2010年07月23日

完璧な人間になるために

 完璧な人間になるなんて信じられないと誰でも思うことでしょう。

 しかし、神は霊であり、神の分霊(わけみたま)を持っているすべての人が神のようになれます。ただし、神のように完璧な人間になるためには、自己中心的な低級な性質や、人よりも金持ちになり、人よりも偉くなりたいという自己本位の欲求を捨て、愛と奉仕に生きることです。

 では、どのようにしたら、自己本位の低級な性質や欲望を捨て去ることができるのでしょうか。それは、自分に内在する神に基づいて生きることです。

 しかし、人間は、あらゆる欲望に負け、日々罪をおかす存在です。自分の中に存在する神と一体化するには、十字架を思い浮かべればいいのです。

 十字架はイエス刑死の象徴ではなく、決してキリスト教のシンボルではなく、生命の象徴です。十字架は太古から存在し、人間が霊的に進化してくれば、すべての人が見る生命のシンボルです。

 十字架の縦の線は、神と人間の関係を現わし、人は神に基づいて生きることを象徴しています。横の線は人と人の関係を現わし、人はお互いに愛し合い、互いに奉仕し合って生きることを象徴しています。

 十字架は、自己本位の低級な人間の性質と欲望を捨て去ること、すなわち捨て身になって神の意志に基づいて生きること、そして献身的な愛と奉仕の象徴です。

 十字架の死を通して、イエスは人類にそれらのことを身をもって教え、人々の魂を神に結びつけ、欲望と罪を捨て去った時に、すべての人が完璧な人間になることを説いたのです。

「しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上がることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。」(旧約聖書 イザヤ書40章31節)

INFORMATION

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。お蔭様で、第4回目の増刷となりました。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。

★ 宇宙と科学と宇宙の真理を融合して、これからの21世紀とうい新しい精神文明時代、宇宙時代を迎えるための人類に必要な情報を提供しています。

★ そして、今後、地球浄化に伴う未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いと生きるためのノウハウを提供しています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

posted by realistictime at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの時代の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。