2013年11月25日

自分に目覚める

 今日は、精神世界の勉強会が在り「心の次元について」学びました。導入の部分で、三人の女性の生き様を反映する映画を観て、非常に勉強になりました。

 三人の女性とは、新島八重(同志社大学を創設した新島襄の妻)、荻原吟子(日本初の女医)、津田梅子(津田塾大学の創設者)でした。何れも激動の時代で、しかも封建的な時代において、挫折や困難を乗り越えて、強い意志と信念を貫いた女性でした。

 この勉強会から学んだことは、絶えず自分の内面を省みて、自分の意識を高めることの必要性です。

 内面を省みて、自己の意識を高めるためには、その導き手となる新約聖書を読み、自己の意識を生命の源、担い手である創造主につなぐことです。

 そして、単なる利己的ではなく、願望的な思考ではなく、努力と忍耐が伴っての行いの上に、自己の真の本質を見極めた時に、創造主の存在に辿り着き、本当の恵みと叡知をいただくことができるのです。

 創造主の真理を学ぶということは、必ず実践が伴わなければならないのです。

 私たちは、決して雑念にとらわれることなく、真理にそって歩む必要性があります。頑固な自己に縛られることなく、素直な心で純粋な意識を見いだした時に、創造主との一体化がはかられ、精神世界の豊かな恵みが与えられます。それが、自分に目覚めるということです。

★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

 
posted by realistictime at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。