2016年10月19日

はしかの流行

 近年、はしか(measles)が流行しています。麻しん、ルービオラ(rubeola)とも言い、麻しんウイルスによって起こる病気です。




 空気感染、飛沫感染、接触感染によって、人から人にうつります。その感染力はウイルスの中で最も強く、麻しんを発症している人と同じ部屋にいるだけで(空気)感染することがあります 。




 皮膚表面に赤い発疹、目の炎症、咳、鼻水などがはしかの症状です。




 感染源である麻しんウイルスに最初に接触してから約12日後、熱、くしゃみ、鼻水が現れ、咳と頚部のリンパ腺の腫れが続きます。




 感染して4日後には、赤い斑点が顔面や首に現れ、胴と腕と脚にあらわます。




 2,3日で発疹は静まり、熱が下がります。




 しかしながら、最悪な場合に陥った場合には肺炎や脳炎を引き起こします。







 はしかは、かつては、小児疾患で一番発症する疾病でしたが、ワクチンが開発されて以来、ずっと発症が軽減されてきました。




 しかしながら、1990年以降、再び、はしかの発症率が高まり、症例のほとんどが都心のスラム街に暮らす就学前の子供たちと移民してきた人々でした。




 そして、近年、アジア地域(インドネシア、モンゴル)からの感染が指摘され、子どもの頃のワクチン接種による免疫を失ったと思われる青少年や若い成人でも著しく発症率が増加しています。




 人体は小宇宙とも言われ、その仕組みは実に科学的であり、人智を超えています。近年の人類の免疫力の低下が指摘されていますが、宇宙のエネルギー、創造主の光のエネルギーを取り入れることによって、免疫力が上がります。




 そして、言うまでもなく、毎日の食事の採り方に気をつけ、継続的な運動を取り入れることが大切です。




これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。  





 
posted by realistictime at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

元気で長生きの秘訣

日常昨今、テレビを見るたびに健康増進やアンチエイジングのためのサプリメントの宣伝が目にとまります。いかに多くの人々が元気で長生きの秘訣を探求しているかをうかがい知ることができます。




 中国医学の「黄帝内経(こうていだいけい)」という古典においては、健康と長生きに密接な関係を持つ極めつけの要点をかかげています。




 人は老化とともに、視力が衰え、耳が遠くなり、骨とその一部である歯が弱くなり、やがて血管が詰まったり破れたりするようになります。




 ですから、目を守り、耳を守り、骨を守り、血管を守ることが老化防止に繋がります。そして、お年寄りの方々の死亡原因の多くは肺炎ですが、これは、抵抗力の低下が最も大きな要因です。




 そして、人間は抵抗力が低下すると、風邪をひきやすくなり、また色々な病気にかかりやすくなり、ガンの発生率も加齢とともに高くなります。




 かぜは万病のもとであり、かぜにかからない体力づくりのために抵抗力を上げることが大切です。抵抗力を上げることによって、免疫力が強まりますので、ガンの予防にもつながります。




 そして、人間は肉体だけではなく、目に見えない霊体があり、その霊体に宇宙の光のエネルギー、つまり創造主のエネルギーを入れることが大切です。




 人間は、口からの食べ物だけではなく、目に見えない創造主の光のエネルギーによって生かされています。その光のエネルギーが細胞に注がれると、細胞が再生し、元気で長生きできます。








これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か
posted by realistictime at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

健康になるために

 現代の医療技術は日々著しい進歩を遂げていて、私たちはその恩恵を少なからず誰でも受けています。




 感染症の治療には、抗生物質が用いられ、ただ単に感染症をなくすだけではなく、免疫系とともに機能するように構成されています。




 ひじょうに強い細菌が体内に入り込んだ時など、緊急性をもって抗生物質が役立ちます。




 代替医療の分野においては、抗生物質が免疫系を消耗させ、腸内の良い細菌を死滅させたり、免疫系を過剰に機能させたりするので、体に悪いと言われたりしています。




 しかしながら、医療の様々な分野において、それぞれメリットもデメリットもあります。ですから、それぞれを否定することなく、T.P.Oに応じて健康になるために総合的に様々な医療分野の技術を用いることが適切ではないでしょうか。




 さらに、現代医療か代替医療かを問わず、2000年前にイエス・キリストが行った癒しと奇跡、たとえば、死人が生きかえったり、盲目の人が視力を回復したり...完全な生命の復活という医療行為を人間はいまだ行うことは不可能です。




