2018年07月14日

神の存在

 人間は、究極の状態に追い詰められたり、死が目の前に迫ったりした時、必ず神に助けを求め、自ずと祈るようになります。今生きていることを、さらに神の存在を認識するからです。




 昨日、テレビで人間は食事をとるには、少なくとも食事に関する費用、お金がかかるので、食事をとることを意識するけれども、呼吸に関しては、ほとんど意識をしていない、当たり前に成りすぎていると報道されていました。




 確かに、一回一回呼吸をすることが出来るから私たちは生きることが出来ます。私たち人間は神に生かされています。ですから、命があることを、生きていることを日々神に感謝して下さい。




 神は私たちの生命です。私たちの心臓の鼓動も神の生命が宿っている確かな証です。自分の中にある神の存在を感じなくなることが人間にとって大きな悲しみです。




これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。


★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページを御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 00:25| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。