2010年09月16日

ガンを克服し、予防する

人生を生きていく上で一番不安で、怖れを抱くのは、病気と死ではないでしょうか。

現代の医学は、手術や抗がん剤投与などの最先端医療を用いても、いまだ尚多くの方々ががんで苦しんでいます。

がんになる要因は、疲労による体力、抵抗力の低下、そしてストレスによるもの、欧米型の食事の摂取(典型的日本食のごはんや煮物、焼き魚などを食べていた頃はガンの発症が少なかった)などの生活習慣に起因するものなど、さまざまな要因があります。

ガンを発祥させる要因にもなり、またガンを克服し予防するための最も大切な要因は、実は血液にあります。

鼻から肺に吸い込まれた酸素が血液中のヘモグロビンによってからだ中に送られ、胃腸から吸収された栄養素や内分泌器官で産出されたホルモンなどが血液によって体内に運ばれます。またガンをはじめとする感染症なども、NK細胞、マクロファージ、Tリンパ球などの白血球が免疫力となっています。

血液が体内の60兆個の細胞を生かしたり、殺したりしている重要な役割を担っていて、人間が生きるためのすべての権利を握っています。

だからと言って、体質や家系を気にする必要はひとつもありません。なぜならば、ガンは、「汚血(おけつ)=東洋医学的な言い方」が原因とされているからです。汚血(おけつ)とは、汚れた血のことを言い、体内の老廃物や有毒物がたくさん汚い血液の流れが悪くなって滞り、正常な細胞をガン化してしまうのです。

ガンの特徴的な症状として、吐血、下血、血尿、性器出血(子宮)など、出血が必ず現れるのは、ガンが汚血(おけつ)から来る病気だからです。体内の瘀血(おけつ)だけではなく、事故などの打撲、打ち身、骨折などの外傷性による瘀血(おけつ)によってもやがてガンを発症する場合も多いのです。

従って、悪い生活習慣を改めて、血液をきれいにすることが健康になる秘訣です。ところが、もう1つ忘れてはならないことがあります。それは、私たちが鼻から吸い込む酸素が強い毒素を持っているということです。「生きる」ということは、「息る」から来ています。つまり、酸素が人が生きるためには一番大切です。

私たちが生きるために不可欠な酸素は、霊的な視点でみると、宇宙万物を創造し、すべての生命体の生命の源である創造主からのいのちの息=霊だと言えます。そのいのちの息が心臓で血液に変わります。ですから、創造主からの霊=いのちの息=酸素=血液です。

人間は、万物の霊長だと言われているように、霊的な存在です。広大な宇宙も私たち人間をはじめとするすべてのものが創造主の霊と光によって創造されます。神という存在は、目に見える形をもった存在ではなく、すべてを生かしている宇宙の流動的なエネルギーであり、霊です。

その創造主とのつながりを失ってしまったために、私たちを生かしている霊(いのちの息)である酸素が毒素を持ってしまい、体内の細胞をガン化してしまっています。ガンを克服し、ガンを予防するには、血液をきれいすること、つまり生命の源である創造主に自分の心をつなぐことが最も重要です。


☆ これからの世界の動向を知りたい方、これからの時代をどのように生きるべきか、そのノウハウを知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)を是非ご一読下さい。
☆ 宇宙と科学と宇宙の真理を融合して、これからの21世紀の新しい精神文明時代、宇宙時代に向けて、人類に必要な情報を提供しています。
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。
☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションで、未知なる世界の真実なる体験談です。
☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。