2015年12月06日

SF映画のような話し

 私たちが住んでいる地球という惑星、それは、大いなる守りよって存続出来ています。

 宇宙や私たち地球人類を創生した「創造主」による守り、そして、銀河連邦によるものです。

 銀河連邦などと実に聞き慣れない言葉ですが、地球を宇宙空間の大災害から守り、また、他の惑星との融合をはからない、友愛の精神のない他の宇宙人に侵害されないように地球という惑星を守っている存在があるのです。

 まるで、SF映画の世界のような話しだと感じる人も多いと思いますが、地球外文明から、つまり何百万もの他の銀河系から数えきれないほどの宇宙人によって銀河連邦が結成され、友愛の精神を持って地球を守っているのです。

 時として地球上に偉大なる預言者やマスター、聖者たちが送られてきましたが、残念ながら、地球人類はそれらの偉大なる存在の多くをを無視し、迫害し、殺害しました。

 しかしながら、地球外文明からこの地球という惑星への干渉は、銀河連邦の評議会で許可された時だけです。ですから、古の地球の歴史において、地球人類が招いたいくつかの文明が滅亡した時も、人類が起こしたどの戦争に関しても、銀河連邦の許可なく干渉することは赦されておらず、また地球上の人々の自由意志に口出しすることも出来ないのです。地球人類が進化をするためには、他の惑星から干渉してはいけなかったからです。

 銀河系の数えきれない宇宙人たちは、絶えず愛と光を私たち地球人類に送っているのです。その証しとして、UFOのが時々地球上に飛来し、私たち地球人類の目の前に姿を現わしています。

 フォトンベルの光の渦に入った地球は、今急速に進化していて、5次元世界への大いなる移行の時期を迎えています。従って、私たち人類は古きものを手放し、新しい世界を受け入れていかなくてはならないのです。それは人類のこれからの課題です。

 従って、新しい世界を受け入れるためには、創造主と意識のコンタクトをとることが先決です。


これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。

★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。