2018年07月17日

大自然の中でブルーベリーを摘み取って

058.JPG


大自然の中でブルーベリーを摘み取って

鹿児島県日置市東市来町にある知人の東峯農園主催の”ブルーベリー摘みとり園”に行ってきました。

鹿児島市内から車でスイスイ走ってに30分あまり、周りの美しい森林の木々に囲まれた農園です。

鹿児島市内とは全く違った空気、酷暑とは言え、炎天下なのに吹いてくる風の清々しさ、不思議なほど暑さを感じませんでした。

ご主人が一生懸命に丹精込めて植えつけた、およそ50本あまりのブルーベリーの木々に連なるブルーベリーの一粒ひと粒に植えられたご主人の愛情を感じました。

この農園のブルーベリーは、酸味が少なくてほのかな甘みが漂っていました。農園の奥様といろいろなお話をしながら、本当に楽しく収穫させていただきました。

鹿児島市内の有名な洋菓子店の食材のブルーベリーのは、この農園のものだそうです。

やはり、人間は自然とともに生きることが大切だと痛感したました。土から出る優しい波動、さわやかな森林からの風、無農薬の果樹からは美しい波動が漂ってきました。

久しぶりに汗をいっぱい流しました。一生懸命スポーツをした後のような爽快さとほどよい疲労感がありました。

おかげさまで身も心もリフレッシュできました。

なんといっても、人は自然と共存するべきですね。自然のパワーによってとても癒されます。

農園の御主人と奥様に感謝です。
posted by realistictime at 00:22| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。