2008年06月03日

いにしえの絆を大切にしましょう!

現在の地球の文明は、決して進んだ文明ではありません。現在の文明に至るまで、この地球では、過去6回も文明が滅んでいます。その何れの文明もひじょうに進んだ文明でした。地球上のどこに行くのにも、小型UFOで移動していました。また、他の惑星に移動するのにも、トランスポーテーション(瞬間移動)をしていました。科学も文化も芸術も、そして地球のあらゆる統制システムもすべて、完璧なほどまでに現在の地球の文明よりもはるかに進化していました。

特にアトランティス文明は、進んでいて、宇宙の他の天体より、特別に進化した魂を持った宇宙の使者たちが、この地球の文明をつかさどり、精神面でも物質面において、創造主の光の基にすべてを統制していました。初期の頃のアトランティスは、とても平和に満ちた時代でしたが、一部の反逆者たちが台頭するようになり、創造主よりも自分たちの方が偉いと傲慢になり、自分たちの手でこのアトランティスを支配しようと企てるようになりました。そして、次第に民衆までもが反逆者たちに同意するようになり、創造主を離れるようになってしまったのです。

その結果、この地球上は悪想念に満ち、宇宙の法則に反した生き方をする人々が増えていった結果、この地球に大規模な天変地異が起こりました。地軸がずれて、地震や火山の爆発が起こり、一晩にしてアトランティス大陸は水没してしまいました。

光の使者たち、つまり、特別に進化した魂を持った宇宙の使者たちが、大型のUFOによって現在のエジプトの地に移され、またこの地球に新たな文明が生まれたのです。それが、エジプト文明の始まりとなったのです。

沈みゆくアトランティス大陸を見ながら、多くの魂が滅びるのを目の当たりにし、その地を去らなければならなかった、光の使者たちは、、自分の使命を全う出来なかった悔恨の念と無情の念にかられたのです。

そして、今また、あのアトランティス時代の光の使者たちが、この地球に転生し、その果たせなかった使命を全うしようと、あの時の過ちを人類が二度としないようにとこの地球に生まれかわってきています。アトランティスの悲劇を二度と繰り返さないようにと、私もあなたもこの地球の同じ時期に転生してきたのです。決して偶然に巡り会ったのではありません。この地球人類を救うために、この地球を平和に導くために、同じ使命を持って生まれてきたのです。つまり、いにしえの絆で結ばれているのです。他人を愛することは、自分を愛することと同じです。従って、互いに愛することによって、この地球を平和へと導きましょう。みなさんは、今この時期にこの地球に生まれた来たのは、光の使者になるためです。私もあなたもいにしえの深い絆で結ばれているのです。
posted by realistictime at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

マヤ文明が滅びた原因

地球温暖化により、様々な事象が悪化しています。しかし、これから、もっとももっと地球の状況は悪くなる一方で、やがて戦争や世界的規模の天変地異や食糧危機、疫病などが流行してきます。なぜ、こうなったかというと、地球が2012年のフォトンベルトに突入するまでの、地球と人類の浄化作用のひとつとも言えます。

しかし、これから人類に迫り来る大艱難辛苦時代の到来の前に、この今の状況は、マヤ文明の滅亡の時とそっくりの状況であることを考えざるを得ません。今まで人類は、有史時代において、六回もの文明の滅亡を経験してきました。もちろん歴史的にはそのようなことは説かれていませんが、今までの滅亡した文明は、実に今よりもずっと高度文明で、マヤの時代もすぐれた高度文明でした。しかし、マヤ文明がなぜ、滅亡に至ったのか、それは、他人を省みず、自分の私利私欲にはしり、戦争ばかり引き起こし、戦争で英雄になることを好み、また、お互いに愛し合うことなく、互いにライバル意識を燃やして、名誉や名声を手に入れることをモットーとしていたのです。また、食料を自給自足することをおろそかにし、つまり現在の地球のように、農業を推進しなくなってしまったのです。その計画性のない農業のために、食物が不足し、互いに食料を奪い合い、戦争を頻繁に引き起こすようになってしまったのです。

人類が宇宙万物を創造した創造主を忘れ、自分の力で生きていると傲慢になり、愛し合うことなく、お互いにいがみ合い、戦うという、人類の悪想念が地球上に満ちた時に、文明は自ずと滅亡の道に至るのです。悪想念が地球上に満ちる時、宇宙からのエネルギー、つまり創造主の光が入らなくなった時に、大天変地異が必然的に勃発し、文明が滅亡するのです。このマヤ文明の滅亡は、まるで現在の私たちの文明とそっくりだと考えざるを得ません。

私たちは、創造主の前に、もっと謙虚になって、民族を越え、互いに愛し合い、助け合うという精神で生きなければ、やがて私たちの文明もマヤ文明のように滅びるに違いありません。
posted by realistictime at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

古代の人はとても進化していた!?

 アトランティス文明、ムー文明、レムリア文明、これらの文明はすべて存在していました。今のわたしたちの時代よりもずっと高度文明でした。空には宇宙船が飛び交い、その当時の人々の日常の生活も、今の時代よりもはるかに進んでいて、文化的で合理的な生き方をしていたのです。
 
 また、太陽神晴れつまり創造主をすべての人が知っていて、創造主の御心にかなった生き方をしていたのです。精神性のレベルもかなり高く、誰もが宇宙の真理をよく学び、その宇宙の真理にそった生活、生き方をしていました。

 しかしながら、どの時代においても人間はいつしか傲慢になり、創造主よりも自分たちの方が偉いと考えるようになってしまったのです。そして、人間の限りない物質的な欲望は頂点に達し、人間の汚れた想念がこの地球の磁気的力を狂わせ、地上に破壊現象(天変地異など)が起こってくるのです。そして、傲慢になった人類は、自らの想念で引き起こした破壊現象によって、幾度となく滅亡を繰り返してきたのです。

 現在の私たちのこの地球も第七回目の滅亡を迎えようとしています。この滅亡から逃れるためには、いったいどのようにすればいいのでしょうか。

 それは、ひとりひとりが精神性を高めてください。宇宙の真理を知って、それにそった生き方をすることです。宇宙の真理についてもっと詳しく知りたい人は、私たちが執筆した本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」(たま出版)を読んでください。

 未来へ生き残るためのガイドブックです。スペード
posted by realistictime at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。