2010年11月23日

これからの時代をどう生きるか

人は本来、宇宙の根源である「一なるもの」、つまり「創造主」に基づいて生きるように創造されています。

すべての人が、創造主とともに生きることが宇宙の摂理であり、高次のエネルギーとの接触を持って生きていました。

しかし、創造主から与えられた「自由意志」によって、次第に創造主との接触を持つことを人間自ら断つようになり、離れることのないようにとの警告に耳を貸すこともなく、生命の根源である創造主の存在を忘れ、自分が何者であるかという記憶がすっかりゆがめられました。

その結果、地上の生きとし生けるものに対しての愛や尊厳をすっかり忘れ去り、自己中心的で、物や金や名誉名声を求める物質的な魂に成り下がってしまったのです。

そして、人間自らが作り出した偽りの神、つまり偶像の神々を神と称して拝むようになり、媚びへつらうようになったのです。それらの偽りの神々は怒りに満ちた嫉妬深い、人を裁くためのものとして地上に蔓延しています。

これらの低級のにせものの神々が人の意識の奥深くに入り込み、地上のほとんどの人の崇敬の対象となっています。つまり多くの人々が、本当の神である創造主を離れて、偽りの世界、つまり無知の闇の世界に生きています。

しかし、その実態を顧みることもなく、気づくこともなく、無知の闇の世界にとどめられ、大衆を支配しようとする宗教や偽りの信仰に盲目的に帰依し続けているのです。

地球という惑星がフォトンベルトという高次へ向かっての次元の高まりに向かっている現在、無知の闇の世界に埋没している人々の意識の本当の救世主はイエス・キリストであるということをこれから再認識するようになっていきます。

イエスは、創造主の意識が地上で具体的に物質化した存在で、普遍の真理です。

キリスト教ではない創造主イエスに帰依することによって、再び創造主とともに生きることができ、高次元エネルギーを受けることができます。

(これからの時代を生きるための最も大切な真理のことば)

『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。−新約聖書:ヨハネの福音書14章6節ー』


☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。