 また、私たちの感情や感覚や思考が体の健康状態に大いに影響を与えています。私たちの心の状態や脳の中における思考パターンが健康になるためには重要になってきます。




 究極、健康になるためには、60兆個の細胞からなる私たちの体が、創造主との繋がりによって、細胞レベルから癒されるということです。




 創造主と繋がることによって、脳から体を癒すための特殊な化学伝達物質が放出され、体内の細胞の受容体がその伝達物質を受け取り、真の健康を得ることができます。




 私たちひとりひとりが自分の中に創造主を呼び込む力を持つことが大切です。




 新約聖書 ルカ 7章21〜23節のみことばから




「その時、イエスは病気や苦しみや悪霊に悩んでいる多くの人々を癒し、大勢の盲人を見えるようにしておられた。それで、二人にこうお答えになった。“行って、見聞きしたことをヨハネに伝えなさい。目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩き、重い皮膚病を患っている人は清くなり、耳の聞こえない人は聞こえ、死者は生き返り、貧しい人は福音を告げ知らされている。わたしにつまずかない人は幸いである。”




 




 これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

posted by realistictime at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

病気や不調を治し、より健康になる

 コミュニケーションのネットワークが著しく発達している現代において、5000年の伝統を持つハーブ療法が代替医療として注目されています。




 大気汚染などにおる地球環境の著しい悪化や添加物や農薬などによる有害な食物の摂取によって、私たちは健康な体を維持するために解毒、つまり毒素を対外に排出する必要性があり、さらに私たちの内臓諸器官は、蓄積した熱によって慢性的な疾患に至らなくても絶えず不調に陥っています。




 ハーブ療法は、自然なものはすべて安全で今の医薬品が持っているような副作用などありません。




 医学の父であるヒポクラテスは、人間の体が自然の理、つまり宇宙の法則性に支配されていること、病気にかかりやすいかどうかは、個人の体質と遺伝形質に加え、食生活、水、衛生状態、気候、社会などの環境に作用されることを見出しました。




 さらに、ヒポクラテスは、触角や味覚、嗅覚、音などの感覚を手掛かりに患者をよく観察し、症状を決して抑え込むのではなく、ハーブ療法を取り入れて、新鮮な空気や運動、入浴、食生活の改善などによって人間自らが本来もっている自然治癒力(体自らが治ろうとする力)を高めるように促したのです。




 ヒポクラテスは、実際におよそ400種類程のハーブを用いて人々を癒していた記録を残しています。




 病気や不調などで悩んでいる人々が実に多いと思いますが、物理的な医療行為によって治す手段が見つからない場合には、自分の感情を認識し、感情を変化させ、つまり自分から出る波動を変えることによって健康になることができます。




 古来より「病や気から」とい言われているように、人間の感情が肉体に大きな影響を及ぼしています。




 ですから、感情を通して肉体の状態を変えれば、慢性症状を起こしている波動を変化させられ、病気や不調を改善できます。




 また、病気の多くは霊的なものが多く、病気が肉体レベルに達する前に付きとめ、つまり、霊体にある段階で癒すことが大切です。




 人間の体は、おもに肉体と目に見えない霊体と魂から成り立っていて、霊体が病んでいると肉体に病気が起こってきます。




 病気や不調を改善するためには、肉体的には、ハーブ療法で用いられる、アロマセラピーの精油(植物から採る芳油、油)が人間の感情体に作用し、慢性症状を起こしている波動を変化させ、肉体をシフトアップさせることができます。




 なぜならば、特定の感情は生命維持に必要な内臓器官と対応していて、アロマセラピーで用いられる精油が感情体に対応し、ダイレクトに内臓諸器官に作用するからです。病が肉体レベルに達する前、つまり霊体にある段階においてすでに癒すことができます。




 さらに、自分の感情を上手くコントロールするためには、自分の心に平安と調和、安らぎをもたらすように、自分の意識を自分の魂の親である創造主につなぐことです。




 創造主とのワンネスによって創造主の慈愛を感じることにより、私たちは心身共に癒され、健康になることができます。








 これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。


 




 
posted by realistictime at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

ストレスに負けない体をつくる

 毎日ストレスにさらされている私たちの体は、解毒を必要としていて、最も病気にかかりやすくなっています。




 さらにストレスは、私たちの体内の免疫システムを攻撃し、人間に本来備わっている自然治癒力を阻害してしまいます。




 また、私たち人類を取り巻く環境汚染物質が体の免疫防御システムを攻撃しています。




 そして、私たちが口から摂取する有害な食物によって、私たちの体は日々蝕まれているのです。




 先ず、ストレスを取り除くために、自分の意識をマイナスからポジティブに変えることです。そして、宇宙や人類を創生した「創造主」に自分の意識をつなぐこと、創造主とのワンネスを保持することです。




