2017年01月03日

遥か宇宙に思いを馳せて

 新年明けましておめでとうございます。




 今日の夜中、空を見上げると数限りない星が光り輝いています。




 その夜空の様子を眺めるたびに、胸がわくわくするのを覚えます。




 私は、過去十数年前に、九州の鹿児島県、甑島という所で、ある日突然、巨大なUFO,母船を目撃しました。




 それまでの私は、決して宇宙やUFOに特別な興味を抱いていたわけでは決してありませんでした。




 この地上で宇宙船の姿を実際に現わすためには、三次元世界の低い周波数に落とさなければならず、そのためには、莫大なエネルギーを要し、それは、容易なことではありません。




 宇宙人は、高い周波数で活動する方がずっと容易なのですが、必要に応じて三次元世界に物質化することができるのです。




 私が宇宙船を見たのは、決して偶然ではなく、心の波長が合ったのではないかと思っています。その後、数年して、宇宙からのインスピレーションによって宇宙、精神に纏わる本を出版することができたからです。




 私が甑島で宇宙船を目撃する数年前から、「スター・ウォーズ」、まさに宇宙戦争の夢を頻繁に見るようになりました。あまりにもリアリティに富んでいたので、絶対に夢ではないような気がいつもしていました。




 やはり、それは事実だったようです。地球は、いつも守られています。ですから、このように安泰に暮らしていくことが出来るのです。




 この天の川銀河、つまりミルキーウェイは、多くの宇宙人によって守られています。しかし、宇宙人の中には、博愛の精神に富んだものもいれば、邪悪な存在もいます。そして、形を持つものも、形を持たないものもいます。




 ですから、実際に「スター・ウォーズ」は存在するのです。その戦闘の模様をいつも夢で見せられていました。




 数年前の正月には、何百といういう宇宙船が夜空を飛んでいくのを数名のスタッフと実際に目撃しています。




 宇宙は、並はずれたエネルギー、創造主のエネルギーが満ち溢れています。




 遥か宇宙に思いを馳せる時、それは大変ロマンティックでもあり、さらに地球人類の意識がもっと宇宙に向けられ、そして、人類の意識がはやく進化することを心から願ってやみません。










これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。  




posted by realistictime at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。