2011年06月23日

自慢する人の人生

 美しく、聡明な「ルシファー」という名の天使がいました。ルシファーは、神に仕える地位でありながら、神よりも偉くなりたいという空しい思いを持つようになりました。

 その結果、おごり高ぶった態度、自分を誇るルシファーの態度が、天から堕落し、サタン(悪魔)となったのです。

 そして、天使からサタン(悪魔)となっても今も地上に住む人々を惑わし、だまして、人類を創造主から引き離そうとしていて、神への反抗をつづけています。

 自分は偉いという高慢さと、人に良く見せたいという虚栄心は、サタン(悪魔)の罪から来ています。そして、自慢する心は神への反抗心なのです。

 人間が高慢になるということは、へりくだりの精神が一切なく、創造主を離れて、サタン(悪魔)の支配下にあるということです。

 それらの高慢さと虚栄心とは逆に、罪もなく、自分を無にしたイエスの愛が十字架によって表わされたのです。

 創造主は、崇高な愛と聖(きよ)い目的で私たち人間を創造したのです。創造主の目的とは裏腹に、人間は創造主を離れ、罪に陥っていってしまったのです。

 その人間の罪をあがなう(救う)ためにイエスは十字架にかかったのです。イエスの人類に注がれている深い愛をどれだけの人が知っているでしょうか?

 「あなたは心の中で言った。”私は天に上ろう。神に星々のはるか上に私の王座を上げ、北の果てにある会合の山にすわろう。蜜雲の頂きに上り、いと高き方のようになろう。”しかし、あなたはよみに落とされ、穴の底に落とされる。」

 (旧約聖書 イザヤ章14章13〜14節)

 
☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

 
posted by realistictime at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。