 そうすることによって、細胞内の遺伝子に光が入り、元気な細胞が新たに再生されていきます。細胞は再生能力を持っていて、健康に向かって私たちの体を作り直しています。




 細胞は3週間のサイクルで絶えず再生されています。その結果、6週間ごとに肝臓、味蕾、遺伝子までも再生させていて、私たちは絶えず自分の体を作り直しているのです。そして、私たちの体は2年反未満で新しくなります。




 創造主によって創生された私たちの体は、再生のための偉大なるシステムと能力を持っています。







これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。








 
posted by realistictime at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

より健康になるための自然の療法

 ヨーロッパや北米においては、日増しに健康になるための自然療法を探し出し、自ら体質強化や健康管理を行う風潮が高まっています。




 なぜならば、合成薬の副作用、つまり安全性と効能に対しての疑問を抱く人々が増えているからです。




 残念ながら、日本においての医療教育においては、植物薬に関する内容が含まれていないために、医療のスペシャリストたちが薬草に対しての知識や効果や適切な用い方、リスクについてのアドバイス、さらに植物薬の品質を見極める方法が難しいのが現状です。




 自然療法に対しての偏見が多いのですが、近年、従来の医学に伝統医療などの多方面に渡る代替医療を加えた統合医療というものに関する関心が高まっています。つまり、植物薬の代表である漢方やメディカルハーブ療法を取り入れて、今まで医薬品で治らなかった病気に対しての素晴らしい効果を上げています。




 特に、医薬品では効果を得られないメディカルハーブ存在します。




 ミルクシスルというハーブには、肝機能を守る重要な成分が含まれていて、ヨーロッパにおいては中世から、肝機能障害に関連する症状の治療に使われています。欧米においては、肝臓の他に、腎臓や脾臓の疾患、黄疸の薬として用いられています。




 一般に使用される解熱剤や鎮痛剤を大量に服用すると、肝臓に損傷を与えるアセ

トアミノフェンという毒素が含まれていますが、ミルクシスルには、解毒を助ける効果があり、肝臓細胞の代謝を活性化し、肝臓を保護する働きがあります。




 創造主がこの地球上に与えた自然の中にこそ、私たちのからだを癒し、本当に健康にするものが存在していることは、大きな真実です。



 これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。


posted by realistictime at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

移植について

 現在、豚や人間の心臓弁を用いて心臓のリカバリー(修復)が可能となっていて、他の体の部位にういても移植可能となっています。




 はじめはたった1個の受精卵に創造主の光が注がれ、それから細胞分裂を繰り返し、およそ60兆個もの細胞から人間の体は構成されています。




 その人間のからだを構成する細胞の仕組みはひじょうに複雑で実に科学的な仕組みを持っています。




 ですから、その細胞が知的な要素を兼ね備えていて、移植されたものが異物だと理解するので、いわゆる拒絶反応、つまり移植されたものを攻撃し、体内のバランスが崩れてしまいます。




 「The Eye」という香港・シンガポール合作の映画があり、アメリカでも何度かリメークされましたが、幼い時に視力を失った女性が、角膜移植で視力を手に入れましたが、その直後から怪現象が女性を襲うという内容です。




 しかも、その映画は、以前タイで実際に発生した「角膜移植を受けた少女が、手術の1週間後に自殺する」という事件から着想されたものです。




 人間の体を構成する細胞には、その人が経験したことをすべて覚えておくことが可能な特別な記憶装置があり、その人特有の細胞のバイブレーションがあります。




 ところが、移植された臓器には、移植を受けた人の細胞が持っているバイブレーションや記憶とは全くことなったバイブレーションや記憶があるのです。




 従って、移植を受けると、映画「The Eye」のように、前の所有者が持っていた記憶を移植とともに取りこむことになるので、移植を受けた人は、前の所有者の記憶やエネルギーや思考を受け付けることができずに、拒絶反応がでます。




 人間に備わっている免疫機能の働きにより、移植されたものを攻撃してしまうのです。




 従って、移植された新しい臓器に適応し、体内のバランスや免疫機能の調和をとるために、私たち人間を創生した創造主に自分の意識をつなぐことが大切です。




 
これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。

 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

肝臓と健康

 中国の道教の教えにおいて、肝臓と腎臓がきれいなら人間は年をとらないとあります。




 今の地球において、環境汚染や有害な食物の摂取において、私たち人間の肝臓は大変ダメージを受けています。




 また、日常生活のストレスや怒りの感情によっても肝臓はとても疲れています。




 肝臓は、血液中の老廃物や毒素を取り除きますが、肝臓の機能が低下してしまうと、解毒作用ができなくなり、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。




