2010年09月13日

乳がんを克服し、乳がんを予防する

 2000年を迎え、女性がかかるがんの中で、乳がんがトップを占めるようになっています。女性の3人のうち1人は乳がんにかかると言われるほど、女性にとって受難の時代を迎えています。

 わたしも東洋医学の治療をしていますので、今まで数多くの苦しみの中にいる乳がんの患者さんたちに接してきています。その多くが、自覚症状もあまりないまま、たまたま検診でひっかかり、ひじょうに小さいしこりが発見され、手術に至っている人がほとんどです。

 乳がんになる理由として、閉経後の更年期を迎えた時期が乳がんになりやすいこと、また肩こりからの発生率が高いこと、そして、下着に問題があるということです。

 最近ワイアー入りのブラジャーを若い女性が多く身に着けていますが、ワイアーがあたった皮膚の部分が、摩擦によって細胞組織が損傷して乳がんになりやすいのです。若い女性の乳がんの発生率が高いのもそれがひとつの大きな要因となっています。

 がんという病気の多くは、血液の流れが損なわれ、血液が淀んで停滞すると正常な細胞がガン化します。要するに血流の流れの悪さからがんが発症します。そして、さまざまな食事の摂取によって、特に食事の欧米化により、血液が汚れ、流れが悪くなっていることも大きな要因です。

 血液の流れをよくするために、またがん細胞を正常な細胞に戻すためには、東洋医学の灸治療が驚くほど大変な効果を挙げます。がん細胞は熱にはひじょうに弱く(病院では温熱療法が効果を挙げている)、お灸によって体内の血液と気の流れがよくなるからです。わたし自身も以前、末期の乳がんにかかりましたが、灸治療によって数週間で完治しました。

 わたし自身は、宗教や信仰などまったく無関心であり、はっきり言って嫌いでした。自分自身が乳がんにかかり、どうしたら乳がんを治せるか、必死になってその方法を探し回り、暗中模索しました。

 そして、東洋医学の灸治療によって肉体的に乳がんを治療し、精神的には、はじめて「創造主」という存在を知り、その創造主にはじめて自分の心をつないでみました。それは、日本の八百万の神々ではありません。宗教でも信仰でもありません。
 
 宇宙万物を創造し、自分という人間を生かしている大いなる存在「創造主」です。病気を通して、自分自身が本当の神「創造主」を知り、驚くほどに元気になって現在に至っています。末期の乳がんを手術することなく完治させる、それは、まさに奇跡に近い体験です。その体験が少しでも皆様のお役に立てたらと思い、今日は書いてみました。

《主(創造主)を恐れる(敬い慕うこと)ことは知恵の始め、聖なる方(イエス)を知ることは悟りである。 聖書から好きなことばを書いてみました。 旧約聖書 箴言(しんげん)9:10)》


(★★★ これからの生き方や心の探求に関心をお持ちの方々へ ★★★)

☆ いよいよ中東和平条約に向けて交渉が始まりました。条約締結までひじょうなる困難が予測されますが、およそ一年以内に締結を完了することを目標としています。条約の締結後は、まことの平和ではなく、未曾有の危機が人類に訪れます。しかし、地球人類の意識の進化のための千載一遇のチャンスでもあります。

☆ これからの世界の動向を知りたい方、これからの時代をどのように生きるべきか、そのノウハウを知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)を是非ご一読下さい。

☆ 宇宙と科学と宇宙の真理を融合して、これからの21世紀の新しい精神文明時代、宇宙時代に向けて、人類に必要な情報を提供しています。

☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションで、未知なる世界の真実なる体験談です。

☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

posted by realistictime at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。