2012年05月08日

竜巻の脅威

 アメリカでは、トルネード、いわゆる竜巻が、年間に1000回も起きています。しかし、近年では、日本でも頻発するようになり、少なからずも犠牲者と多くの被害をもたらしています。

 いまだに竜巻のメカニズムは、はっきりと解明されていませんが、どうも地球の温暖化によって、海水温の上昇が原因ではないかと取り沙汰されています。

 トルネード(竜巻)、ハリケーン(台風、サイクロン)、洪水、津波、落雷、火山噴火、地震など、何れも世界各国で頻繁に起きてきています。

 それは、地球の温暖化、砂漠化、太陽風の影響や生態系の変化が地球に著しい影響を与えていることは事実です。

 そして、また、人間の精神性の低下、つまり、堕落が宇宙の法則性にそっていないので、その反作用として、人類に様々な災禍が起きているのではないでしょうか。

 欲望に満ち、そして、自己中心的な人間の生き方が宇宙と調和していないのです。

 先ず、地球にこのような破壊現象が起きている一番の原因は、地球の人類が自分の魂の親であり、いのちの息を与えて生かしている創造主を知らないことです。

 人類が創造主とともに歩むことによって、地球が進化し、破壊現象がなくなってくるのです。

 何れにしても、地球人類が宇宙との調和を大きく欠いているので、これから地球に破壊現象が起きてきますが、創造主との心のつながりをしっかりともつことによって、災いを逃れることが出来るのです。

 
☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。
☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。
☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。