 従って、漢方薬やハーブの下剤などを使って解毒が必要であり、また創造主との繋がりを確信しながら、自分の人生に感謝し、愛を持って人に接することが大切です。








これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
posted by realistictime at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

ガンを克服するためには

 現代病の代表としてガンが挙げられていますが、ガンの原因となるのは、不適切な食事、喫煙、遺伝的要因、労働環境から発癌性物質、環境汚染物質、アルコール、ウイルス感染、運動不足、生殖性因子からだと言われています。




 すべてのガンは、血液や組織を構成する細胞内で発生し、怒りとストレスによる毒性がガン細胞の栄養素となります。




 ガン細胞には、怒りや憎しみの感情を引き寄せる特別な受容体を持っています。さらに、低体温になるとさらにガン細胞は増殖するので、身体を温めることが大切です。




 ですから、ガンを克服するには、怒りや憎しみや悲しみなどのマイナス意識をガン細胞に送らないようにすることです。そして、強いストレスを抱えると、身体に強い毒性をもたらし、ガン細胞は、毒性の感情やストレスを集めて増殖しようとするのです。




 従って、人間は自分の力で生きているのではなく、創造主によって生かされていることを感謝すること、そして、ガン細胞に愛を注ぐこと、プラス意識を持つことです。その結果、ガン細胞は、健康な細胞へと変化していきます。




 細胞は細胞同士で互いに連絡を取り合っていて、ガンが体内の毒素をすべて吸収し、集めてくれているのです。従って、自然療法的に漢方やサプリやハーブ、良質な食品によって、ガン細胞から毒素を排出することも大切です。




 さらに、ウイルス性疾患と同様に、自分の体力と免疫力を高めることがひじょうに大切です。

 


これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。

 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。


 




 




 
posted by realistictime at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

あらゆる病気や心身の不調を回復させる療法

 医学の父と言われた古代ギリシャのヒポクラテスは、あらゆる病気や心身の不調の原因を四つの体液(血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁)の調和が崩れることによって生じると考えていました。人間の生理系の大部分が上手く機能するかどうかは、まさにこれらの四つの体液のバランスにかかっていることが、多くの科学的研究で明らかになっています。




 それらの体液のバランスが崩れた場合には、それらの体液の浄化や瀉血(しゃけつ)療法、そして、薬用植物、つまりメディカルハーブによって均衡を取り戻す方法が数千年前から用いられていました。




 現代におけるあらゆる病気や心身の不調は、化学伝達物質の配列のバランスが崩れることによって生じています。その代表が神経系です。




 数百万、数十億の神経細胞(ニューロン)でできている脳や脊髄、体内の隅々までに達している神経系は、30種類もの神経伝達物資と呼ばれる化合物を各細胞へ伝えています。




 また、神経系は、内分泌系(複数の臓器と腺の集合体)にも深く関わっていて、血液循環を通して特定の細胞にホルモンを放出しています。




 最大の要因であるストレスによって身体における神経伝達物質及びホルモンの正常なバランスが崩れるとうつ病、ノイローゼなどの精神の健康に目に見える変調をきたします。そして、頭痛は、不眠、血圧上昇、偏頭痛などといった体調にも変調をきたします。




 あらゆる病気や心身の不調を治すのに有効なのが、投薬治療ですが、薬には副作用があり、服用が習慣化してしまう恐れがあります。




 しかし、医薬品に代わりうるものとして、メディカルハーブは、数世紀に渡って医薬品に代わって古くから人々に長く用いられてきました。その効能が科学的論拠によって裏付けされています。神経の状態や体調を整え、精神面の健康の回復を促します。




 たとえば、ホップは、睡眠障害の患者に処方され、不安や軽い抑うつ気分に対して処方薬に代わる治療法として用いられています。




 また、古代ギリシャやローマの医師、中国やインドの医師も使っていたバレリアンは、穏やかな睡眠薬として用いられ、セントジョンワートは、中等度のうつ症状に対して用いられ、現在処方されている抗うつ剤と同程度の効果を持っています。




 旧約聖書では、モーゼが聖別(ある儀式によって聖なるものとされる)のために使う聖油にシナモンを加えていました。




 新約聖書では、イエス・キリストが病人の癒しに使う聖油は、オリーブ油を使用していました。




 実は、太古の昔から今日に至るまで、ハーブ療法は、民間療法の主役であり、発展途上国では今でも多くの人々が治療に薬草を使っています。今、従来の医療を代替するものとして、メディカルハーブに対する関心が高まっています。




 人間のあらゆる病気や心身の不調を回復させる本当の薬は、創造主が地球上に与えて下さった自然の中に存在します。



これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。

 ★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp )を御覧ください。
 ★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。


