2014年03月09日

愛と癒しを求めて

 多くの人が疲れていて、また様々な困難に直面しています。

 そのような状況にあって、私たちは、自分の心を一新させる、リフレッシュさせる必要があります。

 とかく人間は、物理的な解決を試みようとします。食べることや酒を飲むこと、またショッピングをしたり、遊びに興じたり、そのようなことによって、愛と癒しを求めようとしますが、一時もすれば切ない現実に引き戻されます。

 では、本当の愛と癒しを求めるためには、どうすればいいのでしょうか。それは、創造主と自分のマインドをどんどん融合し続けることです。

そうすれば、創造主の愛と叡知と癒しが与えられます。創造主の愛のエネルギーの中でこそ真の癒しがなされるのです。

 そのためには、創造主に対しての理解を深めるとともに、自分の魂を浄化させることが大切です。

★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。

 
posted by realistictime at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

病気からの生還

 病気から、真の癒しを得るためには、肉体的な癒しだけでは真の健康を得ることは出来ません。

 例えば、ガンになった時、全財産をつぎ込んで、病院などで手術や化学療法や放射線療法、あるいは粒子線治療(重量子ガン治療)などの最先端医療を受けて、肉体的な癒しを得ようとします。

 しかし、実は、自分の感情や心の状態がガンを引き起こしていることに注意を向けることをしていません。実は、自分の精神面が肉体に大きな影響を与え、過度のストレスとトラウマになるような感情の歪みが肉体に大きなダメージを与えているのです。

 そして、人間は、肉体を持つ存在だけではなく、霊的な存在であり、自分の意識を創造主につなぐことによって、霊体に光が入り、真に肉体が癒されるのです。

 一時しのぎのために、大量のお金を投じて、肉体の癒しをしても、それは、決して真の永続的な癒しではありません。

 一時的に回復したとしても、その病気の体験経験から、魂が新たなる知恵や真理を学ばなければ、本当の病気の回復とは言えないのです。人間は、病気を通して、真の知恵や真理を学ぶようになっているのです。

 まして、がん治療において、手術や化学療法や放射線治療、重量子線治療などの療法が原因で亡くなった場合に、ガンを引き起こした精神面や心の状態に全く触れないままであるなら、そして、創造主の存在を知らないままで亡くなった場合には、その人は、今世の地上における課題を全くこなしていないという結果になってしまいます。

 今世において、その課題に取り組んでいない場合には、病気の意味を深く理解する知恵や真理に達するまで、さらに、病気を通して創造主に自分の意識をつなぐまで、それ以降に続く魂の転生が何度も何度も繰り返されるでしょう。

 
(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

日本人の謎と偏見

 日本の古事記と旧約聖書には大いなる類似点が存在します。

 類似点というよりも、実は全く同じ内容なのですが、言い回しや表現形式を変えただけなのです。

 例えば、古事記の中のイザナミの国生みのストーリー展開は、旧約聖書の創造主の地球創世論と全く同じ内容です。

 つまり、古事記の中の記述の中において、高天原(たかまがらはら)という存在が出てきますが、高天原とは、壮大な宇宙の銀河系をイメージしています。

 従って、日本の神は、創造主であるこを言及しています。ということは、日ユ同祖論にたどりつきます。つまり、日本人とユダヤ人は同じDNAを持つ民族であるということです。

 しかしながら、多くの日本人は真の神であり、創造神である創造主の存在を知りません。

 そして、世界のベストセラーであり、世界の民族の思想や言論の根幹であり、知恵や知識の集大成ある「聖書」と、創造主イエスに対しての大きな偏見を日本人は持っています。

 聖書を理解しなければ、これからの日本の外交や政治や経済は成り立っていかなくなります。なぜならば、聖書の中に、こらからの時代の行く先が述べられているからです。

 日本人だけがそのことを理解していいないのです。

 そして、イエス・キリストは、キリスト教のシンボルではないということを理解しなければ、時代遅れの生き方になってしまうでしょう。

 イエスは、創造主が地球に人間の肉体を持って誕生した偉大なる存在です。いわゆるひじょうに高度に進化した宇宙人が進化の遅れた地球人に宇宙の法則性や真理を教示し、罪や汚れの中に生きている地球人類を救済しにきた存在であることを深く理解する必要性があるのです。

 地球の次元はどんどん上昇しています。その中において、今日本人は自分の意識を高めることによって、世界の中における日本の使命や役割、そして、隠蔽されている事実をはっきりと理解していくことが大切です。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

