2016年05月09日

不思議な体験

 先日、とても不思議な体験をしました。




 それは、「スキャナー」という映画を観ている最中のことでした。




 急に大きな揺れをはっきりと感じたのです。しかも数分間も大きな揺れが続き、映画館全体がゆらゆらと揺れている感じでした。まるで船に乗って揺れている感じでした。




 しかしながら、私の周辺の人は誰ひとりとして、動じていないし、それどころかみんな映画に見入っていました。




 ただし、私の数列前の年配の御婦人だけが、私と同様に激しい揺れを感じていたようで、すぐ隣に座っていらっしゃるご主人に、しきりに「地震で揺れているけど、どうしよう?」としきりに話しかけているのが聞こえてきました。

 

 しかし、ご主人は、「地震なんか起きていないよ、揺れていないじゃないか」としきりに奥様をなだめていらっしゃる様子が見えました。




 決して私だけではないと安堵したものの、これだけ大きな揺れなら映画の上映中であっても、すぐに中断して、非難支持が出されるはずですし、その時、妙に奇妙だと感じました。




 上映が終わった後、アイフォンの電源を入れて、画面を確かめてみても、緊急速報や地震情報が見当たりません。ということは、地震は無かったということです。




 「スキャナー」という映画は、残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読み取ることができる特殊能力を持つヒロインがある事件を解決していくという内容です。




 人間は、死んで肉体が無くなっても、その強い思念はその場に残るということです。




 おそらく、私が映画に集中し、その世界に同調してしまったために、私は、何らかの霊的は波動、スピリチュアルなバイブレーションを感じ取っていしまい、身体で受けてしまったのでしょう。




 そして、もしかしたら地震の前兆を感じ取ってしまったのかもしれません。翌日数回も身体に感じる地震が久しぶりに起きました。




 今、世界中で地震が頻発し、火山活動も活発化しています。いつ起きるともわからない災害に備えて、創造主に自分の心を絶えずつないでおくことが大切です。







 





これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。

 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。