「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

病気や不調を克服するには

機密性の高い建物の中で多くの人々が暮らし、電磁波が多く出ているパソコンや携帯やスマートフォンや様々な電化製品に囲まれ、仕事や人間関係のストレスにほとんどの人が自分の肉体を衰弱させてしまっています。



 そして放射能によって汚染された空気や、化学薬品で浄化された水を飲み、農薬によって汚染された食物を多くの人が摂取しています。



 病気や不調は、感情や精神面、そして、遺伝的な要素や栄養面においての不調和や毒性によって起こるのです。



 肉体は、意識を反映する鏡のようなものです。ですから、自分の意識を変えることによって、病気や不調を克服することができるのです。



 真の癒しとは、意識と魂から来ます。自分自身を愛し、意識を上げていく必要性があります。



 意識を上げるとは、この世の中に流されることなく、また、他人に依存することなく、自分の中に存在する神性を開花することです。



 それは、自分の中に存在する神性、つまり、創造主に自分の意識を繋ぎ、霊性を高めることです。



 人間は本来、創造主の霊を持つ、霊的な存在です。肉体の死を迎えても、霊的な存在として尚も生き続ける存在なのです。



 創造主とは、具体的にどのような存在なのでしょうか。実は、人知を超えた超高次元世界の存在で、まるで光のような存在です。



 人間が悟りを開くために、つまり霊性を高めるために、創造主がイエス・キリストという人間の肉体を持ってこの地球上に誕生したのです。



 ですから、イエスの説いた真理の教えを悟ることによって、私たちは意識を高めることができると言えるのです。



 しかしながら、聖書から霊的な意味がかなり削除され、歪曲されている部分が多いのも事実です。



 とにかく、自分の中の神性=創造主を発見した時に、新たなる人生が始まるでしょう。







(お知らせ)


★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。



★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。



★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。



「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい
posted by realistictime at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

病は気から

 病は気からとよく言われていますが、気が病んだり、気が減少すると病気がちになったり、気分が落ち込んだりします。 

 「気」とは、元気の「気」であり、病気の「気」でもあります。「気」とは、東洋医学的に言うと万物を構成している元、要素と言います。従って、気とは、創造主の霊でもあり、血流を意味しています。

 東洋医学では、気血の滞りによってすべての病気が発症すると言われています。

 気(構成要素)が変化すると、つまり、心の状態によって、構成要素が変化し、血流が滞り、病気になります。血流が良いと免疫力が高まりますが、血流が悪いと免疫力が低下します。

 身体的には、血流を良くするれば病気が良くなり、また精神的には、自分の意識を創造主に向けて、創造主のエネルギーを取り入れることによって、心身共に健康になります。


(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 
posted by realistictime at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

健康についての将来の展望

 日本人の死因として最も多いのが、がんです。がんの三大治療として、手術、放射線、薬物(抗がん剤)がありますが、正常細胞を傷つける可能性があります。

 最先端医療として、重粒子線治療の他に、最近では、免疫細胞療法があります。

 先日は、免疫療法学会に出席したが、細胞単位でがんを克服するものでした。人間には、免疫力があり、その免疫システムにおけるNK(ナチュラルキラー)細胞は、生まれつき、標的を殺傷する能力をもち、どんながん細胞でも認識でき、攻撃力が強いのです。

 そのNK細胞を活性化し、増殖するものを免疫療法と言います。正常細胞にダメージを与えることをなく、ピンポイントでがん細胞だけにだけダメージを与えるというものです。

 NK細胞は、がん細胞がどんなに変化しても、騙されることなく一個ずつ殺傷していくのが特徴です。ですから、再発や転移を防ぐことができるのです。

 結局、古来より備わっている自己の免疫力を高めることが重要です。そして、私たちの細胞は、創造主の霊と光によってできています。ですから、創造主の光をどんどん細胞に取り込むことによって、がん細胞が正常な細胞へと変化するのです。

 NK細胞は、血液中のリンパ球、大形顆粒リンパ球とも呼ばれます。人間の血液、つまり、血液中の成分は、人間の意識の状態と意図に応じて変化します。

 従って、創造主を心から信じて、自分の意識を本当に創造主につないだ時、血液中のリンパ球、NK細胞は、大いに活性化し、がん細胞を多様的に殺傷し、細胞の正常化が進むということです。

 自分の意識と意図を創造主に向けることが、健康についての将来の大きな展望です。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。 
posted by realistictime at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

