々が理解しているでしょうか。

 神からの光は、慈愛に満ちてあたたかく永遠のいのちをもたらしますが、悪魔からの光は恐怖に満ちていて冷たく、死をもたらします。

 「まことにまことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。」

    (新約聖書 ヨハネの福音書 5章24節)

■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

◎ 8月23日(日)午後1時からかごしま県民交流センター4階、大研修室第3にて、勉強会を開催します。テーマは「霊について」です。入場料は無料で、誰でも自由に参加できます。是非ご参加下さい。

 
posted by realistictime at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー体験・異次元世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。