2014年10月07日

愛の感情

 喜びや悲しみ、愛や思いやり、怒りや憎しみといった感情は、どこから発せられるのでしょうか。

 それは、人間の内臓では、胃の部分にあたる太陽神係叢です。

 怒ったり、ストレスをためたり、感情が高ぶった時には、胃が痛くなったり、胃の具合が悪くなったりします。

 現在地球に潜在的に高まりつつある混沌とした状況に対する一つの解決方法は、愛の感情を持つということです。

 愛の感情を持つことによって、私たちの意識が高まり、破滅の道をたどるのを防ぐことができます。

 光は闇に打ち勝つように、愛の感情は、すべての破壊的要素を打ち砕くことができるのです。

 2000年前、やはり混沌とした地球で、自分の命を犠牲にして、愛の感情を持って人類に接した存在がいます。その名は、イエス・キリストです。

 イエスは、愛そのものであり、光そのものです。そして、人類の魂の親です。

 したがって、光り輝く未来に向かい、私たちもイエスに倣って、人を、そして地球上の万物を愛していくべきではないでしょうか。


★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。