難病の早期克服

 中学二年の青年が痔ろうの治療のために病院の診断を受けたところ、クローン病という難病の疑いがひじょうに強いと宣告されました。 

 クローン病は、先ず小腸のバリウム検査によってほぼ診断が確定され、その青年は、小腸に縦走潰瘍が四箇所もありクローン病に間違いないと医師に言われ、母親と共にひじょうにショックを受けていました。

 大腸検査までのほぼ1週間、4回ほどの東洋医学の治療を受け、大腸検査に臨んだところ、CRP(炎症を示す数値)が正常値に戻り、クローン病ではなく、アクタ型大腸炎という診断が下されました。そして、再度、小腸検査のためにバリウム検査をしたろこと、縦走潰瘍が消えて、成長期に見られる点が数箇所あるだけだと言われたそうです。

 このアクタ型大腸炎は、若年性の膵炎の蓄積によるものであり、確かにその青年は、昨年の9月に急性膵炎を患っていました。

 たった数日間の短い期間において、クローン病が克服されました。もちろん肉体的に東洋医学の治療も施されたのですが、何と言ってもこのような奇跡が起きたのは、その青年が創造主とのつながりを持ったからです。

 青年は、漫画で書かれている旧約聖書と新約聖書を読み、聖書物語を短期間に波読してしていました。病気が癒されるのは、病人の神聖な意識が創造主の純粋な周波数につながる時です。

 神聖な意識とは、恐れや悲しみといった感情を追い出し、創造主の愛によって自分のハートの周波数を高め、養うことです。

 真の癒しを成し遂げるためには、自分の心を創造主に一心に差し出し、自分に内在する創造主を心から信じて、癒しをお願いし、任せることです。

 宇宙の愛、つまり創造主の愛で自分を満たした時、全身の細胞内のDNAに光が充填され、肉体構造とDNAの遺伝系統からすべての病を追い出すことができ、健康を取り戻すことが出来るのです。

 創造主と自分との一体感を体感した時に、すべての病を克服することができるのです。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

心の渇きを癒すために

 日々の仕事や人間関係などで、多くの人々がストレスを抱え、心身共に疲れきっています。

 どうしてなのでしょうか? 疲れきってしまうのは........。

 それは、人々の心が霊的に飢えて、渇ききっているからです。

 それは、どういう意味なのでしょうか?  この地上に生きている多くの人が知りません。

 人間は、肉体を維持していくために、口から食物を摂ります。

 ところが、人間には肉体だけではなく、目に見えない霊体があり、その霊体を維持していくためには、創造主の光のエネルギーを摂る必要性があります。

 多くの人が肉体の健康だけしか気にとめていませんが、目に見えない霊体のことは少しも気にとめていなくて、霊体は空っぽの状態です。

 そして、霊体に光のエネルギーが入らなければ、どんなに物質的に豊かでも、心が癒されることは決してありません。そのような状態を霊的飢餓と言います。

 どんなに肉体の健康に留意しても、霊体に創造主の光のエネルギーを入れなければ、心の渇きが癒されることなく、人生を幸せに生きることはできません。

「主なる神が言われる。私がこの地に飢餓を送る日が訪れる。それはパンの飢餓でもなく、水の渇きでもない。主の言葉を聞くことの飢餓である。彼らは、海から海へ、北から東へとさ迷い歩くだろう。彼らは主の言葉を求めてあちこちを走り回るが、それを得ないだろう。」

(旧約聖書 アモス書8章11〜12節)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。
☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。
☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 

posted by realistictime at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

健康になるために重要なこと

 病気になって初めて健康であることのすばらしさ、有難さを知ります。

 では、健康になりたい!という願いを達成するには、どうしたらいいのでしょうか?

 病気になったら先ず病院へ行くという考えが一般的に定着しています。確かに、遺伝子工学などのテクノロジーの発達により、高度化した先進医療を受けられるようになりました。

 しかし、癌や難病にかかると不治の病として完治しないケースが多いのが現状です。

 西洋医学の利点も多々ありますが、自然科学を主とした伝統的医療である東洋医学に視点を向けてみてはいかがでしょうか。

 体内の「気」「血」「水」の流れが五臓六腑にどのような病変を起こしているのかを、医療機器を使わずに、脈診(手で脈をとってその音や響きを診る)によって病理を見極めるのが東洋医学です。

 人間には、目に見える肉体と目に見えない霊と魂があります。

 「気」は宇宙エネルギー、創造主の霊、人間の信念です。広大な宇宙などのマクロの世界から、目に見えない原子などのミクロの世界の隅々にまで気=創造主=宇宙エネルギーに満たされています。
 
