2010年02月18日

健康で幸せに生きる方法

 健康で幸せに生きたいと誰でも心から願っていると思います。よくご存知の様に、精神や感情が肉体に及ぼす影響は、ひじょうに大きく、マイナスな感情、否定的な思いや人との不調和などは、大きなストレスとなって私たちの健康を損ないます。

 そして、人間は、目に見える肉体だけではなく、目に見えない霊体(意識体)があるということもよく認識してほしいと思います。人間は肉体の死を迎えても、霊と魂があって、永遠の生命を持っています。

 ですから、私たちが健康で幸せに生きるためには、それぞれ固有の機能を持つ感情や精神、肉体や霊体(意識体)に宇宙からの偉大なる光のエネルギーを注げばいいのです。

 人間には、東洋医学的な観点で観ると、12本の経絡(けいらく)と365の経絡(けいらく)の「ツボ」があり、それにそって、宇宙の光のエネルギーが注がれていくのです。

 従って、多くの光のエネルギーを私たちの身体に注ぐためには、霊的なつながりを維持しなければなりません。もちろん、健康的なバランスがとれた食生活を心がけ、前向きに生きること、そして、自然な感情で素直に正直に生きることも重要ですから、ぜひとも毎日実践する必要があります。

 一番重要なことは、霊的なつながり持つこと、それは私たちを創造し、生命を与えて生かしている神、創造主とつながることです。創造主は、「三位一体」の仕組みを持ち、三つのエネルギーの形態の働きを持っています。

 私たち人間は神である創造主の光によって創造され、肉体に生命の息=霊が与えられていかされています。創造主は、銀河系の中心を貫く巨大な宇宙の光のエネルギー体ですが、その流動的な光のエネルギーが、この地上で物質化し、肉体を持った形体がイエス・キリストです。ですから、イエスは人間の肉体を持って地上に誕生しましたが、決して人間ではなく、神である創造主です。

 三位一体とは、一番目に光である「創造主」、二番目に生命の息=霊である「聖霊」、そして、言霊(言葉には霊力が存在すること)を持ってこの地上で宇宙の真理を人々に説いたイエス・キリストの三つを指しているのです。

 それらの三つから成る宇宙の光のエネルギーを人間の頭頂部に在る「百会(ひゃくえ)」(クラウンチャクラとも言う)から取り入れ、眉間の置くに存在する松果体(しょうかたい)は、全身にこの光のエネルギーを分配していき、感情や思考、身体の全ての組織や肉体活動に関する指示を送ります。

 そして、身体全体を流れる12本の経絡(けいらく)と365の経絡(けいらく)のツボに宇宙の光のエネルギーが注がれ、私たちは、霊的に目覚め、覚醒されていきます。

 人間は、両手を地面に平行して横に伸ばして立った時、十字架の形をしています。従って、人間の脊髄は十字架の縦の線を現わしていて、宇宙と地上のつながり、創造主との結びつき、つながりを現わしています。

 そして、両手を伸ばし出来る横の線は、十字架の横の線を現わし、物質的な社会、つまり人間と人間のつながりを現わしています。

 従って、人間は、自分の中に神であるイエス・キリストを内在しているのです。私たちは神の子であり、内なる神イエスを地上で現わすために、私たち一人ひとりは生かされているのです。

 ですから、健康で幸せに生きるためには、自分に内在しているひじょうに宇宙の高次元に存在する光の存在である、創造主、イエスとの霊的つながりを持つことです。

「あなたがたはみな、キリスト・イエスに対する信仰によって、神の子どもです。」

 (新約聖書 ガラテヤ 4章7節)

IMFORMATION

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。お蔭様で、第4回目の増刷が1月8日に決まりました。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。

★ 宇宙と科学と宇宙の真理を融合して、これからの21世紀とうい新しい精神文明時代、宇宙時代を迎えるための人類に必要な情報を提供しています。

★ そして、今後、地球浄化に伴う未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いと生きるためのノウハウを提供しています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

幸せに生きるために

 健康で若さを保ちながら幸せに生きること、それは多くの人々の普遍の願いです。

 しかし、現実は、不平等、不平、不満、非難、中傷、分裂など、自分たちの意に反した不健康で不幸な生き方を送っている人々が多いのです。

 一見、科学や文明は進んでいるように見えても、自殺者や精神病患者は尚増加する一方です。

 そして、多くの人が日々の生活を支えて生きることが精一杯で、心が満たされることなく、早く老け込んでいるのが現状です。

 この地上にどうしてあらゆる不幸が満ちているのか、それは、地球上に生きる人類の生き方が根本的に間違っているからです。

 このような言い方をすると、人間の生き方が道徳やさまざまな規範に反した生き方であるとか、心の状態が悪いのだとか、単に道徳的、心理学的な批判をしているのではないかと、多くの人が逃げ腰になるのではないでしょうか。

 単に、この地上のモラルや物質的な基準を引き合いに出すつもりはありません。私たち地球人類は、もっと宇宙に目を向け、新しい視野を持つ必要性があるということです。

 広大無限の宇宙には、私たち地球人類以外に銀河系や他の星々、そしてそれぞれの惑星に宇宙人が確実に存在しています。宇宙には様々な次元が存在していますが、地球以外の他の惑星で高度に進化した存在、人類は、宇宙と調和した、喜びに満ち溢れた自由な生き方をしていて、幸福そのものです。

 なぜならば、他の惑星に存在する高度な人類は、宇宙の法則にそった生き方をしているので、決して不調和の想念を抱くことなく、人々と調和しながら生きているからです。

 従って、不調和の想念がいかに肉体的に悪い影響を与えるか、つまり自分の体内にいかに化学作用をおよぼすかを知っているので、自分の意識を宇宙の法則性であり、宇宙の超意識である創造主と一体化するまでに高めています。

 要するに、地球以外の高次に進化した他の惑星の人類は、一切不調和の想念を出すことなく、自分の想念をコントロールし、自分の病気を自分で治すことができるのです。

 ところが、地球人類は、私たち地球を取り巻く、宇宙の現状や宇宙の真理というものに対して全く無知であり、私たち人類を創造し、いのちの息を与えて生かしている偉大なる存在である創造主、つまり宇宙のひびょうに高度に進化した意識生命体の存在を知らないでいるのです。

 なぜならば、物質世界である地球で、地球人類の多くが、創造主からの霊を与えられて生かされている霊的な存在であることを知らずに、肉体が主であると信じていて、その肉体が足かせとなって、自分の心が第一であり、自分の力で生きていると思い込み、地球という物質世界しか知らないのです。
 
 この人間の無知と自分を創造主よりも高い位置においてしまった傲慢さと創造主と離れた生きる自己中心的な生き方が多くの不幸を招いているのです。地球人類だけが創造主と分離していて、宇宙の法則性に従った生き方をしていないのです。

 従って、幸せに生きるためには、この宇宙の法則であり、宇宙の超意識である創造主とつながって生きることが最も重要です。そうすれば、肉体はいつまでも健康で若さを保つことが出来、幸福に生きることが出来るのです

「神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」

 (新約聖書 ヨハネ 4章24節)

 IMFORMATION

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。お蔭様で、第4回目の増刷が1月8日に決まりました。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。

★ 宇宙と科学と宇宙の真理を融合して、これからの21世紀とうい新しい精神文明時代、宇宙時代を迎えるための人類に必要な情報を提供しています。

★ そして、今後、地球浄化に伴う未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いと生きるためのノウハウを提供しています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

posted by realistictime at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

人間の感情に潜む驚くべきパワーと神秘性

 人間の感情には、実に驚くべきパワーと神秘性が潜んでいます。

 喜びや悲しみ、そして怒りや恐れ、安心感という感情が、ひとつのエネルギー体となり、肉体の健康と人生に大きな影響を与えるのです。

 「人を愛し、人を受け入れて赦す」という肯定的でプラスの感情は、特定の速度で振動を持ちはじめて、ひとつのエネルギーを生み出し、体全体をくまなく流れます。

 そして、人間の無条件の愛と赦しの肯定的な感情は、DNAの活性化を促すので、健康になり、幸福な人生を送ることができるのです。

 しかし、恐怖や怒りなどの否定的でマイナスの感情は、正常な振動数持つことが出来なくなり、固まってしまい、認識力や思考能力が低下ささせ、最終的には、大きく精神的なバランスを崩してしまいます。

 つまり、善なる肯定的なプラスの感情は、あるエネルギーを生み出し、DNAを活性化させますが、否定的でマイナス的な感情は、人間の知的能力や精神性を破壊させていくのです。

 なんと、人間の感情には、このような驚くべきパワーと神秘性が秘められているのです。

 善なる肯定的なプラスな感情を持つためには、自分の意識を高次元へつなぎ、意識を高めなければなりません。人間は、自分の意識を高めると、どのようなことでも出来るようになるのです。

 それを地上で実践したのが、イエスです。イエスは宇宙の巨大なエネルギー体が物質化し、肉体を持って地上に誕生したのです。イエスから出るエネルギーは数キロから、時には数百キロもの広がりを持っていたそうです。

 イエスはあらゆる意識レベルや知識や情報を持っている宇宙の偉大な存在でした。そして、地上の人々が一切罪のないイエスを十字架にかけましたが、イエスは、その人類の罪を赦し、今も尚、宇宙の高次元世界に存在し、人類に尽きることの無い愛と慈しみを注いで下さっているのです。

 ですから、すべての人々に内在するパワーと神秘性を高めるためには、自分の意識を高次元世界の偉大な存在であるイエスにつなげばいいのです。そのためには、創造主イエスが地上で説かれた宇宙の真理を理解し、実践することがとても重要です。

 高次元へ意識をつなぎ、自己の意識を高めることができれば、イエスがキリスト教の教祖ではなく、創造主の分身(化身)であることがはっきりと認識できます。

 人間があまりにも無知であり、意識レベルが低いために、人々は、イエスに対しての執拗なまでの偏見を持つのです。

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」

 (新約聖書 ヨハネ 14章6節)

 IMFORMATION

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。お蔭様で、第4回目の増刷が1月8日に決まりました。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。

★ 宇宙と科学と宇宙の真理を融合して、これからの21世紀とうい新しい精神文明時代、宇宙時代を迎えるための人類に必要な情報を提供しています。

★ そして、今後、地球浄化に伴う未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いと生きるためのノウハウを提供しています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
                                            
posted by realistictime at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

本当の幸せを求めて

 今日は、「クリスマスキャロル」という映画を観て来ました。ディズニーが配信しているこの映画は、コンピューターグラフィックのあらゆる技術を駆使した素晴らしい映画です。

 そして、また心の世界を説いているだけでなく、霊的な視点、魂の視点から説いているとても感動的な映画でした。多くの人が物的な視点だけで物事を判断して生きていますが、霊的な尺度を持つことの大切さが映画の中でとてもよく表現されていました。是非、皆様もご覧になって下さい。

 肉体という物質に縛られている人々は、自分の考えや思いや視野を制限されて生きています。この地上に生きている間に、人間には肉体の他に霊と魂があり、肉体の死後には死後の世界、霊界が存在していることを悟る人がとても少ないようです。

 私たちに霊を与えて生かしている神は、いつも私たち人間に愛の光を与えて私たちを守っていて下さいます。

 従って、物質世界の中でばかり生活していると、日常生活の様々な出来事や心配事にすっかり飲み込まれてしまい、自分の意識が低下する、つまりバイブレーションが著しく低くなっています。だから多くの人々が取り越し苦労の多い日々を送っているのです。

 本当の幸せを求めるには、人間は神によって生かされている霊的な存在であることを悟ること、そして人々を心から愛し、奉仕する人生を送ることです。これらのことが全て死後の世界、霊界において、価値ある人生を送ってきたと評価されるのです。

 しかし、この地上の富や財産、そして名誉や権威や権力ばかりを追い求め、人のために愛を持って生きることをしていない人の人生は、死後の世界(霊界)では、価値の無い人生だと少しも評価されません。

 物に惑われずに、神と共に愛と奉仕の人生を送る人は、この地上においても、霊界においても、本当に幸せな人生を生きることができるのです。

 「互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」

 (新約聖書 ヨハネの福音書 13章34節)
 ■information■

◎ 東京セミナーのご案内

12月6日(日)〜8日(水)の3日間、東京スポーツ文化館にて、セミナーを開催します。どなたでも自由に参加できます。

 12月6日(日)PM3時〜 「生命の誕生と霊について」
 12月7日(月)PM1時〜 「これから地球に起きる人類の危機」
 12月8日(火)AM10時〜 「私の臨死体験と死後の世界」

 参加を希望される方は、11月30日まで、メール(info@toyoigaku.jp)でご連絡下さい。詳細をお知らせ致します。

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

 
 
posted by realistictime at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

なぜ人は病気になるのか

 生きていく上において、病気の苦しみがなかったらどんなに人は幸福に生きられることでしょうか。病気は人間の精神までもむしばみ、不幸な人生を歩むことになってしまいます。

 なぜ人は病気になるのでしょうか。それは、人間が肉体という物質にばかり目を止め過ぎているからです。そして、人間は自分で生きているのではなく、神によって生かされていることを知らないからです。

 人間は、目に見える肉体と目に見ない霊と魂から成り立っています。私たちは、肉体を維持するために、また健康になるために食物を食べて、肉体に栄養とエネルギーを補給します。

 ところが、私たちは、肉体のことばかり考えて、霊と魂に関しては、一切何もしていないし、考えていない、つまりエネルギーを与えていないのです。病気は、「肉体」と「霊」と「魂」の不調和、この三つが有効に機能していないから起こるのです。

 人間は、神からの霊が与えられて、神によって生かされています。霊とは「生命力、いのちの息」です。人間は霊をたずさえた肉体です。

 つまり、人間は神によって生かされている霊的な存在であり、人間の本質は肉体ではなく「霊」が主体です。

 従って、神から与えられた霊と魂に神の光がないと肉体が健康を損ねて苦痛を覚えるのです。多くの人が不健康なのは、神とのつながりを持っていないために、霊と魂に神からの光が一切入らないからです。

 私たち人間が神から分離してしまったことが病気の一番の要因なのです。人間は霊であること、神から生かされているというこということを認識して、健康であるために肉体、霊、魂の三つを調和させるために、神とつながって生きることが大切です。

 私たち人間に、生命力、いのちの息を与えている神である「創造主」は、いつの日も決して分け隔てすることなく、すべての人間に愛と慈しみを与えて下さり、私たちを生かして下さっています。

 健康であるためには、私たち人間が神とのつながりを取り戻すことが大切です。神に生かされていることの恩恵と感謝を捧げつつ、創造主と共に生きていくことが一番大切なことです。

 神を離れた人間を再び、神である創造主につなげてくださったのは、イエス・キリストです。イエスが十字架にかかることによって、神を離れて生きている人間の罪をすべて洗いきよめ、再び人間が自由に神と交流できるようになったのです。

 ですから、人間みずからが積極的に神を求めることが重要です。人間は決して食べ物を食べることによって生きているのではなく、神のことば、つまり神の光、壮大な宇宙エネルギーによって生かされているのです。

 「イエスは答えて言われた。『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』と書いてある。」

      (新約聖書 マタイの福音書 4章4節)

■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

人生の試練に打ち勝つ方法

 人生は様々な試練に満ちています。一生幸福のまま過ごす人は一人もいないし、地球に生きている限り、みんな人苦難や困難に遭遇し、人知れず悩んでいます。

 苦難や困難を悲劇的なこと、不幸なことと受け取るか、それとも、それを神から与えられた試練と受け取るか、その受け取り方で人生が大きく変わってきます。

 聖書に出てくる、人類の祖である偉大なアブラハムも、エジプトの奴隷状態にあった古代イスラエル民族を開放し、自由を与えたモーゼも、二人とも神の尊い使命を受けて、この地上で多くの民を導きましたが、二人の人生は、決して平安ではなく、波乱に満ちた人生でした。

 しかし、二人とも天の御国(死後の世界)では、たくさんの神の祝福を受けて、平安のうちに暮らしています。

 私たちに与えられた苦難や困難は、私たちの意識を高め、魂を覚醒するためにあります。幸せな情況では、決して人間は進化しないからです。私たちが地上で生きる目的は、意識や魂を進化覚醒することであるということをご存知でしょうか。

 様々な苦しみは、神から与えられた試練であり、神のテストです。

 人生の試練に打ち勝つためにはどうしたらいいのでしょうか。試練に打ち勝つための唯一の方法があります。

 それは、全能の力を持つ神、創造主にすべて自分の進むべき道をゆだねることです。人間は、自分の知恵や力では決して苦難や困難を乗り越えることは出来ません。

 創造主に自分のすべてをゆだねた時に、創造主から素晴らしい叡智が与えられ、道が開けてきます。自分のすべての信頼を創造主に寄せて、創造主とのつながりを持つことです。

 なぜならば、創造主は私たち人間の創り主であり、私たちのすべてをご存知だからです。

 人生の試練に打ち勝った時、その時が神のテストにパスした時です。そして、その後にすばらしい喜びと幸せが用意されています。

 ですから、試練に打ち勝つまで、どんなに辛く苦しくとも、決してあきらめることなく、忍耐を持って耐え忍びましょう。


「主(創造主)に信頼して善を行え。地に住み誠実を養え。主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。

 あなたの道を主(創造主)にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。」

        (旧約聖書 詩篇 37章3〜4節)

  
■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 
posted by realistictime at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

美しい人になるために

 美しい人、それは、姿形が美しいという意味ではありません。

 心の美しさを持った人のことです。外見上の美しさは、化粧をしたり、着飾ることである程度補うことが出来ますが、齢を重ねるごとに色あせていきます。

 しかし、いくら齢をとっても、色あせない美しさがあります。それは、心の美しさを持った人です。

 心の美しさを持っている人とは、宇宙の神で、すべてのものを創った「創造主」を知っていて、「創造主」とともに生きている人のことです。

 創造主は、イエス・キリストを宇宙から地球に遣わしました。創造主は、イエスという人として地上に誕生し、イエスを通して人々の罪を清め、救いの道を与えました。

 ですから、イエスを信じる人は、清められ、宇宙からの光(宇宙エネルギー)に満たされ、誰よりも美しく輝く人となります。

 創造主の光に満たされた人は、奥ゆかしく、へりくだっていて、自己犠牲の精神に溢れています。それらは、古来より日本人に息づいている特質であり、神のすばらしい性格をあらわしています。

 日本人は古来より太陽信仰で、太陽信仰とは創造主のことです。そして、天皇は創造主の直系の子孫で、神の素晴らしい特質を歴代に渡ってずっと保っています。

 ですから、創造主は、もともと日本の神であり、外国の神では決してありません。日本の神が世界の神なのです。まことの神「創造主」の愛と存在は日本のはじめからありました。

 「わたし(イエス)が道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」

    (新約聖書 ヨハネの福音書)

■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。

★ ネットの小説の検索の仕方

「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。


 
posted by realistictime at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

神様から不思議な力を得るために!

 世の中を見渡すと、不健康で悲しみや苦しみにあえぎながら生きている人がたくさんいます。みんな生きることが辛いのです。

 私自身もかねてはそうでした。生きていることに喜びを見出せずに、死ぬことばかりを考えていた時期が実際にありました。

 ただ幸か不幸か、私は小さい時から壮絶な霊体験をしていたので、きっとこのまま死んだら、私は恐ろしい地獄へ行きそうな予感がしていました。

 そして、人間にはこの肉体の他に霊体があって、幽霊なるものが地上に存在すること、そして肉体が死んでも人間には死後の世界が存在することを、霊現象と闘う日々の中で、漠然と理解していました。

 そのような私の人生が、ある日を境に一変しました。それは、聖書を通してまことの神と出逢ったからです。聖書は神のことばからすべて出来ていて、不思議な力があるのです。

 なぜならば、宇宙や生きとし生きるものすべては、「光あれ!」という神のことばから創造されたからです。ですから、神のことばから出来ている聖書を紐解くということは、神からの不思議な力、光をいただくことになるのです。

 人間は、目に見える肉体のほかに、目に見えない霊と魂からできています。肉体は物質でいつかは消えて無くなります。しかし、霊と魂は神からのもので、人間は、肉体の死を迎えても、その霊と魂は永遠に生きるの霊的な存在です。

 肉体は食物を摂ることによって維持できますが、神から与えれている霊と魂は、神の光を得ることによって維持できます。しかし、この地上の人々は、霊と魂に神からの光をもらっていないために、不健康で不幸な生き方をしています。

 私はキリスト信者でもなく、聖書に精通してもいませんが、聖書を読むことによって、神からの不思議な力、霊的な光をもらっているので、今では、健康で不安がない幸せな生き方をしていると公言できます。但し、不思議な力とは、この地上で言われている超能力的な力では決してありません。

 聖書を読むことによって、霊的に力を得るので、人生の先を見越すことができ、人の心の内面を読み取る力、洞察力や危険を未然に回避する不思議な力を神からいただくことができます。

 そして、霊界、死後の世界とは決して、怖い世界ではなく、宇宙の最高次元に、まことの神「創造主」が存在し、その創造主が霊界の頂点にいて、霊界を支配していることを理解してから、霊界、死後の世界に対しての恐怖が消えました。

 見えない世界に対しての恐怖は、自らが生み出す恐怖であり、まことの神とつながっていれば、死後の世界、霊界は平安で幸せな世界であることをはじめて知ったのです。霊界は自分の心がつくりだす世界であり、霊界にはさまざまな段階、次元層があり、自分の心に応じた階層に入ることを知りました。

 聖書を読んで、神様からの不思議な力、光をもらって、みなさんが幸せに生きることを心から願っています。


 「聖書はすべて、神の霊感によるものです。(新約聖書 テモテへの手紙 第2 3章15節)」


■information■

★ 宇宙万物を創生した創造主、イエス・キリストにや聖書について、また、これからの未来に起こることについての真実を知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。

★ 今まで聞いたことがない斬新な内容で編集され、とても興味深い内容となっています。

★ わたしどもは、宗教的な組織でも団体でもなく、営利を追及するためにこの本を決して推奨しておりません。これから、未曾有の大災害や疫病、食糧難、戦争などが起こってきますので、一人でも多くの方々にこの本を読んでいただいて、まことの救いにあずかっていただくためにお薦めしています。

★ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

★ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションです。未知なる世界を真実なる体験談として少しずつ紹介しています。 お蔭様で御好評をいただいております。
posted by realistictime at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

天国とはどういう所でしょうか?

 天国とは、すばらしい所であると聞いていますが、具体的にどのような所でしょうか。

 先ず、地上とは比べ物にならないくらい、素晴らしい波動に満ちています。光に満ちた世界であり、物質的な太陽とは違った、霊的な太陽が輝いています。

 先ず、天国に入ると、人々はみな一様に若返ります。イエス・キリストは33歳で十字架にかかり、昇天し、3日目に地上に霊的な身体=霊体でよみがえりました。ですから、天国に入った人は、30歳代くらいの姿に変容します。老いも若きもだいたい30歳代に若返ります。

 天国は、創造主を中心とした生活が営まれ、人々は互いに愛し合い、慈しみ合います。神のため、人々のために奉仕することが天国の生きる目的となっています。

 食事をとる必要がなく、自分がほしいいと思ったものは、瞬時にして形になって目の前に与えられます。すべて自分の意識で創り上げる創造の世界です。

 そして、自分の行きたいところ、また会いたいと思う人の所には、時間、空間、つまり次元を越えて瞬時に移動することができます。

 しかし、高次元世界から低次元世界への移動は、それだけ波動が荒くなるので、苦しみを伴います。

 天国は、病気や死や不幸が一切ないので、この地上とはまったく違ったすばらしい世界です。創造主と人々がしっかしりとつながって生きているので、創造主の御心と人々の意識は全く同じであり、同じ観点です。

 天国に入るためには、この地上に生きている時にまことの神である、創造主、イエス・キリストを通してでなければ、決して入ることができません。

 赤ちゃんが死んだ時には、この地上に生きていた時にイエスを信じるという意志をまだ持ち合わせていなかったので、そしてまた、この地上で罪をおかしていないし、純粋な魂のままなので、赤ちゃんは天国に入ることが出ます。

 また、様々な物事を判断する能力を持たない幼児が死んだ場合もいったん、天国の保育所のような所に行き、天使たちが一時の間、その幼児をまるで母親のように愛情を持って育てるという神の配慮があります。赤ちゃんに対しても同様の配慮がなされています。

 天国においても、奉仕に生きるとともに、地上と同様に、魂の修行は続けられます。永遠のいのちを持っている魂は、永遠に魂の進化を目指して、永遠に学びの日々をおくります。

 天国に入るための珠玉の聖書のことばがあります。

「わたし(イエス・キリスト)が道であり、真理であり、いのちなのです。わたし(イエス・キリスト)を通してでなければ、だれひとり父(創造主)のみもとに来ることはありません。」

 ☆お知らせ☆

○講演会のお知らせ 5月2日(土)PM1:00開演(PM12:00開場)かごしま県民センター 中ホール どなたでも自由に参加できます。講演のテーマは、「生と死について」です。

○神、創造主、イエス・キリスト、聖書、未来についてさらに詳しく知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。他の書物には見られない、斬新な内容であり、まことの真理が書かれています。

○当研究所(東洋医学研究所)のホームページ(http://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

○FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションですので、「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。未知なる世界が体験談として少しずつ紹介されています。


 
posted by realistictime at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

本当の幸せを手に入れるには?

 人生の成功を収める、それは人間が生きる上において、みんなが抱く共通の願望であり生きる目標ではないでしょうか。

 人よりも偉くなりたい、名誉や名声を得たい、カッコよく生きたい、モテタイ、お金をいっぱい儲けたいなど。

 しかしながら、それをすべて手に入れたとしても本当に幸せでしょうか。どんなに物質的にあらゆる富を得て、名誉や名声を得ても人間の心というものは、決して幸せではありません。どんなに富や名声を得ても、人生のむなしさや悲哀を感じるだけなのです。

 どうしてでしょうか。それは、自分の心が神とつながっていないからです。人生の成功は、自分の力で作り上げていくものと多くの人が考えています。そこには、神の必要性などないのです。

 人間は神によって創造された創造物です。従って、人間にとって神は創造主です。その創造主から霊を与えられ生きています。神の霊とは、いのちの息のことです。ですから、人間は肉体と霊と魂の三つから成り立っています。人間は肉体的に死ぬとその霊は霊界へ戻ります。

 創造主は、自分の創造されたすべての人間をこよなく愛し、すべての人間が平和で幸せになることを望んでいます。

 しかし、多くの人間が神を離れて自分の力で生きていると思っています。そして、神の存在をまったくないがしろにして、自分の手で人生の成功を収めて、幸せに生きることができると信じています。

 神に人生の方向性や指導を仰ぐことなく自分の人生をうまくやっていけるでしょうか。自分の力で本当の幸せを得ることができるでしょうか?

 神である創造主との関係を修復しなければ、つまり神とのつながりを持たなければ、本当の幸せを手に入れることはできません。

 本当の幸せになる秘訣は、私たちの心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして神を愛することです。それが、人生を生きる上において、まことの真理です。

  ☆お知らせ☆

○講演会のお知らせ 5月2日(土)PM1:00開演(PM12:00開場)かごしま県民センター 中ホール どなたでも自由に参加できます。

○神、創造主、イエス・キリスト、聖書、未来についてさらに詳しく知りたい方は、当研究所がたま出版と提携して出版している「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を是非ご一読下さい。他の書物には見られない、斬新な内容であり、まことの真理が書かれています。

○当研究所(東洋医学研究所)のホームページ(http://toyoigaku.jp)
もご覧下さい。

○FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。すべてノンフィクションですので、「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。未知なる世界が体験談として少しずつ紹介されています。


posted by realistictime at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

人間にとって神とはいかなる存在か

 私たち人間にとって神とはいかなる存在でしょうか。

 「宇宙の書」、壮大な人類史、そして、人類の未来について書いてある預言の書、人類の生き方すべてが啓示されている書、つまり「聖書」においては、神とは宇宙万物、あらゆるものを設計、創造した創造主の存在を神としています。

 すなわち、創造主である神と被造物(神によって創られた宇宙に存在するありとあらゆるもの)との間に決定的な違いがあります。

 しかし、世界中の多くの宗教は、神が創られた被造物の中に、つまり自然界の中に神が存在していると考えています。

 たとえば、「海の神」「山の神」「水の神」「火の神」など実に多くの神々が存在しています。そして日本では、特に、この地上に生きている時に多くの功績を残して死んだ人間を神とし、「受験の神」「安産の神」なるものが存在しています。

 日本人は、この地上のあらゆるものを神に仕立てて拝む、つまり八百万(やおよろず)の神々を拝む信仰が今も尚根強く伝承されています。

 太古の日本人は、創造主を唯一神として信仰していましたが、飛鳥時代に仏教の伝来により、偶像崇拝信仰へ移行してしまいました。それ以来、まことの神、創造主への信仰が大きく歪曲されてしまったのです。

 多くの宗教が、創造主である神と被造物との区別がなくなってしまっています。自然界のものや人間などの被造物、つまり地上に存在するあらゆるものが神になることは絶対にありません。世界中の多くの神々は人間がつくりだしたものです。

 宇宙万物には始めがあり、あらゆる万物には目的と計画があり、神である創造主によって創られたのです。

 創造主である神が目的と計画をもって人間を創られたことが明確に示されているのがDNA(遺伝子)です。そのDNAには人間のあらゆる情報が実に精巧に工学的にコード化されています。そこには、人知を超えた驚くべき神の偉大なわざを感じます。

 「神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造されたときからこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はない。」(聖書から)

 ★★★information★★★

★創造主、イエス・キリストとの由来について深く知りたい方は、「フォトンベルト・地球大七周期の終わり(たま出版)」をご一読下さい。他の書籍にはない、驚くべき、そして斬新な内容になっています。革新的な本ですが、これからの未来は、この書籍の内容通りになっていきます。

★ホームページにも「宇宙からの情報」「地球からの情報」として、宇宙の真理について概略が書いてあります。http://toyoigaku.jp

★5月3日(祭日)に当研究所(東洋医学研究所)主催の大講演会があります。かごしま県民交流センター、県民ホール(700名収容)にて午後一時から開催します。これからの激動の時代をどのように生きたらいいかのかをテーマに神の経綸について触れたいと思います。誰でも自由に参加できますので、ひとりでも多くの方のご参加をお待ちしています。

★「FC2」というネットでミステリー小説を連載しています。ノンフィクション小説ですので、みなさんも創造主の神秘性を是非体験して下さい。
 
 インターネットで「FC2」で検索→「小説」「ミステリー部門」「神秘な世界へようこそ」で順次検索してみて下さい。



 
posted by realistictime at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

人間には「二つの死」がある

 人間には、「二つの死」があるのをご存知ですか?

 第一の死は、肉体の死です。病気や事故、あるいや天寿を全うして、臨終を迎える肉体の死のことです。死を迎えた肉体は、火葬されて灰になります。

 第二の死は、霊的な死、魂の死とも言われていて、最も恐ろしい死です。

 人間には、目に見える肉体の他に、霊体(意識体)があります。人間が生きるためには、肉体を維持するために食物を食べます。

 そして、人間には目に見えない霊体(意識体)、魂があります。肉体は食物によって、エネルギーを供給し、肉体を維持しますが、霊体(意識体)や魂は、神からの光(宇宙エネルギー)によって生かされています。

 つまり、まことの神(創造主)とつながることによって、神から光(宇宙エネルギー)を受けて、はじめて霊体や魂を維持することが出来ます。

 しかしながら、多くの人々が、神を離れて生きているので、霊体に神からの光(宇宙エネルギー)が入っていません。ですから、肉体は生きていますが、霊体が死んでいる状態なのです。

 つまり肉体的には生きていますが、霊的には死んでいる状態、それを第二の死、霊的な死、魂の死と言います。

 多くの人が物質世界に翻弄されて、神を離れて生きているので、物質的な観点でしか、また物質的な感覚でしか、物事を理解できません。そして、精神的、霊的な観点で物事を見ることが不可能な状態に陥っています。

 従って、この地球上は、神の光がなく、暗黒の世界となっているのです。

 そして、2012年12月22日、マヤの予言が終わっている日、まさに地球がフォトンベルトに突入する日、地球がまさ終末を迎える寸前に、神であるイエス・キリストがこの地球に天から降りてきます(再臨という)。

 その時に、最終的な人類の裁きが行われます。まことの神、イエス・キリストを信じる人、また人類の歴史上で、イエスのために迫害を受けたり、殉教した人々は肉体を持ってこの地球上に復活し、地球に来たイエスに出会います。

 そして、2012年以降、地球に訪れる、イエスを中心とした愛と平和に満ちた「千年王国」、精神(宇宙)文明時代に入ることができます。

 しかし、イエスを信じない人々は、地獄で1000年の間過ごさなければならないのです。それは、地球上で経験するあらゆる災難や苦しみとは比較することができないくらい恐ろしい地獄です。

 一人でも多くの人々が、まことの神(創造主=イエス・キリスト)と共に生きること、神とつながることの重要さを認識して欲しいと心から願って止みません。

 もっと知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり(たま出版)」を読んで下さい。そして、宇宙の法則、真理について知りたい方は、ホームページを見て下さい。http://toyoigaku,jp

そして、FC2にノンフィクション小説「神秘な世界へようこそ(ミステリー)」で連載していますので、インターネットで検索して下さい。





































 第三の死は、現在、世の終末の時代を迎えており、地球がフォトンベルトに突入する、2012年、つまり世界最終戦争までに地球の3分の2の人々が滅亡すると預言(神による啓示)されています。いよいよ地球が滅亡するという寸前に神、イエス・キリストが再臨する、つまりイエスが地球に来ます。

 その時に、イエスを心から信じて死んだ人々(イエスを心から受け入れた人々、そして迫害を受けた人々や殉教した人々)がこの地上に肉体を持って復活し、再臨したイエスに出会います。

 そして、2012年以降のイエス・キリストが中心となる「千年王国」、精神文明(宇宙文明)時代へ生き残ることが出来ます。


 しかし、イエスをまことの神として受け入れ中なった人々、つまり神を離れた生きた人々は、イエスの再臨の時、イエスに出会うことなく、地獄で1000年間過ごさなければならないのです。その地獄は燃える火で出来た地獄で、この地上にあらゆる災難や苦しみとは比較にならないほどの恐ろしいものです。
 

 人間の「死」に対しての由来、なぜ人間に死が入ってくるようになったのか、それは、神によってはじめて人類が創生された時、つまりアダムとイヴの時に悪魔によって誘惑され、人類が神を離れて、悪魔の支配下に陥り、人類にが罪が入ったからです。

 罪とは、宇宙や人類を創られた神を人類が離れるということです。

 その罪の報いは、人類に「死」が与えられたということです。アダムとイヴに罪が入る前は、エデンの園という地上の楽園、天国で病気も死も幸福な人生を過ごしていたのです。

 ですから、アダムとイヴが罪に陥ってから、人類は生まれながらにして罪人になってしまい、あらゆる不幸が地球上にはびこるようになりました。

 
posted by realistictime at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

人を惑わす偽キリストの出現

 世界的金融危機に陥った世界中の人々が、不安と焦燥の中で、これからの時代の行方を心配しています。6000年続いてきた物質文明の生き方の主流は、人々がお金や物質に頼って生きることでした。人々は、生きるためにお金を稼ぎ、そのお金を貯蓄し、またその稼いだお金を使って物を得ることが人生の生きる目的だったのです。

 人々の関心はすべて金や物質に向けられ、多くの人々が、精神的なものへは関心を向けていません。

 しかし、金融危機で世界中が不景気になり、お金に困窮しだした時に、金に依存した生き方をしてきた人々は、困惑しだしたのです。頼れるものはお金ではない、ではいったい何に頼ったらいいのだろうか?と....。

 昨日報道されたニュースの中で、世界的金危機を迎え、グローバル化された社会とはいえ、これからの時代に不安を覚え、これからは一人では生きていけない、政治や国家にも頼れない、いったいどのように生きていけばいいのかと考える人々がヨーロッパでは多くなっているということが報道されていました。

 これからの時代は、ヨーロッパの人々だけでなく、多くの人々が本当の生き方を模索するようになります。

 21世紀に入ってから、金や物に頼って生きる物質文明の時代は崩壊しています。また、世界を金融危機に陥れ、世界の人々を不安に陥れているのは、フリーメーソンという世界支配を企んでいる世界の第三勢力による計画的なものです。

 そして、世界中の人々が不安に陥り、生きる希望を失った時に、ヨーロッパ、EU(欧州連合)から、全世界の人々を惑わす偽キリスト者が現れます。これは、聖書の預言どおりで、聖書の中では、反キリスト、獣として表されています。

 偽キリスト者は、まるで自分をキリストのように神格化し、世界中の人々の人望を集めさせ、崇めさせようとします。

 また偽キリスト者は、幼い時に致命傷を受けても見事に奇跡的に助かったと、まるでキリストの復活のように人々に思せるように生い立ちを吹聴します。

 そして、人々の前で超常的な力や奇跡を起こして見せ、自分を神格化させます。世界の人々は彼の悪魔的な超能力に魅了され、彼をキリストの再臨だと次第に思いこむようになり、彼を信じるようになります。しかし、彼を信じる者は、2012年以降訪れる精神文明に決して入ることができなくなります。

 悪魔は、神のように全能ではありませんが、奇跡を行う力をある程度は持っています。しかし、私たちは、人を惑わす悪魔に決して惑わされてはいけません。これからの時代は、人を惑わす悪魔が地上にいっぱい現れてきます。

 奇跡を行ったからといって、それが果たして神の御業(みわざ)であるか悪魔の業であるかを見抜く、確かな洞察力を持たなければなりません。

 洞察力を持つためには、確かな創造主の情報、つまり宇宙の真理を理解して、創造主であるイエス・キリストに自分の心を繋げることが大切です。

 確かな創造主や宇宙の情報、宇宙の真理についてさらに詳しく知りたい方は、たま出版から刊行された「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を読んでください。
 
posted by realistictime at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

悪魔が人類にかけた呪い

 この地球上には、善と悪の二元論があり、サタン=悪魔は確実に地球に存在し、私たちの魂を神である創造主から引き離し、悪へ導こうと必死になっています。

 イエス・キリストという宇宙において、最も進化した存在、つまり宇宙万物を創造した創造主が、なぜこの地球上に、人間の形を持って誕生したのか? それは、地球人類の罪をあがない、人類を罪から救うためでした。

 その罪とは、どういう罪でしょうか? 泥棒をしたり、人を殺したりというこの世の刑法的な罪ではありません。人類の罪とは、人類が神である創造主を離れてしまったことです。つまり、人類が神の存在を忘れてしまって毎日生きているということです。

 人類は、神によって創造され、神から命の息を与えられ、自分で生きているのではなく、神によって生かされているのです。

 ですから、人類は、自分の命を自由にすることは決してできません。人類は神から一人ずつ寿命が与えらていて、その寿命を全うするように運命づけられているのです。ですから、神から与えられている命を粗末にするということ、自らの命を断つ、つまり自殺は神に対して大きな罪を犯すことになるのです。

 サタン、悪魔は、人類が神に不従順になるよう、つまり神を離れるように呪いをかけました。そして、人類にいちばん最初に罪が入ったのが、アダムとイヴの時代です。イヴは、蛇に変化した悪魔によってそそのかされ、エデンの園で、絶対に食べてはいけないと神から言われていた禁断の実をアダムと一緒に食べてしまいまいました。悪魔にそそのかされて、人類が神にはじめて背いたのです。

 悪魔によって人類がそそのかされ、罪が入って、神に背いたアダムとイヴ以降、人類は神に従う生き方よりもサタン、悪魔に従う道を人類自ら選択してしまいました。アダムとイヴの神に対しての不従順が人類の最大な悲劇を引き起こし、人類と神との大切な絆(きずな)が断ち切られてしましました。

 その罪の因果応報として人類に、死が入ったのです。これが悪魔によって人類にもたらされた呪いです。それから人類は、死の恐怖にさいなまされて毎日を生きていくようになりました。

 また、悪魔の呪いとして、人類に不幸が入ってしまいました。その結果、あらゆる事故や災難、苦しみや困難など、悲劇的な歴史を人類は歩むようになってしまいました。

 そして、本来、自然と共存して生きるべき人類が、悪魔の呪いによって、自然を破壊しながら自分たちの生活を享受するようになってしまいました。人類自らが自然破壊に手を染めた結果により、その因果として地球の大きな環境破壊を引き起こし、日々の生活が危ぶまれています。

 悪魔の呪いが人類に持ち込まれたことにより、文明の発展が、ますます人類を神から遠ざけてしまいました。文明は人類の日々の暮らしを便利にする反面、人類をますます神から離してしまう結果となってしまいました。
 
 人類が神を離れてしまった結果、今まで6回も文明が滅びています。そして、今も尚、人類は神である創造主を離れて、自分たちの生活を謳歌しています。6000年続いた物質文明の崩壊ももう直前にまで迫っています。

 悪魔からかけられた呪いから人類が目を覚ます方法、それは人類が神である創造主に立ち返ることより他にありません。

 イエス・キリストが十字架にかかって人類の罪をあがなったことに対して、ひとりひとりが心の視点を向け、心からキリストに感謝し、創造主であるキリストに自分の心をつなぐことです。

 これからの苦難の時代を生き抜くための方法が書かれてある本、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」がたま出版から刊行されていますので、興味のある方は是非読んでください。

 
posted by realistictime at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

恐ろしい伝染病にかからないために!

ウイルス.jpg鹿児島は、篤姫人気もさることながら、11月の中旬だというのに、あたたかい日が続いています。やはり地球温暖化の影響だと思いますが、世間も色々な事件で騒々しいし、これからの時代に多くの人が不安を感じていることと思いますあせあせ(飛び散る汗)

 更に不安を与えるような話題を持ち出したくないのですがちっ(怒った顔)、やはり前もってお話ししておいた方が、これからの大変な時代を生き抜くための対処法として役に立つのではないかと思い、今日はこのテーマを取り上げてみました猫

 これからは、恐ろしい伝染病が世界的に流行してきます。もうすぐ「ブラインドネス」という映画が上映されますが、いずれ近いうちに起こることを前もって映画で現わしています。映画というのは、決して、作り話ではなく、宇宙からのインスピレーションが人間に与えられて、映画がつくられていくのです。

 「ブラインドネス」という映画は、ある恐ろしいウイルスに感染して、次々と人々が目が見えなくなるというストーリーです。

 現実に鳥インフルエンザが流行していて、大流行した場合には薬が足りなくなると懸念されています。しかし、薬が足りないどころか、今の鳥インフルエンザのウイルスの型が次々と変形し、人類が対応できなくなる時代がやがて近い将来来るのです。

 また、アフリカで、エボラ出血熱が発症し、現在世界的に蔓延しつつあります。高熱が出て、激しい痛みを伴って全身の血管が切れていくのです。そして、南アジアで発症したチクングンヤ熱も急速に拡がっています。高熱、頭痛、激しい関節痛を伴って、あまりの痛みに身体が曲がってしまうのですふらふら

 日本は、島国という環境のお陰で諸外国のウイルスに感染する確立が低いのですが、やがて日本にも恐ろしい伝染病が蔓延してきます。

 聖書の旧約時代にも、やはり今と同じように伝染病が流行し多くの人々が亡くなった時代がありました。但し、その時代にも、恐ろしい伝染病に感染しない唯一の方法がありました。それは、子羊を屠(ほふ)って、つまり殺して、その流れた血を各家の門扉に塗るとその伝染病から免れるというものでした。

 その言葉を信じた人々は、忠実にそのことをすぐに実行して、難を逃れ、見事に伝染病にかかりませんでした。しかし、そのことを信じなかった人は、すべて伝染病に感染して死にましたちっ(怒った顔)

 どうして、殺した動物の血を用いるのでしょうか?それは、罪を清めるためなのです。イエス・キリストが十字架にかかって処刑された時、そのイエスから流れた血によって、この地球人類のすべての罪が清められ、赦されたのです。

 宇宙万物を創生した創造主が人間の肉体を持って生まれたのが、イエス・キリストです。創造主は、人類を創られましたが、その人類の間に悪がはびこったために、人類は多くの罪を犯すようになりました。そして、人類が犯した罪を清めるため、またあがなうために、自らが人類を創った責任をとるために、イエス・キリストは敢えて十字架にかかったのです。

 ですから、イエス・キリストがこの地球に誕生する2000年前以前は、動物をいけにえとして神に捧げる風習が人類の間であったのです。つまり、動物の血を流すことによって、人類の罪を清めていたのです。

 イエス・キリストがこの地球に誕生し、十字架にかかって血を流されたことによって、現在の私たちは、動物をいけにえにする必要性がなくなりました。しかし、これから流行する恐ろしい伝染病にかからないようにするためには、イエス・キリストの血の代わりに、「宇宙の真理」を理解する必要があるのですぴかぴか(新しい)

 なぜなば、「宇宙の真理」を理解することによって、宇宙エネルギーが体内に取り込まれ、細胞の中のフォトンが活性化し、細胞が再生力を持ち、免疫力が高まり、恐ろしいウイルスに対する抗体が生まれるのでするんるん

 つまり、宇宙エネルギー、光が肉体にも意識体(精神)にも充填(じゅうてん)されるのです。闇は光に勝てないように、「宇宙の真理」を一人ひとりが把握して、自分の意識を創造主・イエス・キリストと繋ぐことが、伝染病にかからない唯一の方法です手(チョキ)

 「宇宙の真理」についての詳細は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり(たま出版)」という本を読んでみて下さい黒ハート

blog.gif



posted by realistictime at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康で幸せに生きるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。