地球人類は宇宙の中心

 私たち人間は、広大な宇宙において、一つの点のような存在、つまり地上を這う蟻(あり)にも等しいくらいに取るに足りない存在だと考えている人が多いと思います。

 しかし、銀河系の中の太陽系の中の地球という惑星に住んでいる私たちの想念、意識が広大な宇宙においてあらゆる影響を与え、様々な事象を引き起こしていることを認識する必要性があるのです。

 私たち人類は宇宙の中心であると言っても決して言いすぎではありません。それだけ、私たち一人ひとりの存在は、貴重なのです。

 創造主は、自分の姿に似せて地球人類を創世し、霊(いのちの息)を与えて私たち人類を生かしています。創造主の霊を持つ私たち人間は、実は偉大な存在です。

 イエス・キリストが創造主に基づいて、真理に生きるならば、山をも動かす力を人間は持つことができると語っています。

 つまり、私たちの想念、意志、意識を浄化させ、進化させるなら、私たちは、イエスと同じような奇跡、つまり偉大な業を成し遂げることができるのです。

 創造主によって創世された私たち人間のDNAは、もともと12本在ります。しかしながら、現在2〜3本くらいしか、DNAが動いていない状態です。

 創造主に基づいて、自分の意識を進化させるなら、12本のDNAをすべて動かすことができ、5次元世界へアセンションできるのです。

 意識を進化させるためのキーワードは、創造主と愛です。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

地球で起こっていることは人類への警告

 南極の氷河やペルーやボリビアの氷河が急速に融けています。毎日大量の氷河が融けているのです。
 
 それは、太陽フレアの活動が活発化しているからです。太陽フレアは地球の天候にひじょうに大きな影響を及ぼしています。現在の地球は気候変動が大きく、また、異常気象が頻発していまうs。

 そして、銀河の中心で二万六千年ごとに一度の周期で大爆発が起き、その時のコスミックダスト雲(宇宙塵雲)が星の表面に停留して熱が上昇して星の明るさがどんどん増していきます。

 そうなると、太陽のコロナがチャージ(蓄える)されて、ひじょうに熱くなり、巨大な太陽フレアが発生し、地球の天候に影響を及ぼします。

 太陽フレアの活動が活発化したために地球の氷が急速に融けているのです。

 さらにコスミックダストが太陽につくと、太陽の活動が弱まり、その後地球の表面が冷え、地球は再び氷河期を迎えるかもしれません。

 銀河の中心で繰り広げられる現象は、創造主からの人類への警告に違いありません。

 創造主を中心とした生活を送ることが人類の最も基本的な生き方ですが、地球上の多くの人々がこのことを知らずに、エゴと欲望の中に生きています。

 地球に起こっている様々な現象を通して私たちは創造主への帰依を果たすという気づきを得ることが大切です。
 
(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

あの世とこの世はつながっている

 仏教の流れを継いでいる今までの日本の既存の教えや考えでは、死んだら終わり、つまり、肉体の死を遂げると一個人の意志や考えは無くなり、仏壇や墓の中で眠るというものが多かったのではないでしょうか。

 肉体の死を遂げても、つまり、肉体は消えうせても、人間には、霊と魂が存在していて、転生を繰り返しながら永遠に生きる存在です。

 一言でいえば、人間は霊的な存在です。つまり、あの世とこの世はつながっているのです。

 ですから、この地上に生きている時の生きざまが、霊界での暮らしを大きく左右するのです。

 あなたは、人のために生きていますか? 愛と奉仕の精神を持って、創造主を主として生きていますか?

 このことが、人生の一番の生きる目的です。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

偉大なる国日本


二つの「J」ってどういう意味かわかりますか?



 明治、大正時代に日本の近代文化に大いなる影響を与えた内村鑑三氏が二つの「J」を愛すると語られています。



 二つの「J」とは、Jesus(イエス・キリスト)とJapan(日本)のことです。



 日本は、「黄金の国」と言われるほど、世界から憧れの対象でした。文学や教育、そして、土木や下水道、そして医療技術そして治安や衛生面などにおいて、昔から高度な水準にありました。



 そして、江戸時代において、全国で寺子屋が一万校もあり、読み書きやそろばんを習得していました。それほど日本の一般庶民も世界で高い教育水準にありました。



 また、聖書を読むために小さい頃から読み書きを教えられているユダヤ人も高い教育水準にありました。



 日本は、創造主が一番最初に降り立った由緒ある国です。そして、世界最古の歴史を持つ歴代の天皇は、紛れもなく創造主のDNAを保持しているのです。ですから、日本は、神から愛される特別な国であり、教育や文化水準が一段と高いのです。