 そして、「気」は、人間の信念が凝集したものです。病は気からということわざがあるように、人間の心の持ち方、つまりマイナス意識を持つと病気になるということです。

 それは、人間の信念、つまり心の状態がミクロの世界の原子の働きを変化させ、病気などの様々な事象となって現れてくるのです。

 目に見える肉体には、霊(気)、血、水が必要です。

 また、目に見えない霊体には、霊(気)、血、光が必要です。

 光とは、創造主の光です。万物は、創造主の霊と光によってできています。おそらく、ほとんどの人が霊体の存在もまた、創造主の存在すら知りません。

 霊体に創造主の光がないために、肉体も病気になるのです。水がないと肉体を維持できないように、光がないと霊体も維持できません。

 創造主に従わない心を罪と言います。そして、霊体に光が無ければ必然的に病気となります。

 東洋医学では、経絡治療と言って、12本の経絡と365の経穴(ツボ)を使って治療を施します。創造主の光のエネルギーが流れる道を経絡と言い、光のエネルギーが入る場所が経穴(ツボ)です。

 一人でも多くの人が創造主の存在を知り、創造主に従った生き方をしてほしいと願ってやみません。

「イエスは答えて言われた。”人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる”と書いてある。」

(新約聖書 マタイ 4章4節)

 
★ 講演会のお知らせ
5月29日(日)午後1時から、かごしま県民交流センター、中ホールにて、「人間の死後の世界の生き方」をテーマに講演会を開催します。会費は大人1000円です(子ども、中高校生は無料)。どなたでも自由に参加できますが、参加される方は事前にご連絡下さい。(E-mail:info@toyoigaku.jp かFax:099-228-1352 東洋医学研究所、宇宙意識波動研究所まで)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

すばらしい人生を生きる秘訣

私たちが目でとらえ、また理解することが出来る宇宙は物質的なもので、宇宙全体からすると、たった1パーセントに過ぎません。

この地上の科学は、そのたった1パーセントの説明にしか向けられていません。残りの99パーセントは、未知なるエネルギー(ダークマター、ダークエネルギー)として、人間の知識では解明されていません。

実は、私たちがすばらしい人生を生きる秘訣は、その未知なるエネルギーを知ることなのです。その理解の基礎となるのが、「霊」についての認識です。

この地上で「霊」に対しての認識は、死人の霊、幽霊、亡霊と言った、ひじょうに低いレベルでの「霊」に対しての認識と理解が一般的です。

「霊」にもさまざまな段階があり、最も高いレベルの「霊」は、宇宙万物を創造し、あらゆる生命の源である「創造主の霊」です。そして、宇宙の99パーセント以上をしめる未知なるエネルギーが「創造主の霊」であり、最も科学的です。

「創造主の霊」が超科学的であるという理由は、あらゆるものの基となっている原子よりもさらに、小さい、微細な粒子であるということです。その微細な粒子によって地球という惑星も、月や太陽も、そして風や水、そして存在するすべての物質が構成されています。

そして、その微細な粒子「霊」が生命の源で、私たちが呼吸している空気=いのちの息です。鼻から息(創造主の霊)を吸い込むことによって、体内では、酸素(空気)が血液中のヘモグロビンによって体中を循環し、私たちは生かされています。

空気や血液がなければ、私たちは生きていくことができません。空気は創造主の霊であり、体内では血液となります。つまり、創造主の霊=空気(酸素)=血液です。

創造主の霊は、最も微細な微粒子であり、あらゆる物質の基であり、無限に形を変え、物理学的な素粒子や宇宙物理学的な範疇(はんちゅう)やレベルを超えたものあり、超科学的です。

五感の知覚(見る、聞く、臭う、触る、味わう)に支配されている人間には、最も微細な粒子である「霊」を理解することが難しいのです。

しかし、私たちの「愛」によって、その最も科学的で、最も微細な粒子である「霊」を自由自在に扱うことが出来ます。人生は、愛が基本であり、愛を持ち、愛を施すことによって、微細な粒子が活性化し、健康が回復し、幸福になります。

人は創造主の霊と愛によって生かされています。ですから、創造主の霊である息をよく吸い込み、人と触れ合い、愛に満たされることが大切です。病気は、呼吸の不規則性、つまり息をよく吸い込んで、体内に酸素(霊)を取り入れていないことにあります。

また、人から離れて孤立して生活していると、また利己主義な生き方は、愛が枯渇し、生命は急速にバランスを崩します。

創造主と融合し、愛を持って生きることによって、生命は自然にバランスがとれた状態に戻ります。それらのことを理解することが、すばらしい人生を生きる秘訣です。

創造主イエスは、愛の行いを地上で実践され、あらゆる病人を癒し、死人を生き返られたり、奇跡を行いました。それは、決して奇跡ではなく、イエスご自身が宇宙の法則性そのものであり、愛を持って創造主の霊、微細な粒子を自由自在に扱うことが出来たからです。

