2013年07月20日

とても危ないこと

 とても危ないこと、それは、危険をおかすということではなく、霊的エゴのことです。

 それは、具体的にどういうことかと言うと、自分がこの世の中で一番偉いと思うことです。このことを霊的エゴと言います。

 一番偉いどころか、一番霊的に目覚めていない人の状態を、とても危ないことと言うのです。

 自分が意識してとらえることが出来る世界は、まだごく一部です。そして、自分をはるかに凌ぐ優秀な存在の人たちが数限りなく存在しています。そこに、謙遜さとへりくだりを持たなければ、天使長から脱落してサタン(悪魔)に成り下がったルシファーのようになってしまいます。

 傲慢さを一番創造主は嫌われます。

 人は、多くの人と交流することによって進化していきます。自分と同じ感性や思考を持った人同士が集まると、協和音が生じ、より高次元の世界に向かって、バイブレーションを高めることができます。

 しかしながら、低い意識の人との交流は、バイブレーションを低下させてしまいます。

 けれども、考え方の違う人との交流は、得ることも多く、真の意味で、自分の意識の進化を更に加速してくれるでしょう。

 そして、一番危ないこと、それは、宇宙の生命の根源である創造主を知らないことです。

  
(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

 
posted by realistictime at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの時代の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。