 また、日本人とユダヤ人は、共に創造主イエスの末裔であり、共に兄弟姉妹の間柄なのです。しかし、残念ながら、そのことを日本人の多くはまだ知りません。



 日本を本当の意味で愛する人はどれだけいいるでしょうか。



 国益や利害関係ではなく、日本が神に愛されている特別な国として、どれだけ世界の平和と幸福のために貢献していくかということを真剣に考えている人がいるでしょうか。



 Jesus(イエス・キリスト)は、紛れもなく創造主が地球上の人類の魂を罪から救済するために、人の形をとって地上に誕生されました。その偉大なる自己犠牲の意味をどれだけの人が知っているのでしょうか?



 
(お知らせ)


★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。



★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。



★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。



「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
.
posted by realistictime at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

人生はでたらめではなく意味がある

 今朝、テレビでブータンの高名な僧侶が次のように語っていました。

 「今世で人を一人殺せば、来世で人として生まれ変わるために500回も生まれ変わりを体験しなければならない(なかなか人間に転生できない)。そして、人に針を刺す時は、刺される人の身になって考慮して刺さなければならない。それが人への慈しみである。また、動物においても、子供を愛する親の愛は大きい。だから人間の親子も同様だ。人が生きていくには愛が大切である。」

 つまり、人生はでたらめではなくすべて意味があるということです。でたらめな生き方をしていると、生まれ変わった時に、つまり来世で不幸んで惨めな人生を送らなければならないということです。

 人生には秩序、つまり完璧な法則性があるのです。従って、今生きている間に、一生懸命に人への愛と奉仕の精神を持つことが大切です。自分が幸せになるのではなく、他者の幸福を願うことがとても大切なのです。

 自分を愛することは容易いですが、人を心から愛することができますか?

 そのお手本が、創造主イエス・キリストです。イエスは本来超高次元の存在なのですが、地球の人類の罪を贖い、地球の人々を罪から救うために御自分の尊い命を投げ出されたのです。

 創造主の霊を持つ私たち自身が、イエスの生き方に倣っていけば、宇宙の法則性にそった、すばらしい人生を歩むことができるのです。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

人生いろいろ

  人には、様々な人生があります。

  どのような人生を送るかは、創造主から与えられた”自由意志”による、つまり自分の意志によって選択していくものです。

 創造主に基づいて生きている人は、高位のチャクラである心臓のチャクラに支配されているので、叡知と愛に満たされています。

 どうしてかと言うと、創造主の霊が心臓に宿っていて、心臓から光を放っています。そして、精神的なものを求めて生きます。

 しかし、創造主を離れて生きている人は、下位のチャクラに支配されているために、金や名誉を求めて生きます。つまり、物質主義者です。

 高位のチャクラ、つまり心臓のチャクラに支配されるように常に心がける必要性があります。                                                                                     
(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。                                                                                         
posted by realistictime at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

真の幸福

 真の幸福とは、金や物に豊かに恵まれ、名誉や名声を極めることではありません。また、何もしないで怠慢な生活を送ることでもありません。

 死んだら、決して終わりではなく、墓や仏壇の中にいるわけではないのです。 死後の世界、つまり、霊界に行きます。

 生前、生きている間に、真の神である創造主のこと、そして、死後の世界が存在することをしっかりと認識しておく必要性があります。

 長い間、人類は、自分に都合の悪いことは悪魔のせいにしてきました。つまり、自分の思いや行為を他のせいにしたがるのです。

 今こそ人類は立ち上がらなければならないのです。死んだ後の世界、つまり、霊界においても、日々修業の日々です。ですから、死後の世界において、幸せになりたかったら、この地上に生きている間に、日々の暮らしの中で、しっかりと自分の意識を創造主に繋ぐことが大切です。そして、愛と奉仕の行いをする必要性があります。

 自分の運命の最終決定者は、自分自身です。他者の間違った意見に染まることなく、自分の正当な道を貫く勇気と努力が大切です。そして、何者にも揺るがない強い意志を持つことが真の幸福へとつながるのです。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
posted by realistictime at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

