2011年11月24日

死んだらどこに行くのか

 人間は、死んだらどこに行くのでしょうか?

 肉体の死を迎えたら、その人の人生が終わるというわけではありません。

 人間には、肉体の他に霊と魂があり、霊とは創造主の霊のことであり、すべての人が創造主の霊と光によって創造され、生かされています。

 ですから、神、つまり、創造主は、自分の中に存在しています。

 そして、魂は、何度も転生輪廻を繰り返し、転生を重ねる度に、その魂は進化をしていきます。

 創造主を信じた人は、天国に行くことができます。天国とは、病気も死もなく、苦しみがない所です。

 天国は、物質的な太陽や罪はなく、霊的な太陽、つまり、創造主の光が輝いています。

 そして、天国は、常に創造主イエスがいらっしゃるので、そこは、罪に支配されることがありません。

 また、イエス・キリストが十字架にかかって、死後三日目に霊体で復活されたように、創造主イエスを心から信じる人は、天国では、イエスのように、新しい霊の身体をいただくことが出来るのです。

「キリストや、万物をご自身に従わせることのできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自身の栄光とからだと同じ姿に変えてくださるのです。」

(新約聖書 ピリピ 3章21節)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。