2013年11月29日

人生をどう生きればいいのか

 街を歩いていて、喜びに満ちた生き生きとした表情の人はとても少ないような気がします。

 どうしてでしょうか?

 それは、真の真理というものを多くの人が知らないからです。

 人間は神の子、あなたも私も神の子です。

 神と言うと、一般的に日本では、神社仏閣の神々様、仏様などを指しますが、神とは、有形、つまり形に見えるものではなく、閉ざされた空間の中に鎮座しているものではありません。

 本来、神とは無形であり、私たちの中に住まわれているのです。

 なぜならば、私たち人間は、神、いわゆる創造主の霊と光によってつくられているからです。

 創造主の霊は、私たちの心臓に宿り、私たちの心も心臓に在ります。ですから、心の臓と言うのです。

 医学界では、脳死について様々な論議が取り沙汰されていますが、本来ならば、心臓が停止した状態、つまり創造主の霊がその人の心臓から出かけられた状態が死という判断ではないでしょうか。

 従って、私たちすべての人間は、神、創造主の子です。私たちの胸、つまり心臓には創造主の霊光が存在し、その白光の中に、愛と奉仕のとなるすべての霊的なエネルギーが存在しています。

 ですから、私たちのひとりひとりが神、創造主の子として、愛と奉仕に努めるなら、さらに、忍耐、寛容、あわれみの心に生きるなら、また、謙遜さを持って、創造主イエスに従う生き方をするなら、私たちは霊的に著しく成長することができ、真の幸福を得ることができます。

 身を尽くし、心を尽くし、魂を尽くして創造主イエスに従って生きることが人生最大の課題です。

 
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。 
posted by realistictime at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。