神との再会

 神である創造主は、人間とのコミュニケーションを願っているし、探し求めて欲しいと願っています。

 しかし、人間がエデンの園で、サタンの誘惑に負けて禁断の木の実を食べ、創造主に背いたのが、神への反逆の始まりでした。

 創造主は人間をご自分に似せて造り、万物の霊長と言われているように、人間をあらゆるものよりも重用視され、愛されたのです。

 しかしながら、人間が不従順の罪を犯したために、人間は創造主の臨在から出ていったのです。

 しかし、創造主は、再び人間との再会、つまりコミュニケーションができるように、道を備えて下さったのです。

 それは、イエス・キリストを通して人間が再び創造主とアクセスできるようにした下さったのです。イエスを通して、私たち人間は罪から救われて、永遠のいのちを受ける権利を得ることが出来るのです。

 イエスを、罪から解放し、自分の救い主であると信じる人は、霊的な眼を開させ、霊的な視点によって、真の神を見ることができ、真の神は創造主であることを理解できるのです。

 そして、再び創造主の子供として受け入れられるのです。

「いのちと信仰のために必要の一切を得るのだ。」(新約聖書 第1ペテロ1章3節)

 
posted by realistictime at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

本当の愛とは?

 愛と言っても、愛にも大きな惑わしがあることを知っていますか。

 他者への奉仕を真実の愛と言いますが、感情は愛ではありません。

 大きな惑わしの愛とは、自分の欲望を満たすために、他者に愚かな愛の与え方をしていていることです。

 例えば、子どもが要求するものをすべて何でも与えることを愛だと思っている盲目的な愛を持つ母親は、子どもの判断力や忍耐力、そして、自分で物事を決める判断力を奪い取ってしまっているのです。

 本当の愛とは、相手と同じ気持ちになることです。相手が苦しんでいる時は共に苦しみ、相手が喜んでいる時は、共に喜ぶことです。

 そして、相手が一番必要としているものは何かをはっきりと見極め、相手を支え、助けることです。しかし、あくまでもどのような難局にぶつかっても、自分自身で切り抜けることが大切です。

 本当の愛とは、あたたかく相手を見守り、厳しくも、そして、優しくも助言してあげることです。

 相手の人格の成長、霊性の進化を願うことによって、自分自身も進化していくのです。愛は叡知を生みます。

 本当の愛を、そして偉大なる愛をこの地上で、大々的に実践された方がいらっしゃいます。

 それは、創造主であるイエス・キリストです。

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 

 
 
posted by realistictime at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

人との関わりの大切さ

 地球がフォトンベルトという創造主の光の渦に入ると、人類の意識がより高次のレベルへと上昇し始めます。それをアセンションと言いますが、意識の進化とともに、活性化された肉体が必要です。

 また、アセンションするためには、自分自身を知ることと調和した人間関係を築くことが大切です。人との関わりを通して、自分の未熟な部分、不調和な部分を映し出し、気づかせてくれるからです。

 人との関わりを持たなければ、自分はいろいろな気づきを得ているし、他者に対して愛情や思いやりの心を持っていると、また、自分は高い意識レベルに達していると自惚れの心や傲慢な心に容易に成りやすいからです。

 正直で素直な心を持って人との関わりを大切にしていくと、自分自身の事情や思いやりに欠けた部分や、傲慢さがすぐに明らかになり、自分自身を省みることができます。

 せっかく自分の意識が高まりつつある時に否定的な人間関係があると、アセンションの障害となり、その人は、低次元の周波数やエネルギーに落ち込んでしまい、サタンの支配下に率いられてしまいます。

 誠実で正直で素直な心で、人との関わりを持つことによって、高次の意識、つまり創造主に一歩ずつ近づいていくことが可能となり、人類は進化することができるのです。

「愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善に親しみなさい。兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思いなさい。」

(新約聖書 ローマ書 12章9〜10節)

(お知らせ)
★ これからの人類の生き方や意識を高次元に覚醒し、魂の向上を示唆する本、そして、日本人の偉大なる秘密とすばらしさについて書かれている本「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」をたま出版から出しています。是非、御一読下さい。
★ 精神世界に興味のある方は、東洋医学研究所のホームページ(http://toyoigaku.jp)を御覧ください。
★ 神秘な世界の体験談「神秘な世界へようこそ」をネットの章節に掲載しています。検索の仕方は下記の通りです。
「FC2」→「小説部門」→「ミステリー」→「神秘な世界へようこそ」か、「FC2]→「ミステリー」→「人気順」→「検索」で検索してみて下さい。
 
posted by realistictime at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

神の実在を感じる時

限りなくひろがる宇宙を眺める時、その神秘性に思わず惹きこまれてしまします。そこには、人知を超えた神のわざ、神の実在を感じずにはいられません。

 ただ現実味のない茫洋とした宇宙論を論じても、神の実在を説くことは決して出来ません。私たちが宇宙を創られた創造主によっていかに生かされ、生きるためのすばらしい環境を与えてくださっているかを認識でき、神の実在を確信すれば、人類はみな創造主の存在を信じ、創造主を中心とした生き方に戻ることができるのではないでしょうか。それが、人類の本来の生き方であり、幸せに生きるための秘訣です。

