2011年01月06日

病気を乗り越えて健康になるために

昨年末、大晦日の朝、今までにない激痛が腰にはしりました。なんとか、その日は乗り越えましたが、元旦早々から四日間ほど寝込んでしまいました。きっと、昨年の10月から12月の間、九州全県に渡る車の運転疲れと10日間ほど前の雪の降る日に、熊本大学の構内で思いっきり転倒したのが要因だと自分でわかっていました。

正月二日間は、ほとんど身動きが出来ずに、母に看護してもらいました。飼っている2匹の愛犬たちは、憐れみも持って私の顔ばかりじっとそばで見つめていました。

この時ばかりは、私は二本の足で立たなければならない人間であることをひじょうに辛く感じました。ワンちゃんたちのような四足であったならば、身体の重力をこれほどまでに感じなかったと思います。

しかし、痛みと寒気の中で身動きできないからこそ、ゆっくりと休息できたことを感謝しています。忙しい時には絶対にめぐらすことの出来ない思索に興じることができたからです。

再起不能ではないかと思うくらいの激痛の中、イエス・キリストが人々の癒しをしているカレンダーがふと目に留まりました。「ああ...そうだ、私も健康になるために、イエスの来ている衣に触ってみたい。」と心から欲しました。

そのためには、先ず自分自身の心を浄化し、心を平安に保たなければなりません。そして、創造主とつながるために、自分の心をリセットしなければなりません。創造主に生かされていることを感謝しているだろうか?

自分の心が創造主の御前において、純粋でけがれのないものであり、創造主に心からの尊敬と信頼を寄せ、人々に愛を施しているだろうか?

すべての生きる基準は、心からの愛の意図がなければならないのです。

それらをマスターした時、体内の細胞内のDNAが活性化され、癒されるのです。

新約聖書 マルコ 6章56節

「イエスが入っていかれると、村でも町でも部落でも、人々は病人たちを広場に寝かせ、そして、せめて、イエスの着物の端にでもさわらせてくださろうように願った。そして、さわった人はみな、いやされた。」

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

posted by realistictime at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。