2018年11月20日

病気と遺伝子のつながり

 あるヒトががんを患い、余命いくばくもないと宣告されましたが、医学的な治療を受けることを止めて、毎日自分は絶対に治ると信じて、何事にも前向きに考え、笑顔を絶やさず生活し、数ヵ月後には完治したそうです。




 ヒトの遺伝子は、生命の構造そのものです。健康になるのも、病気になるのも遺伝子自体が重要なカギを握っています。




 人間の肉体は、60兆個あまりの細胞から成り立っていますが、大気汚染や放射線や毒素などの外的要因や、ストレスや心配や不安、恐怖などのヒトの感情や心の状態による内的要因によって、細胞内の遺伝子がダメージを受けたり、遺伝子の構造が変化します。




 その結果、遺伝子自体の不調和や免疫システムの不調和が起こり、病気になります。




 従って、健康になるためには、ヒトの感情や心の在り方がひじょうに重要になってきます。ヒトの精神や心から細胞の遺伝子へと情報が即座につながります。ですから、不調和な精神や心の状態を克服し、前向きに希望を持って生きることによって健康を得ることが出来ます。




 そして、すべてのヒトの細胞には、宇宙におけるあらゆる時間と場所と出来事についての知識が実は存在しています。ですから、多くのヒトが宇宙に惹かれるのです。




 ですから、宇宙の真実や法則性を探求し、宇宙の高次元エネルギーを細胞内に取り込むことによって、より遺伝子が活性化し、自分の魂の生まれ故郷の星を思い出すことが出来るようになります。

 








これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。


★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページを御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。











 


 
posted by realistictime at 00:29| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。