 先ず、神の実在を裏付けるものとして、この地球は適度な空気濃度、水、温度が常に保たれているということです。人間は静止している状態でも毎分15リットルほどの空気が必要で、二酸化炭素を排出します。空気は数種類の元素からなる化合物ですが、その元素の割合に少しでも狂いが出た場合には人間は死に至ります。私たちは当たり前のように呼吸していますが、創造主によって、空気中の元素の割合が常に変わらないように保たれているのです。

 また、地球で人間が生きるための絶対条件は、水が存在できる環境です。もし、太陽と地球の平均距離がたった2パーセント違ったら、それに伴う温度変化によって、地球上のすべての生命が絶滅してしまいます。

 そして、およそ38.6億年前に地球に生命が誕生しましたが、それ以来太陽の光度が少しづつ上昇していて、現在はその当時より35パーセントも明るいのです。それだけの太陽熱の強い放射を受ければ、地球の温度が上昇し、地球上の生命すべてが存在できなくなります。

 ところが、太陽から受ける放射熱が高まるに従って、地球が熱を保持する能力が低下する、つまり地球がその熱を放出するようになり、人類が生きられるように素晴らしいバランスが保たれ、地球の温度の安定が保たれています。愛する人類のために、まさに創造主が宇宙の壮大な法則性を支配しているのです。

 ニワトリの受精卵を宇宙船に積んで、果たして宇宙空間、つまり無重力状態でその受精卵が孵化するかという実験が行われました。その結果は、無重力状態ではすべての受精卵が死んでしまいました。つまり、無重力状態では、生命は誕生しません。地球上で生命が繁栄できるように、地球上に常に重力が保たれているのです。

 地球上のすべての生命が誕生し、生きられるようにすべての環境を整え、保ってくださっている創造主の存在性を多くの人類が信じていません。創造主によって生かされ、守られているということに対して、人類はあまりにもあたりまえになりすぎてしまっていて、創造主のことをひとつも顧みようともしません。

 地球の環境のバランスがひとつでも崩れたら、決して人類は生きることが出来ません。

 創造主は人格のある超越した存在で、この宇宙をすべてデザインし、宇宙の法則性を支配している存在です。自分の心を創造主に向ければ、自ずと創造主の大いなる実在性を誰でも感じ取ることができます。

 ★★★information★★★

★創造主、イエス・キリストとの由来について深く知りたい方は、「フォトンベルト・地球大七周期の終わり(たま出版)」をご一読下さい。他の書籍にはない、驚くべき、そして斬新な内容になっています。革新的な本ですが、これからの未来は、この書籍の内容通りになっていきます。

★ホームページにも「宇宙からの情報」「地球からの情報」として、宇宙の真理について概略が書いてあります。http://toyoigaku.jp

★5月3日(祭日)に当研究所(東洋医学研究所)主催の大講演会があります。かごしま県民交流センター、県民ホール(700名収容)にて午後一時から開催します。これからの激動の時代をどのように生きたらいいかのかをテーマに神の経綸について触れたいと思います。誰でも自由に参加できますので、ひとりでも多くの方のご参加をお待ちしています。

★「FC2」というネットでミステリー小説を連載しています。ノンフィクション小説ですので、みなさんも創造主の神秘性を是非体験して下さい。
 
 インターネットで「FC2」で検索→「小説」「ミステリー部門」「神秘な世界へようこそ」で順次検索してみて下さい。
posted by realistictime at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

悪魔の仕組み

 世界的な不況で、多くの人々の生活が脅かされつつあります。今後さらに世界情勢は悪化の一途をたどります。このような夢も希望もない言い方をすると皆さんがっかりされるかもしれませんが、これからの時代はまさに不穏な時代の到来となります。

 いまだかつてない大変災が人類を襲います。はじめての人類アダムとイヴが地球に誕生し、悪魔の誘惑に陥って以来、人類は不幸の坩堝(るつぼ)にはまってしまっています。これから人類が幸せに生きようと思うならば、人類の意識を変革し、高めなくてはいけないのではないでしょうか。

