2012年02月27日

恐れや不安から解放される

 刻々と伝わる世界情勢や金融や経済動向を目にすると、どうししても恐れと不安が強くなってきます。

 まして、日本は、昨年大震災の被害を受け、もうすぐ一年が経ちます。そして、日本は、過去2度に渡って、原爆が投下されています。

 どうして、世界の中において、日本ばかりが悲惨な状況に陥らなければならないのでしょうか? 

 それは、日本人が最も罪深いからです。どうしてでしょうか? それは、世界中で一番「創造主を知らない」からです。

 どうして地球がこうも災禍、つまり、カタストロフィーに見舞われるのか、それは、創造主の存在を認めないという他に、激しく混乱した人の心が存在するからです。

 それが、様々な不安な怒りを引き起こし、地球人類から出る荒いバイブレーションが様々な災禍や不幸を招いているのです。そこには、真の調和も平和も存在しないのです。

 創造主が人としての肉体を持って誕生した時、つまり、イエスとして地球上に存在した時、イエスは、片手を挙げるだけで、荒れ狂う海も、強風も一瞬にして鎮めることができたのです。

 イエスの手は、殺戮や憎しみや呪いのためにではなく、人類の愛と祝福のために挙げられたのです。

 創造主の霊を持つ私たち人間も、この宇宙において、神の最高の現われであることを知っていますか?

 万物の霊長を言われているくらい、人は、宇宙において最高の存在です。そして、創造主は、私たち人類のために、地球や太陽や月やあらゆる天体を造られたのです。

 あらゆる万物は生命と知性を持っています。たとえ、元素であっても、鉱物であっても、すべて創造主の霊と知性を固有に持っているのです。

 ですから、それらに対して、人は本当に愛と奉仕の精神を持って接しているでしょうか。持っていないが故に、カタストロフィーが生じるのです。

 私たち人類は、神の現れなのです。ですから、自分の心を創造主に繋いだ時、創造主と一体化した時には、どのような困難や苦しみに遭おうとも、恐れと不安から解放され、カタストロフィーから真に解放されるのです。

「神の子が現れたのは、悪魔のしわざを打ちこわすためです。」

(新約聖書 ヨハネ第1 3章8節)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 
posted by realistictime at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの時代の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。