2018年08月31日

人間は小宇宙

 太陽系は、大宇宙、マクロコスモス、人間は、小宇宙、ミクロコスモスと言われています。




 つまり、太陽系の縮小版が、私たち人間です。




 人間には物質的なからだと目に見えないからだがありますが、私たち人間の頭を、まるで虹のような円環が取り囲んでいます。




 よく、後光がさしているとか言われていますが、オーラとも呼ばれ、別名コーザル体とも呼ばれています。




 この七色の円環には、一人ひとりの過去世での行いがすべて記録されています。そして、創造主の栄光を現わしています。




 人間の頭頂部には、東洋医学的には百会(ひゃくえ)というツボがあり、ここから神、つまり創造主の光が入り、心臓まで達しています。創造主から人間まで延びている線を霊子線(れいしせん)とも言います。




 すべての人が創造主と霊子線で繋がっています。従って、すべての人は神が内在するという所以です。




 その霊子線は心臓まで達していますが、心臓には青や赤やゴールドの三色の炎が宿っています。多くの人がこの事実を知らないでいます。ですから、心臓に宿っている三色の炎は眠ったままの状態です。




 この事実を知ったらならば、私たちにいのちの息を与えて生かしている創造主、内在する神に意識を向けて、より深く繋がることが大切です。



 





これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。


★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページを御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 16:21| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。