 人類は自然と共存して生きていくのが必然の世界ですが、いまだに森林伐採をし続け、不要になった核を平気で海中に投棄し、人類はすっかり利己主義に陥り、はてのない欲望と野望の中に生きています。人類同士が争い、、傷つけあい、相手国に脅威を与えるために核を平気で保有しています。

 人類の悪想念が地球に崩壊現象を引き起こしていることを多くの人々が知りません。さて、嘆いてばかりもいられません。心ある人々は、これから世界に起こることを事前に把握しておいて、今後の生き方をしっかりと見極めていく必要性があります。今後起きることを事前に察知しておく、先の世を見抜く先見の目(洞察力)を持つことが大変重要となります。

 神の三位一体は、創造主、聖霊、イエス・キリストです。実は、悪の三位一体というものがこれからの時代にはっきりと顕現してきます。これらのことは、聖書の中ではっきりと預言(神からの啓示)されているのですが、悪の三位一体とは、悪魔(サタン)と獣(政治的指導者)とにせ預言者(宗教的指導者)です。

 悪魔は、もと天使のリーダーだったルシファーという天使が傲慢になって地球に追放され、悪魔=サタンになり、地球に追放されました。決して私たちの目には見えませんが、人類が誕生する前から地球に現実に存在し、人類をまことの神から引き離し、人類を支配下においています。

 獣は、EU(欧州連合)からある政治家が台頭し、表面的には、イエス・キリストのように世界中を平和に導くように熱意をもって活動しているように見せかけ、実は悪魔の化身として食糧とガソリンを世界的に統制し、やがて世界を牛耳るようになります。ローマ帝国の復活が起こってくるのです。

 にせ預言者は、宗教的指導者から台頭し、獣=世界的政治指導者を神格化し、世界中の人々の信望を集めさせ、イエス・キリストのように拝ませるように仕向けるのです。

 悪魔ー獣ーにせ預言者、これらの悪の活動が今後もっとも盛んになってきます。

 さらにもっと詳しく知りたい方は、たま出版から刊行された「フォトンベルト・地球第七周期の終わり」を読んで下さい。これからの苦難の時代を生き抜くためのノウハウが書かれています。ホームページも参考にしてください。http://toyoigaku.jp
posted by realistictime at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

昨年本を出版しました!

晴れみなさん、おはようございますムード
世間的では、世界的な経済危機で暗い話題が多いですが、今日もパンチでがんばってまいりましょうexclamation×2暗い想念や否定的、つまり否定的な想念は、自らの細胞の活性化を妨げ、自ら出るオーラが暗くなり、不幸になるからです。
私たちは、自分で生きているのではなく、神、つまり宇宙万物を創生した創造主に生かされているのをみなさんご存知ですかexclamation&question自分の寿命は自分で決して決められませんね。人間の寿命は、神である創造主によって、与えられ、その齢(よわい)は決められています。ですから、その尊い生命を、自ら断つようなこと、つまり自殺は絶対にしてはならないことです。自分の生命を大切にしましょうね黒ハート私たちの全細胞は、創造主によって生かされ、宇宙のエネルギーに満たされているので、希望を持って積極的に生きることによって、その全細胞を活性化していきましょうねるんるん

私は、昨年「たま出版」から本を出しました。人類の創生の秘密や人間の本当の生き方やUFOのこと、また、今「篤姫」で有名な薩摩藩の島津家の由来がわかりますよ。私は作家でもなんでもありません。でも、宇宙のエネルギーをもらって、つまり宇宙からのインスピレーションによって、この本は書かされました。世間では、誰も書かない、言わない内容になっていますので、是非みなさん読んでみてくださいねムード
posted by realistictime at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

第三部が増刷になりました!

 おかげさまで、3月3日に第3部が増刷されました。ありがとうございます。

 また、昨年は、たま出版の「常備本」にも選ばれました。常備本とは、たま出版の全国の契約書店に必ず置いていていただけるという、すばらしい光栄に預かりました。

 日本全国のひとりでも多くの方々に読んでいただけたら幸いです。
posted by realistictime at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

フォトンベルト・地球第七周期の終わり

book01_front.gif

2012年までに地球は次元上昇を続けます。
 地球のバイブレーションが高まるにつれて、
 自分の意識を高める必要があります。

 意識を高めるためにはどうしたらいいのか。
 それは「宇宙の真理」を知ることです。
     
 科学や歴史や宗教などあらゆる既成の
  概念を超えた21世紀版の人類のバイブルです。
     

posted by realistictime at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする