2014年08月02日

現代人に欠けていること

 鹿児島の知覧には、特攻隊の基地跡があり、戦時中はたくさんの優秀な、しかも素晴らしい魂を持った若者たちが戦地に向かって飛び去り、お国の為にと尊い生命を落としました。

 その当時の若者は、日本国の将来を真剣に案じ、日本国を命をかけて守るというこころざしと気魄がありました。

 しかしながら、現代人は、生きるために希望や目的を喪失している人が多く、無気力で意志が弱く、自己中心的で、両親や老人に敬意を払わず、責任感が無く、人生を愉しむことしか念頭にないのです。

 このままでは、日本国の先行きがとても不安です。どうして、現代人はこうも骨抜きの魂になってしまったのでしょう。

 人間としての愛や誠実さ、そして人として完成度が大いに欠けてしまっています。

 およそ2000年前、やはり、人類のために尊い命をささげた人がいました。人類の魂の救済のために、そして、人類が日々おかす罪をあがなうために、宇宙の高次元世界から地球に降り立った方が、イエス・キリストです。イエスは、宇宙を創生した創造主が人間の肉体をもってこの地球に誕生したのです。

 しかしながら、残念なことに、イエスというとキリスト教の代名詞的なイメージが強く、宗教観をなかなか払拭できません。

 宗教ではなく、信仰心を持てば、つまり、精神世界に自分の心の視点を向けることによって、現代人に欠けていることの多くは、きっと埋め合わせることができるはずです。

★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。