2014年01月03日

地球の内部には高度文明が存在する

私たちはともすると目に見える世界の現実しか目にとめることが出来ません。

 それは、私たちの知覚神経でとらえることの出来る世界であり、実は、私たちの五感以上、つまり6感以上の意識の次元でしかとらえることのできない、目に見えない世界が存在するのです。

 そして、地球の内奥には、5次元の意識を持った高度文明が存在しています。物理的には、地球の内部はマグマに覆われた高温の世界にそのような高度文明が存在するなどど考えもつかないと思われますが、それは、私たち三次元世界に住む人間の考える浅はかな考えなのです。

 地球の内部奥深くには、三次元世界と五次元世界が重なり合っているのです。

 現在の私たちのDNAの数は、2本ですが、実は12本あるのです。そしてほとんどの人が、DNAで活動しているのは、12本のうち2本だけで、あとの10本は、かつて遺伝子操作をされてから、眠ったままの状態なのです。しかし、自分の意識を創造主に再び繋いだ時、残された10本のDNAが活性化されるのです。

 そして、さらに驚くべきことに、地球において、太古の昔、地球には高度文明が栄えていて、36本のDNAをすべて活性化した時代があったのです。しかし、人類の意識の低下とともに、24本のDNAが退化し、やがて12本のDNAだけが残ったのです。

★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。

posted by realistictime at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。