2011年01月20日

偉大なる国「日本」

 「日本」は「二本」とも言い、表と裏に隠された二つの意味があり、そのことが日本国旗に象徴されています。

 白地に赤色で示されている日本国旗は、世界のあらゆる国々の中で一番シンプルです。白は博愛、創造主の愛を示し、赤は義、創造主イエスが人類の罪の贖(あがな)いのために流された血の色を現わしてい「ます。

 そして、また赤は、「太陽」を現わしています。つまり、太陽は、グレート・セントラルサン」、つまり宇宙の原初の創造のエネルギーを現わしていて、創造主の象徴なのです。

 従って、太陽が象徴する日本国旗の表側の意味は、日本が創造主の国=神の国であり、またあらゆる文明の始まりであり、人類の基であるということです。そして創造のエネルギー、宇宙エネルギーが世界で最も入る国ということです。

 また、日本に隠されたもう一つの裏側の意味は、○に十字の家紋です。それは一般的に薩摩の島津藩の家紋とされていますが、実は創造主の象徴だったのです。○は宇宙、十字は創造主イエスを示していて、世界中の王室にはこの家紋が遺されています。

 島津家の家紋が創造主の象徴であるということ、それは霧島の高千穂の峰がまさに天孫降臨の地、創造主が降りたった地であるということです。薩摩、鹿児島がまさに人類の文明の発祥の地です。

 ですから薩摩から医学、天文学、鉄砲や砲撃などの軍事技術など、そしてあらゆる産業や文化が世界に向けて波及されていったのです。

 日本の皇室は、世界の王室の中で最も古い歴史を持ち、天皇は、唯一創造主のDNAを持つ、創造主の直系の子孫です。

 創造主が地球に一番はじめに降りたった地が「日本」です。日本は神の国、偉大な国なのです。

 偉大な神の国、日本人としての自覚と誇りを持ち、創造主に基づいた人生、つまり真理の道を歩むことにより、一人で多くの方々の魂が進化することを願って止みません。

「主よ、あなたの道を私に教えてください。私はあなたの真理のうちを歩みます。私の心を一つにしてください。御名を恐れるように。」(旧約聖書 詩篇 86篇11)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。