2015年05月02日

人間には見えていない世界

 地球という三次元の現実に私たち人間は生きています。




 私たち人間の感覚器官の知覚が三次元の現実に縛られているために、広大無辺の宇宙の神秘性を知りません。




 人間の感覚器官には、いろいろな物事をとらえるのに、制約や限界があるからです。




 人間の知覚では、大いなる宇宙をとらえることはできませんが、人間の魂の部分においては、大いなる宇宙の神秘性を実は、知っていて、私たち人間を創生し、生かしている大いなる存在である創造主とのつながりを保っています。




 そして、人間が人生で様々な出来事に遭遇しますが、その出来事は、三次元の現実、つまり表面的な出来事に過ぎず、実は、様々な出来事の裏、つまり深層部分には、見えない宇宙の巨大な力の影響がはたらいているのです。




 ですから、人生における否定的、悲劇的なことが起こっても、決してネガテイヴな感情でとらえてはならないのです。




 人間は、すぐに取り返しがつかないなどとと思いこんでしまいすが、人生のすべての出来事の深層部分には大きな意味が隠されていて、私たちの運命を決める表層部分の出来事をつくりあげているのです。





これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。

★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

 
posted by realistictime at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。