2015年10月31日

地球は魂の修学の場

 時間の加速性が非常に高まっています。ですから、月日が経つのがはやい、もう年末まで後二カ月を残すまでになってしまいました。事実、時間の単位は変わっていませんが、時間の加速性が進んでいるのです。

 それだけ、地球の次元というものが上昇しています。ですから、科学をはじめとして、あらゆるものの進化が進んでいます。たとえば、自動運転の車がすでに開発され、実用化されています。

 地球がフォトンベルトに入った今、地球のバイブレーションはどんどん高まっていますが、人間の意識の進化がひじょうに遅れています。銀河の中心から発せられる巨大なエネルギー、つまり無尽蔵に与えられる創造主のエネルギーを多くの人類が上手くキャッチ出来ていないからです。

 生命の起源をたどってみる時、そして、人間は、自分の力で生きているのではなく、生かされている存在であることを深く考えてみる時、地球人類は、創造主にたどりつくことが出来るはずです。しかしながら、日常の生活に追われて、そのことを省みない現実が存在します。自分の意識を創造主につなぐことによって、人類は大きな進化を遂げることが出来るのです。

 人間は、肉体の死後、魂が肉体から抜け出て、死後の世界に入ります。決して、この世だけで終わりということはありません。人間は創造主から永遠のいのちを与えられているのです。

 肉体の死後、ある人は、また地球に転生し、ある人は、他の惑星に転生輪廻します。転生輪廻というのは、地球間だけではなく、星と星、つまり惑星間の転生輪廻というものがあります。転生輪廻によって、たくさんの経験を積み、魂を進化させるのが目的ですが、同じ星でばかり転生輪廻を繰り返していると、学習効果が落ちてくる場合があります。

 なぜならば、地球は様々な惑星から転生してきているので、様々な性格を持った人がいるので、学習効果が高まるのですが、他の星では、同じ性格を持った魂の人ばかりいるので、自分の欠点などになかなか気づくことができる、魂の進化が遅れる場合があります。

 地球は、様々な惑星から転生してきている人達の集団ですから、実に魂の修学に適しているのです。

これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。

★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。