2013年10月15日

超能力

 二匹の愛犬を飼っていますが、実に人間にない能力を発揮します。

 聴力も嗅覚も人間の何千倍かの能力を持っていますが、餌を食べる時間や朝起きる時間など、体内時計の働きで、正確な時間を把握しています。

 そして、時たま、誰もいない空間に向かって吠えることがあります。人間の肉眼では決して見えないのですが、犬の眼では、霊体、つまり浮遊霊をしっかりと捉えることができるのです。

 だから、無駄吠えをしているのではなく、吠えていることに大きな意味があることが多いのです。

 そして、人間の心をよく見通しています。犬が嫌いな人に向かっては、とにかく吠えたてて、時たま噛みつくことがあります。犬が好きな人には、そのような行動は全くしません。親密的です。

 飼い主が病気をしたり、何か心配ごとを抱えている時には,心配そうな顔をしてじっと見つめています。明らかに人間の心を読み取っています。

 犬などの動物は、死後、団体霊、集団霊となりますが、人間は、一人ひとりの魂の覚醒の度合いによって、死後の世界の其々違った次元の霊界に入ります。

 霊界では、ひじょうに動物たちは大切にされています。動物たちのいる霊界の次元はそれだけ高いのです。ですから、人間にないすばらしい超能力を有しているのです。

 創造主は、様々な遺伝子の組み合わせによって、実に多種多様な動物を創造しました。その一匹一匹に創造主の愛情が感じられます。

 従って、動物を粗末に扱うことは絶対に止めなければならないと思います。

      
(お知らせ)
☆ 今月の勉強会テーマは、「人間の心の次元の世界について」です。
   日時:10月24(木) 午後1時〜
   場所:かごしま県民交流センター 大研修室
 ※ どなたでも自由に参加できます。
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー体験・異次元世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。