「御子(イエス)は神の栄光の輝き、また神の本質の完全な現れであり、その力あるみことばによって万物を保っておられます。」

(新約聖書 ヘブル 1章3節)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

病気を乗り越えて健康になるために

昨年末、大晦日の朝、今までにない激痛が腰にはしりました。なんとか、その日は乗り越えましたが、元旦早々から四日間ほど寝込んでしまいました。きっと、昨年の10月から12月の間、九州全県に渡る車の運転疲れと10日間ほど前の雪の降る日に、熊本大学の構内で思いっきり転倒したのが要因だと自分でわかっていました。

正月二日間は、ほとんど身動きが出来ずに、母に看護してもらいました。飼っている2匹の愛犬たちは、憐れみも持って私の顔ばかりじっとそばで見つめていました。

この時ばかりは、私は二本の足で立たなければならない人間であることをひじょうに辛く感じました。ワンちゃんたちのような四足であったならば、身体の重力をこれほどまでに感じなかったと思います。

しかし、痛みと寒気の中で身動きできないからこそ、ゆっくりと休息できたことを感謝しています。忙しい時には絶対にめぐらすことの出来ない思索に興じることができたからです。

再起不能ではないかと思うくらいの激痛の中、イエス・キリストが人々の癒しをしているカレンダーがふと目に留まりました。「ああ...そうだ、私も健康になるために、イエスの来ている衣に触ってみたい。」と心から欲しました。

そのためには、先ず自分自身の心を浄化し、心を平安に保たなければなりません。そして、創造主とつながるために、自分の心をリセットしなければなりません。創造主に生かされていることを感謝しているだろうか?

自分の心が創造主の御前において、純粋でけがれのないものであり、創造主に心からの尊敬と信頼を寄せ、人々に愛を施しているだろうか?

すべての生きる基準は、心からの愛の意図がなければならないのです。

それらをマスターした時、体内の細胞内のDNAが活性化され、癒されるのです。

新約聖書 マルコ 6章56節

「イエスが入っていかれると、村でも町でも部落でも、人々は病人たちを広場に寝かせ、そして、せめて、イエスの着物の端にでもさわらせてくださろうように願った。そして、さわった人はみな、いやされた。」

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

posted by realistictime at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

洗脳から目を覚ます

神はどこに存在するのでしょうか?

多くの人が、自分の外に神を求めて、神社仏閣や教会などに行き、安らぎ、およびこころの平安を得たいのです。

神は自分の外側にいるのではなく、自分の心の内側にいます。

ですから、幸せになるのも、また健康で長生きするためには、自分に内在し、私たちを創造し、生かしている神である創造主に自分の意識をつないでください。

自分が創造主とつながっているときには、自分という存在が光とパワーに満ち溢れ、あらゆることを成し遂げることができます。

神と融合しているか、また自分たちの思考によって、幸福か不幸かが形作られていきます。自分の思考が、遺伝子にはたらきかけ、それが現実化するからです。

神は、自分の中に存在します。ですから、自分の外に神なんか絶対に存在しません。

自分の外部に存在する神は、すべて人間がつくりだした偶像に過ぎません。この世の中の洗脳からはやく目を覚ましてください。

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

人間の本当の生き方

この地上のすべてのものは、「光」によってつくられています。太陽や月、そして星、山や川、動物、植物、私たち人類もです。

大気、つまり空気に光が投影されなければ、すべてのものは誕生しないということです。例えば、植物は大気中の酸素と光がなければ、光合成ができません。植物だけではなく、すべてのものが大気と光が生きていく上で不可欠なのです。

大気、空気のことを「霊」と言います。「霊」と言っても、死人の霊や亡霊などの低次元の霊ではありません。「霊」とは、「創造主の霊」のことです。

その「創造主の霊」に「光」が差し込むことによって、すべてのものがつくられます。

私たち人類は、創造主の霊によって創造されたので、自分の中に創造主の霊をすべての人が持っています。ただし、多くの人が「光」を取り入れてないのです。

健康で、いつまでも年をとることなく、幸せに生きるためには、自分の中に存在している創造主に積極的につながり、自ら光を取り入れることです。

そうすることによって、体内の細胞に光が注がれ、細胞内のDNAが活性化します。

人類は、霊と光の存在です。自分のからだ、感情、知性、霊性のすべての面において、バランスのとれた状態を保ち、自分の意識を上げていくのが、人間の本来の生き方です。
☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)を是非ご一読下さい。

☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

posted by realistictime at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする