2013年06月30日

どの星からあなたは来たのか?

 とても不思議なタイトル?と思われる方が多いのではないでしょうか?

 実は、自分の生まれ故郷、つまり生まれた星はまぎれもなく地球という惑星だと思っている人がほとんどだと思います。

 実は、地球人の87パーセントは、地球以外の他の星からやってきた魂なのです。

 他の星の記憶は、ほとんどといっていいくらい消されてしまっていますが、魂の覚醒とともに、その記憶を思い出してきます。

 地球以外の星で生まれた魂をワンダラー言います。通常は、自分がワンダラーであると認識しないまま肉体の死を迎える人が多いのです。

 そしてまた、自分が他の惑星から地球に来たという自覚のもと、つまり宇宙人としての意識体のままで地球人として活動している人もいます。その存在をウォークインと言います。

 いずれにしても、私たちの魂のエネルギーとなっているのが、宇宙エネルギーであり、私たちの魂の親は創造主です。

 創造主が人間として具体的な形をもって私たち人類の前に現れた存在、その存在はイエス・キリストと呼ばれています。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 
posted by realistictime at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

愛と光に満ちた人間の意識が宇宙を変える

 今地球に住んでいる多くの人々が、宇宙の真理に基づいて、つまり創造主に自分の意識をつなげて生きるならば、地球をはじめとする宇宙全体に大きな影響を与えることになるでしょう。

 人間の意識は瞬時にして宇宙に届きます。

 それだけ、人間の意識は光よりも早く動くというすばらしい特性を持っています。

 創造主によって創られ、命の息を与えられて生かされている私たち人間の存在は、いかに偉大であり、すばらしいものでしょうか。

 一人ひとりが、創造主に基づき、愛と光に満ちた意識を持つならば、地球をはじめとする宇宙全体の流れをも変えることができるのです。

 世界中に点在する原発によって、地球という一つの生命体そのものが危うい状況にあります。愛と光に満ちた意識を持つならば、日進月歩で開発されている最先端のテクノロジーが善の方に用いられ、地球の現況がきっと改善されていくでしょう。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

火星に生命が存在できる

 火星にはかつて生命の居住環境が存在したそうです。それは、NASAの火星探査ローバーが採取した岩石に、水中で形成された粘土鉱物が含まれていることによって判明したそうです(natureより)。

 その鉱物に含まれている塩分は、酸性でもアルカリ性でもなく、火星は明らかに生物が存在できる環境であることが言えます。

 そして、かつて火星の表面を水が流れていたことも判明しています。

 確かに、その火星の水が溢れて地球にこぼれ落ち、40日間雨が降り続け、地球は大洪水となりました。その事は、ノアの箱舟の話しとして、聖書の中に記述されています。

 宇宙において、それぞれの惑星に人類が存在していることは明らかであり、すべての宇宙人が創造主のもとに進化することを願って、百戦錬磨していることは事実です。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

UFOとの遭遇

 私が初めてUFOと遭遇したのは、数年前のある夏の暑い日の夜のことでした。

 東シナ海に浮かぶ島の家に帰省していた時のことでした。

 真夏なので、夜の7時でも空はうっすらとまだ明るかったことをはっきりと覚えています。

 家の門扉を閉めるために、玄関を出た時、ふと頭上に何か気配を感じ、ふと顔を上げると頭上にそれはそれは巨大なUFOが浮かんでいました。

 一瞬、私は自分の目を疑いました。でも、そこに見えるのは、シルバーに輝くハイテクそのものの巨大宇宙船だったのです。窓がたくさんあって、こちらを見ているのをはっきりと感じました。見られているだけではなく、自分の心の状態、意識を読み取っているような気配を感じました。

 私は、その時、一瞬怖いという恐怖感を抱いてしまったのです。

 その瞬間、UFOは、私の前から消えていました。

 私の意識が高ければ、そして、UFOについての真の理解があれば、私は、きっとUFOの宇宙人とコンタクトが取れたに違いありません。

 宇宙人の友愛の精神を、その時の私はまだ読み取ることが出来なかったのです。今そのことがひじょうに悔やまれてなりません。

 みなさんは、この話しを信じられますか?

 私は、UFOとの遭遇以来、世界観が全く変わりました。

 宇宙には、私たちが住んでいる地球という惑星以外にも、実に数多くの宇宙人が住んでいます。

 宇宙には、一部の狂いの無い宇宙の真理、法則性が存在し、銀河の中心からの創造主の光のエネルギーによって、すべてのものが創世され、生かされています。

 これからの時代は、精神文明、つまり宇宙時代です。

 エゴと欲望に生きる人々、そして、争いを繰り返す人々が住む地球は、宇宙において本当に進化の遅れた惑星です。

 そのことを心配して、ひじょうに多くの宇宙人たちがUFOに乗って地球を見守りに来ています。

 友愛の精神を忘れてしまった地球人、創造主を離れて生きているところに大きな過ちと罪が存在します。

 自らを犠牲にして、地球人類を罪から救ったスーパースター、つまりひじょうに高度に進化した宇宙人は、イエス・キリストです。その偉大なるスーパースターの名を決して、地球人類は忘れてはならないのです。

 イエスは、人ではなく、創造主です。

 慈愛に満ちた創造主イエスの生き方に倣って、これから大きく自分の意識を高め、進化させることが私たち地球人類の生きる目的であり、愛の奉仕を持って生きることが地球人類の使命です。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

壮大な宇宙の真相

 古代ギリシャ人たちは、電子顕微鏡やコンピューターを使わなくても、心の目で素粒子の次元を見ることが出来たのです。

 実は、古代文明は、高度なテクノロジーによって、壮大な宇宙と結ばれていたのです。

 聖書の中の記述において、モーゼは、シナイ山において、創造主から金と木を使って箱、つまり「契約の箱」を作るように命じられた箇所があります。

 その契約の箱を携えると、紅海を真っ二つに分けたり、時空を超えて瞬間移動が出来たり、気象条件を一変させたりすることができるような、ひじょうなるパワーを持ったテクノロジーが契約の箱には詰まっているようです。

 その契約の箱を世界中の人々が探し求めて止まないようですが、人間が身勝手に使えないように、どこかに隠蔽されているようです。

 なぜならば、そのような創造主の宇宙エネルギーを過去において、人間が悪用した形跡があるからです。

 どうして古代の人々の方が、高度な宇宙テクノロジーを用いることが出来たのか、それは、人々の意識が創造主に繋がっていて、創造主に従順だったからです。

 現代人は、私たちに生命の息吹を与え生かしている創造主の存在すら知らずに、忘れ去っている状態です。

 創造主の霊と光によって創造された私たち人間は、創造主と同じ霊を持つ、本来はひじょうに高度に進化した存在だったのです。

 すべての原子に宇宙のすべての情報が含まれているように、私たちの肉体の細胞の一つ一つにも宇宙の情報が刻みこまれているのです。

 従って、私たちの意識を創造主に繋ぐことによって、人類は大きく進化することが出来、自ずと壮大な宇宙の真相を知ることができるのです。

 
(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 
posted by realistictime at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

UFOが頻繁に目撃される理由

 UFOは、決して架空の物ではありません。

 私たち地球人類は、地球という3次元界に存在していますが、UFOは、5次元界以上の世界から地球に飛来しています。

 従って、3次元界にいる私たちの視点でUFOを捉えることは、次元が違うので止めた方がいいでしょう。

 UFOは、ものすごく科学的にもひじょうに進化したた乗り物で、物質的なエネルギーを用いるのではなく、乗っている人の想念で動くのです。

 地球に飛来しているUFOに乗っている宇宙人は、理性や感情を備え持っているロボットであることが多いそうです。

 地球の飛来するUFOは、最近、地球に頻発している地震や火山噴火、津波や竜巻、ハリケーン、洪水などの大規模な自然災害や異常気象や気候変動を心配して飛来しているのです。

 そして、宇宙エネルギーによって、これ以上地球に大災害や超自然現象が起きないように、地球を守るためにフィールドロックしているのです。

 地球の人々がUFOを頻繁に目撃するのは、きっと人々の意識が上昇してきたので、見えなかったものが見えるようになったのかもしれません。

 何れにせよ、UFOは、地球の科学と比べものならないほど、超科学的で、瞬時にして移動が可能です。

 地球を心配し、守るために飛来するUFOの人々は、何れも愛と調和に満ちた精神を携え、創造主のもとに生きている人々であることは紛れもない事実です。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

進化した地球とは

 ナイジェリアで、日本人が十人も犠牲となるとても痛ましい事件が起こりました。何れも経営者やエンジニアなどの企業戦士の方々でした。

 これらの事件は、貨幣経済の弊害ではないでしょうか。特に、石油をめぐる人類の争いは昔から絶えることがありません。

 人類は、平和で安全で調和に満ちた豊かな暮らしを追求するのではなく、ひたすら利益を追順することばかり追求してきたのです。

 地球だけが貨幣経済を卒業していません。地球以外の他の惑星の人々は、貨幣経済を卒業し、より高い次元、つまり創造主に自分の意識をつなぎ、より大きなエネルギーを得ています。

 意識はエネルギーを生みます。従って、創造主につながっていれば、意識が高まるので、十分なエネルギーを得ることができ、活力を保持することができます。

 しかし、創造主につながっていなければ、意識が低下し、利己的になったり無気力となり、物質的な欲望に駆られ、活力を喪失してしまいます。

 進化した地球とは、創造主を中心とした世界で、ひじょうに高度に科学テクノロジーが進化した上に、さらにひじょうに高度な精神性の上に成り立つものです。

 高い精神性とは、創造主の霊と光によって創世された人間が本来もつべきもので、友愛と調和と慈しみの精神です。自分を愛するように、同胞を愛することが出来る人は、高い精神性を持っています。

 人類が高い意識を持たないと、宇宙間に大きな歪みがおこり、温暖化現象や天変地異、サイクロンやハリケーンなどが起こってきます。

 もちろん、人工的にこれらのものをひき起こすテクノロジーが開発されていることは周知の事実ですが、人類が貨幣経済を脱却し、自分の意識を創造主につなぐことが豊かな生き方につながり、地球を進化させるのです。

 巨大な宇宙の中心は、セントラルサン、つまり、創造主の巨大なエネルギーです。宇宙に向けて新しいスターゲイトが開かれている今、創造主とのコンタクトによって、私たちの意識を高めることが先決ではないでしょうか。

  
(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

人類の緊急課題

 私は、昨年の年末にたくさんのUFOが川の流れのように空中を飛来して行ったことが頭から離れません。

 決して、私は、UFOに関して特別な興味を抱いていたのではなく、ごく自然体にUFOに遭遇できたらと日常考えてはいました。しかし、あの日は、夜遅くに急に外に出てみたくなり、月明かりが美しかったので、なぜかした心がワクワクしたのを覚えています。

 ふと見上げた夜空にたくさんのUFOが頭上を通り過ぎていきました。とても美しい眺めではありましたが、心配になったのです。

 UFOが飛来するのは、他の惑星の人々が地球の行く末を心配しているからです。これだけたくさんのUFOを見たということは、地球に大異変が起こる前兆ではないでしょうか、とても気がかりです。

 宇宙から見ると地球の地軸が揺れているそうです。それは明らかに地軸のズレを意味しています。地球は過去において何度も地軸のズレを起こし、いくつもの文明が滅びているのです。

 私たちが住む地球のバランスを維持しているのは、すべて人間です。地球の地軸のバランスを確立するためには、一人ひとりの人間が、自分に内在する極性のバランスをとり、意識を高めなければならないのです。

 妬みや怒りや強欲、利己主義などの悪想念から、低い振動数、バイブレーションを人類が発しているために、地球の地軸はぐらつき、地軸のズレが生じているのです。

 早く人類が自分自身の内なる生き方を変え、意識を覚醒しなければ、地球に再び大きな地軸のズレが生じて崩壊へと到ります。

 宇宙の法則性に調和した生き方、つまり、創造主と自分の意識をつないで意識を高めることが人類の緊急課題なのです。それは、具体的に自分自身をよく見つめ、反省し、創造主イエスと同じ生き方をすることです。

 
(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

UFO群をついに目撃

 今日は、寒気も緩み、夜十一時頃の情景は、満月の光に照らし出されて、まるで真夏の夜のような穏やかな光景でした。なぜかしら、気持ちが良くてわくわくしてきました。

 ふと屋外で、空を見上げると、たくさんの星が流星のように地面に平行に流れていくではありませんか.....。それは、明らかに、通常の星の高さよりもずっと低く、すごい速さで移動していました。

 以前に離島で、巨大UFOを目撃し、数年前には、今居住している地域で、スカウトシップを一年間もずっと目撃し続けました。これは、決して夢物語でもなく、実際にあったことでした。

 だからと言って、私は熱烈なUFO信望家でもなく、特別にUFOに興味を抱いていたわけではなかったのです。

 UFO問題は、これから人類最大のテーマになるに違いがありません。聖書には、世の終わりには、天に様々な印が現れるだろうと預言されています。それは、世の終わりには、地球人類が日常当たり前のようにUFOを目にするようになるということです。

 今日のようにたくさんのUFO群を目の当たりにするということは、他の惑星の人々が、地球人類の文明の行く末を心配していくということに他なりません。

 確かに、今の地球において、宇宙における、あるべき人間の姿がひどく欠けているのは事実です。つまり、地球は宇宙の法則性から大きく外れているということです。それは、宇宙を創世した創造主に基づいていないので、地球人類の進化がひじょうに遅れているということです。

 すべての人類が幸福になることを考え、それを実現している惑星が実際に宇宙には数多く存在しています。しかし、地球は、創造主を中心とした愛と調和に満ちたユートピアの世界が相変わらず夢で終わってしまっているのです。

 地球人類を心配して飛来してきているUFO,愛と思いやりに満ちている他の惑星の人々の思いに私たちは報いなければならない時期に来ています。今こそ、自分の心をしっかりと見つめ直し、自分の意識を創造主にしっかりとつなぐ時代に入ったことを認識してほしいと心から願って止みません。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

ピラミッドの謎

 エジプトをはじめとする、中米やヨーロッパ、南アフリカ、アジア、オーストラリアなどには、数多くのピラミッドが建造されています。

 高度な文明を持つアトランティス文明は、実際に存在していて、創造主の光と叡知に満ちた高度文明を謳歌していましたが、アトランティス文明の時代の終わりには、サタンの影響を受けて、文明全体が恐怖と混沌とにおおわれてしまいました。

 そして、アトランティスが滅びないうちに、その高次元の聖なる真理が、霊的に進化を遂げた人々によって、地球全体に分散され、創造主の聖なる真理がピラミッドの中に現在に至るまで保存されいるのです。

 エジプト文明の時代において、死者が生き返るほどのパワーに満ちた部屋が実在していたのは確かです。ピラミッド自体がミラクルパワーに満ちているのは、周知の事実です。

 創造主の聖なる真理は、全宇宙の過去から未来までのすべての記録、つまり、アカシックレコードと共に、クリスタルの中に波動として納められていて、それを覆い隠すかのようにピラミッドが建てられたのです。

 そして、三次元、いわゆる低次元の波動の侵入を防ぐために、巨大な石をグリッド(格子)状に積み上げてピラミッドを建てたのです。

 ピラミッドの中には、なかなか入ることができないし、クリスタルを直接見ることはできませんが、創造主の霊を持つ私たち人間は、自分の意識を創造主に繋ぐことによって、創造主の高次の叡知と真理を得ることができるのです。

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。
☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。
☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 
posted by realistictime at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

私たちに知らされていない事実

 広大な宇宙には、星の数ほど実際は多くの世界が存在します。

 地球上で肉体を脱いだ後は、自分の心の世界に応じた星に入るといいます。

 それにもかかわらず、地球以外の他の惑星に人類が存在するという事実を私たちに知らされていないのです。

 地球の指導者たちの多くは、地球を唯一人類が住む場所と考えています。そして、自分たちこそが唯一の人類だと信じきっています。

 私たちを創造し、命の息を与えて生かしている「創造主」の存在や宇宙の法則性が存在しているのは、周知の事実です。それにもかかわらず、地球の指導者たちや様々な宗教は、自分たちの偽りが暴露されるのが恐ろしくて、本当の事実を教えていないのです。

 私たち地球よりもはるかに進化した惑星は、私たち地球人類が想像できないほどのおびただしい数ほど存在しているのです。

◎ 講演会のお知らせ
 日時:5月6日(日)午後12時開場、1時開演
 場所:かごしま県民交流センター 中ホール
 テーマ:「創造主の霊と心について」
 入場料:1000円、高校生以下は無料
 どなたでも自由に参加できます。参加ご希望の方は、事前にメールにて連絡していただければ幸いです。
 E-mail-info@toyoigaku.jp
☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。
☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。
☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

古代の人々が見た謎の物体

 それは、旧約時代のこと、紀元前606年頃、実施にあった話しです。

 エゼキエルという神の預言者がいました。

 旧約聖書の「エゼキエル書」に書かれているように、エゼキエルは、琥珀色したものと四つの生き物、つまり、巨大宇宙船、UFOをその当時すでに目撃していたのです。

 では、聖書の「エゼキエル書1章4〜5節」に記載されている事実を聖書のみことばにそって解き明かしてみたいと思います。

「私(エゼキエル)が見ていると、つむじ風(巨大UFOを取り巻く巨大なフォース、エネルギー)が北の方からやって来た。

それは、大きな雲(UFOを取り巻くフォースによって渦巻き状の雲がつくられていた)で、それ自体が火に包まれており(UFOのフォースによってその雲は光輝いていた)、とても明るかった。

そして、その日の中には琥珀色したもの(地球外惑星から来た巨大宇宙船、UFO)があった。さらに、その中から四つの生き物のようなもの(巨大UFOからスカウトシップとも呼ばれている小型宇宙船、UFO)が現れてきた。

そしてそれらは、それぞれが人(地球外惑星から来た宇宙人で、地球人類の顔を持っていた)のようだった。」

 まるでSF映画の一シーンを観ているかのようです。

 地球外惑星から来た宇宙人、そして、地球外惑星から来たUFOは確実遥か太古の昔から実際に存在しています。(余談になりますが、私も巨大UFO,スカウトシップなどを何度も目撃しています。)

 それらの真実が地球人類に明かされていないことも事実です。

 私たち地球人類は、広大な宇宙のこともほんの砂の一粒くらいのことしか知らないし、宇宙の真実が今まで隠蔽されてしまっているのです。

 これからは、ごく当たり前に地球人類がUFOを目にし、宇宙人と遭遇する時代になります。2013年は、創造主を中心とした宇宙時代、つまり、精神文明時代になります。

 これからの時代を生き抜くためには、宇宙の真実、真理を知って、創造主に基づいた生き方をしていくべきではないでしょうか。

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。
☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。
☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 
posted by realistictime at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

苦しみや病気がない星

 地球に住んでいる多くの人が、地球以外に高度な文明が存在することを知りません。

 創造主と深い関係を持つ金星という惑星が存在しますが、金星に住んでいる人々は、DNAのコードを書き換えて遺伝子構造を向上させ、著しい生物学的な進化を遂げています。

 従って、金星には、苦しみや病気が一切なく、金星の人々は、年を取ることもなく、死ぬこともないのです。

 地球も2012年以降、精神文明を迎えて、創造主を中心とした千年王国が誕生し、病気や死がない平和な時代が1000年間続くと言われています。

 金星の人々は、調和のとれた平和な世界であると言われています。そして、金星の人々はすべて創造主に基づいていて、宇宙の法則性に従順に暮らしています。

 金星の人々は、創造主の叡知と宇宙の法則性の真髄を限りなく追求し、認識して生きてきたのです。そして、彼らは、科学やテクノロジーを発達させてきたのです。

 そして、創造主を心から愛し、従っている金星の人々は、平和を愛する文明を独自につくりあげてきたのです。

 地球を進化させるためには、地球のすべての人j類が、創造主に基づく生き方をすることが、最も重要です。

「わたしはわたしを尊ぶ者を尊ぶ。」

(旧約聖書 サムエル第1 15章22節)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

posted by realistictime at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

UFOからの宇宙食

 モーゼは、イスラエルの民を率いてエジプトを出発しました。そして、40年間の長い年月の放浪の旅を重ねた後、イスラエルの民は、悲願であるカナンの地にようやく到着しました。

 その40年間もの間、イスラエスの民の生命支えていたのは、UFOからの宇宙食である「マナ(マンナ)」でした。

 その宇宙食は、蜂蜜のような味で、栄養バランスに優れていました。それもそのはずです。地上の食べ物ではなく、40年間もの間、放浪の旅を続けるイスラエルの民の上空に留まり、彼らを見守っていた巨大なUFOから降ろされた宇宙食だったからです。

「それ(マナ)はコエンドロの実のようで、白く、その味は、蜂蜜を入れて作られたウエハースのようだった。」

(旧約聖書 出エジプト記 16章31節)

 そして、そのマナという宇宙食は、ある地方でUFOが目撃された後に空から舞い降りて来たことが何度も確認されてきたのです。(ライオンの隠れ家,求龍堂より)

 創造主イエスの誕生の時も、そして、イエスのあらゆる人生の場面において、いつも上空には、巨大UFOが旋回していました。

 創造主は、愛と慈しみを持って、絶えず人類を見守って下さっているのです。

 私たちは、創造主の恩恵に対して感謝をし、報いて生きているでしょうか。

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]を御覧下さい。
posted by realistictime at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

UFOとイエス

 イエスが誕生した時、東の空にひときわ輝く星がありました。それをベツレヘムの星と言います。

 その星は普通の星ではありませんでした。それは、まさに巨大UFOでした。

 イエスが誕生した時、3人の賢者が東方からベツレヘムへ向かいましたが、何と3人の賢者をベツレヘムへと導いたのは、東の空に輝いていた星ではなく、実は巨大UFOだったのです。

 そのUFOが賢者をイエスのもとに道案内したのです。

「すると驚いたことに、彼らが東の方で見た星が彼らの前を進み、幼子のいるところの上まで行って、そこで停止した。彼らはその星を見て、たいそう喜んだ」

(新約聖書 マタイ 2章9〜10節)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」
→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]を御覧下さい。
posted by realistictime at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

地球以外の未知なる世界

 自分が住んでいる地球こそが唯一の世界だと多くの人々が信じています。

 地球以外の他の惑星に人類が存在する可能性を認めることなく、自分たちこそ宇宙で存在する唯一の人類と信じきっているのです。

 はたして事実はどうなのでしょうか?

 広大な宇宙に、創造主は実におびただしい数の銀河系を造りました。

 そして、私たち地球人類よりもはるかに進化した世界が、ひじょうにたくさん存在します。

 ですから、私たちが地球という惑星で最高であると思っている知識など、他の進化した惑星、世界から比べると、全然比べようもないほどに乏しく、遅れた知識です。

 多くの銀河系を出現させ、また、太陽や月の運行を支配する法則性を生み出し、あらゆる生命の源である創造主に心を向け、創造主を中心とした人生を送ることが最高の生き方です。

 一日も早く、閉ざされた地球から脱出しなければなりません。

(旧約聖書 詩篇 147篇−5)

「われらの主は偉大であり、力に富、その英知は測りがたい。」

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

宇宙からの訪問者

 「十戒」という有名な映画のヒロインと言えば、モーゼです。そのモーゼが、羊を導いて神の山、ホレブ山を歩いている時、ある日突然、不思議な火を見たのです。

 しばが炎で包まれているのです。しかし、いつになっても燃え尽きることがないので、モーゼはとても不思議がったのです。

 実は、その燃え尽きることのない火とは、UFOのフォース・フィールドがつくり出しているヴァりアー、特殊な光でした。それは、まるでオーロラの光のようでした。

 更にモーゼは、自分の名を呼ぶある声を聞いたのです。そして、すぐに靴を脱ぐように言われました。実はそれには、深い理由があったからです。

 モーゼが靴を脱いだのは、UFOからのフォース・フィールドの磁気エネルギーの衝撃を避けるためでした。つまり、自分の身体をアース(電子の流れを制御する)するために、自分の足をダイレクトに地面につけなくてはならなかったのです。

 モーゼの名を呼んだのは、実は、宇宙からの訪問者、つまり、創造主に仕える宇宙人でした。創造主に仕えるその宇宙人は、創造主の意思を代弁してモーゼに声をかけたのです。

 聖書に書かれているモーゼと宇宙からの訪問者とのやりとりは、実に宇宙的で、ひじょうに高次元世界に存在する宇宙人である創造主と地球人類との交流を描いたものです。

 聖書とは、私たちの認識をはるかに超えた「宇宙の書」であることに他なりません。従って、私たちの視点を変えていくと、聖書が、実に科学的で、創造性に富んだ奥深いものであることが解ります。

(旧約聖書 出エジプト記 3章5節)

「ここに近づいてはならない。靴を脱ぎなさい。あなたが立っているその場所は聖なる地であるからだ。」

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

宇宙人との交流

 地球には聖なるスポット、領域が多数存在し、そこでは頻繁に宇宙人との交流がされてきたのです。

 北米インディアンの伝説を紐解くと、また、宗教的儀式の中において、昔から宇宙人が頻繁に地球に訪れていたことを如実に物語っています。

 グランドキャニオンやチェバー川の洞窟では、太陽の形をした円盤が壁に描かれていますが、この太陽の形をした円盤は、宇宙から地球への来訪者、つまり宇宙人の乗り物、UFOです。

 そしてまた、北米インディアンのほとんどすべての部族が「魔法の袋」を所持していました。その袋は、実は、実際に宇宙人たちが彼らの惑星から持参した贈り物が入っていました。

 どうして北米インディアンの人々は、巨大UFOを頻繁に目撃し続けてきたのでしょうか?

 それは、彼らがあらゆる生命の源である「創造主」に基づいて生きているからです。

 伝説の中において、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに「金髪の神」が降りて来たと語られています。そして、その神は、彼らに理想的な政治の仕方を教え、彼らは、その偉大なる知恵に心から感動したそうです。

 そして、その神は、彼らが再び神を必要とした時には、必ず助けに戻って来ると約束したそうです。

 その神の偉大なる知恵は、全知全能の「創造主」の知恵です。創造主は、およそ2千年前に、罪に陥って不幸に喘ぐ地球人類のために、「イエス・キリスト」という肉体を持って、宇宙から地球に降り立ったのです。

 イエスは、非常に高次元世界から地球に来た偉大なる宇宙人です。そして、イエスは、人類に真の生き方と真実の愛を身を持って教え諭されたのです。

 創造主は、偉大なる超高次世界の宇宙人です。

(新約聖書 ヨハネの福音書 14章6節から抜粋)

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」


☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

人類に隠された驚くべきピラミッドの謎

 宇宙には、宇宙的周期が存在します。一つの宇宙的周期の約2万6千年です。それは、地球や太陽などの存在する銀河系が2万6千年ごとにフォトンベルトに入る周期でもあります。

 私たちの住む地球は現在、第7周期を迎えています。

 そして、その宇宙的周期の始まりの時期には、いつも大ピラミッドなどの建造物が築かれてきたのです。それは、決して死んだ人の肉体を収容するために建造されたのではありません。

 その大ピラミッド内に、死んだばかりの人を横たえると、それだけでその人は生き返ったそうです。

 つまり、大ピラミッドは、特殊な磁場に包まれています。それは、宇宙エネルギー、つまり創造主のエネルギーの装置として機能していたのです。

 しかし、現在の大ピラミッドは、そのエネルギーが大幅に低下していて、かつてのように死者を蘇らせることは不可能です。

 そして、古代エジプトのピラミッドは、アトランティス大陸から移り住んだ人によって建てられました。その建設工事を中心となって推進させたのは、宇宙からのひじょうに高度に進化した宇宙人だったのです。

 実は、かつて大ピラミッドの頂点部には、銅でできた○に十字の冠石が取りつけられていました。古代の人は、黄金よりも銅を貴重な金属として扱っていて、銅は金星を象徴するものでした。金星はイエスのシンボルです。

 大ピラミッド、そして○に十字の冠石は、唯一神である創造主を人類に知らしめるために建造されたのです。またその大ピラミッドの内部には、未来の人々に伝える科学的、霊的真実が納められています。

 それらの真実が明かされるのは、2012年以降の精神文明時代が訪れ、創造主イエスが天に現れた時です。

 この地上の宗教的、哲学的なもの、偽りの教えと入れ替わって、それらの科学的、霊的真実、つまり宇宙的真理がこの地上の大きな推進力となる時代が急速に近づいています。

「そしてその日、エジプトの地の真ん中には主をまつる祭壇(大ピラミッドのこと)があり、その境には主をまつる柱がある。」

(旧約聖書 イザヤ書 19章19節)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp/)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットに二つのミステリー小説「神秘な世界へようこそ」と「神秘な世界へようこそ パート2」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

私たち人類の理解を超えた「異星人」の存在

 わたしたちの理解を超えた行為、たとえば、何も使わずに病人を癒したり、死人を生き返らせたり、悪霊を祓ったり、湖の上を歩いたりする異星人がいました。

 わたしたち地球人類からは、すべて超常現象としか思えないような行いをしたのは、イエスでした。

 イエスは、宇宙万物を創造した創造主の意志によって遣わされ、地球に降りたったと言われています。

 しかし、実際には、創造主の意識が物質化し、イエスという肉体を持って地球に誕生したと言った方が妥当です。創造主とイエスはひとつだからです。

 創造主イエスは、宇宙の超高度文明から地球に降り立ち、超高度文明のテクノロジーを自由自在に駆使して医療行為や人を蘇生したり、超常現象を引き起こしたのです。

 聖書の中において語られているように、地球人類は、創造主によって土、つまり原子から創造された創造物です。

 しかし、創造主イエスは、天から来た存在、つまり宇宙の超行動文明から来た神の子であり、私たちの理解を超えた、ひじょうに進化した「異星人」です。

 ところが、地球人類はそのことを理解できず、イエスを十字架にかけて殺してしまったのです。

 イエスは、正義と倫理に基づいて、古代ローマの乱れた倫理や拝金主義を諌(いさ)めようとしましたが、理解されずに殺されてしまったのです。

 ひじょうに高度に進化した創造主イエスに対して、あまりにも対比できないくらい意識が進化していない地球人類は、イエスの言動や行いを理解できなかったのです。

 イエスは、紛れもなく宇宙の超高度文明から来た「異星人」「スーパースター」だったのです。わたしたちが意識を高めて宇宙に目を向ければ、一目瞭然そのことが理解できるはずです。

「わたし(イエス)が天(宇宙の超高度文明)から下って来たのは、自分の心を行うためではなく、わたしを遣わした方(創造主)のみこころを行うためです。」

(新約聖書 マタイ 6章38節)

☆ 本当の宇宙、これからの時代の生き方を知りたい方は、「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)をご覧になってください。
 
☆ 当研究所(東洋医学研究所)のホームページhttp://toyoigaku.jp)もご覧下さい。勉強会や講演会なども企画しています。ご希望があれば、アクセスしてください。

☆ FC2というネットにミステリー小説「神秘な世界へようこそ」を連載しています。未実際に体験した知なる世界のノンフィクション小説です。

☆ ネットの小説の検索の仕方
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO・地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。