2013年04月07日

愛と調和に生きる

 紀元前1536年頃、ソロモン王という一人の王がエルサレムにいました。エルサレムに建てられた神殿は、地球上で最も荘厳で美しく、最も多くの費用を要しました。

 どうしてソロモン王は、このような万人の想像を絶するような莫大な富と名誉を手にすることができたのでしょうか。

 それは、ソロモンが愛と調和をもって生涯を生きたからです。自分のことを第一にするのではなく、民の生き方を先ず優先する、つまり、何事をするにも善意をもってしたからです。

 ソロモン王は、民の生き方を優先し、民を治めるための知恵を神である創造主に熱心に望んだのです。

 その善意のある生き方が、創造主を喜ばせ、創造主はソロモン王に報いたのです。その結果、同時に彼はすべてのものを豊かに与えられたのです。

 しかし、ソロモン王の前の王であったダビデ王は、戦いを好む人であったので、神殿を建てることが出来なかったのです。

 ダビデ王は、平和ではなく、戦闘を好む激しい感情に生きていたからです。闘いを好む感情は、高次元の意識である愛と調和を乱し、創造的的な活動を阻害し、地上に混乱を招きます。

 この二人の対照的な生き方に倣って、私たちの生き方も愛と調和に満ちた生き方にしていかなけれがならないと思います。

 ソロモンという名前には、全体、完璧、完全、調和、統合、誠意、平穏という意味があります。

 創造主を喜ばせる生き方、それは、闘いではなく、平和を、そして、嫌悪ではなく調和を、利己ではなく利他、そして、無関心ではなく愛を持って生きていくことではないでしょうか。

 
(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。