2013年04月05日

心配や恐怖を逃れてしあわせに

鹿児島の桜も先日の低気圧の影響を受けて、すっかり葉桜になってしまいました。桜は、日本の国花です。つまり、日本を象徴する花ですが、やはり桜の花が満開になると、日本人のすべての人々が美しさを感じるとともに、日本の趣き、情緒を感じるのではないでしょうか。



 春は素敵な季節で、私も大好きな季節なのですが、様々な病気や疾患が著しく悪化する季節でもあり、また、春爛漫の表向きの情緒と裏腹に、霊的な活動も活発化します。



 日常生活において、人間は、肉体だけで生きていて、死んだら終わりと考えている人が多いのではないでしょうか。そして、毎日の生活に流されている人が多いのも事実です。



 人間は、考える葦と言われているように、自分自身の生活を振り返り、自分の人生を深く見つめていかなければいけないのではないでしょうか。



 人間には、肉体の他に霊体、魂が在ります。肉体の死を迎えた後、死後の世界が存在し、生前の自分の心の状態によって、死後の世界の段階が決まります。



 私の青春時代は、霊的な現象に日々悩まされていました。それこそ、本当に映画「ポルターガイスト」の世界そのままでした。誰にも相談できず、いくらお金を消費してもその怪奇現象からは決して逃れることが出来ませんでした。



 唯一救われたのは、創造主イエスとの出逢いでした。キリスト教という宗教の神を離れた創造主の存在との出逢いでした。あらゆる宗教や哲学的、心理学的知識を用いても悪霊との戦いには勝利することができませんでした。



 創造主イエスの御名を用いて祈った時に、しかも愛のなかった自分の心に、人を思いやる愛の心が芽生えた時に、すべての悪霊現象から解放され、心穏やかな人生を歩むことができるようになりました。これは、私の体験から言える唯一の真実です。



 本当に救われ、幸せになるためには、お金もいらないし、どこかの宗教団体や組織に入る必要もないのです。



 最後に私の大好きな聖書の言葉の祈りをご紹介します。



 「神様は君を愛してくださいます。だから、何も心配しないで。何もこわがらないで。」



  旧約聖書 ダニエル書 10章18節から。




(お知らせ)


★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。



★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。



★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。



「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。