2013年05月03日

西郷隆盛氏のひ孫さんとの対談

 今日は、日本の近代化の第一人者である西郷隆盛氏の曾孫さんであり、西郷家二十四日会 幹事で、フェスティバロ社の取締役副社長でいらっしゃる西郷隆夫氏と対談をさせていただきました。

 隆夫氏の目は、本当に租祖父でいらっしゃる西郷隆盛氏の目にそっくりで、温厚で誠実なお人柄の方でした。

 そして、一般的に公開されていない様々な情報を聞かせていただく機会を得ることができました。

 江戸時代、幕末には、鹿児島の鍛冶屋町という狭い地域から、世界を動かし、世界の近代化を推し進める偉大な偉人たちが数多く輩出しました。

 そして、その当時、表だって知られてはいない1000人ほどの薩摩人々が日本の近代化に貢献したことを知りました。その陰に薩摩おごじょ(薩摩の女性)の力が大きかったことをお聞きしました。

 鍛冶屋町というところは、薩摩藩の城下侍の中においても、身分の低い侍たちの住む地域でしたが、多くの英雄を輩出した世界一の場所でもあるのです。

 なぜならば、西郷隆盛氏や大久保利通氏らは、ユダヤから日本に流れ着いた渡来人の子孫だからです。

 薩摩藩の島津家は、渡来人の家系です。実は、薩摩を中心に世界の文化が築き上げられたのです。

 西郷隆盛氏の座右の銘である「敬天愛人」の愛人は、愛民だったそうです。

 「敬天」とは、宇宙の真理、つまり宇宙万物を創世した創造主を敬い、「愛人=愛民」とは、人を愛することを目的として生きることを西郷氏は提唱していたのです。

 その生き方は、まるでイエス・キリストの生き方にそっくりではないでしょうか。

 5月15日(水)午後1:30から鹿屋市の高須地区学習センターで、西郷隆夫氏の講演会があります。西郷氏にまつわるいろいろなエピソードを聞くことができますので、よろしかったら是非ご参加下さい。

 
(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。