2011年09月29日

ありえないこと

 最近、著名な科学者や教授の講義に数多く参加する機会を得ました。

 宇宙に関する天文学や、微生物をはじめとする生物学、ミクロの視点で見つめる量子学など、本当に興味深い内容ばかりでした。

 受けたすべての講義に共通点を見出しました。それは、目に見えない偉大な力が存在するということでした。

 科学者も教授も、それを「創造主」と誰一人公言する人はいませんでしたが、科学を探究していく上において、必ず計り知れないほどの巨大なパワーが背後に存在していることを感じずにはいられないと科学者や教授は講義の最後に必ず語ります。

 その計り知れないほど巨大なパワーとは、全能の神である「創造主」を意味しています。

 多くの科学者が実は信仰を持っていて、聖書に信仰の基礎をおいています。しかし、多くの人が科学と聖書をリンクさせることは、不可能、ありえないと考えています。

 微生物や、動物や植物、そして、宇宙など、自然界は創造主についての情報を与えてくれます。科学と聖書は違っているものではなく、お互いに重なり合い、補い合っています。

 創造主の創造の業(わざ)はすべて聖書に記されています。

「私たちは、知ろう。主を知ることを切に追い求めよう。主は暁の光のように、確かに現れ、大雨のように、私たちのところに来、後の雨のように、地を潤される。」

(旧約聖書 ホセア 6章3節)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。